fc2ブログ

フットボールチャンネル 現在フリーの外国人監督10人

現在フリーの外国籍監督10人をリストアップしたフットボールチャンネル編集部である。
どう考えても年俸を支払えぬような大物監督に交じって元Jリーグを指揮した指導者が二人挙げられる。
元徳島のリカルド・ロドリゲスと元新潟のアルベル・プッチ・オルトネダである。
アルベル・プッチ・オルトネダはFC東京を解任されたことで印象が悪いが、新潟では本間至恩を育て上げる、J11昇格の基礎を作ったことで名を挙げた。
チーム構築と選手育成には定評がある。
リカルド・ロドリゲスは浦和にて天皇杯優勝という実績が有名ではあるが、それ以上に徳島にて選手を引き抜かれ続けながらも辛抱強く戦った。
戦術を仕込むことに優れ、チームをきちんと構築してくれる。
この二人がまたJリーグにて指揮を執ることが実績的にも金銭的にも妥当であろう。
次期監督に悩む鹿島アントラーズFCにどちらか二人はいかがであろうか。
Jリーグをよく知る外国籍指導者は重要である。
是非とも検討して欲しい。
注目である。

ぜひウチへ! 現在フリーの外国人監督10人。元サッカー日本代表指揮官にJリーグを魅了した男も

エルゴラマイクラブ版、「見えないチーム像」



今夜配信開始のエルゴラ+鹿島アントラーズ版を伝えるサッカー新聞エルゴラッソXアカウントである。
「見えないチーム像」と川崎フロンターレ戦でのレビューを評す。
これは必読と言えよう。
いよいよ鹿島番記者もチーム批判を開始した。
それだけ酷いチーム状態に見えるのであろう。
試合のみを追う我ら以上に生で取材する現地の声が聞こえてくる。
チーム間の信頼関係が崩れつつあることを感じさせられる。
このような状態で来季を迎えれば、J2降格さえ覚悟せねばならぬのではなかろうか。
強化部は真摯に受け止めて欲しい。
メディアに踊らされることはよろしくはないが、チーム内の状況をきちんと精査する警鐘と受け止めても良いのではなかろうか。
重要なシーズン末である。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク