fc2ブログ

柴崎岳、強力なリーダーシップに指揮官も期待

柴崎岳について記すサッカーダイジェストの河治良幸氏である。
様々なことが綴られるが、「柴崎が良い状態でチームに入り、終盤戦でタイトル獲得のラストピースになってほしかったというのが、岩政監督や強化部としても正直なところ」という一文が多くのことを物語っておる。
チーム合流がリーグタイトルが難しい状況となってからであり、そしてすぐに負傷離脱してしまった。
これでは本領発揮とは言えぬところであった。
ただこの短い試合時間で2アシストと結果を出したことは素晴らしい。
負傷明けにはチームの主軸に据えられるであろう。
そしてプレー以上にチームの精神的支柱として牽引することが求められる。
昨季、今季はチームが若すぎた。
それを全て解決する最後のピースが柴崎岳と誰もが期待している。
2024年シーズンに向けた現時点での明るい材料である。

なぜ鹿島は柴崎岳を求めたのか。チームの矢印を明確にできる存在。「満男さんじゃないけど...」強力なリーダーシップに指揮官も期待

内田篤人氏、染野唯月は優しい

DAZNにて配信中の「内田篤人のFOOTBALL TIME」にて東京ヴェルディの染野唯月について語った内田篤人氏である。
「染野はシュートが上手いです。振り向く形でのシュートもそうだし、トラップから無理が利く。高さもある、落ち着きもあるので、ゴール前で彼に渡せれば面白いと思います。
ただ、ちょっと優しいんですよ。染野くんは。
同期の松村(松村優太)、荒木(荒木遼太郎)、染野と、3人とも鹿島に入ってきたときからすごく質が高かったんです。
『こいつら、すげぇな』と思ってたけど、3人それぞれちょっと優しいんですよね。
なので荒々しく頑張ってくれると、こういう大舞台でも結果を残せるんじゃないかな。クオリティはありますもん」とのこと。
その優しさがストライカーとしての荒々しさをスポイルしているように篤人の目には映ったのであろう。
染野だけでなく、荒木も松村も優しいと篤人は述べる。
3年前はこの三人がどれだけ伸びるのであろうと心をときめかせたが、今は誰一人レギュラーを掴み取っておらぬ。
それはこの優しさが要因のように感じてならぬ。
もっとガツガツとポジションを狙うのだ。
染野はヴェルディにて確固たるポジションを得た。
松村も荒木も不退転の気持ちを見せろ。
そう感じさせられる、シーズン最終節直前である。

内田篤人、染野唯月は「優しい。もっと荒々しく…」J1昇格POに臨む東京Vのエースにアドバイス

鹿島は「王道」を突き進め

2023年シーズンの鹿島アントラーズを総括するサカノワの塚越始氏である。
「誰もが何かしらの変化が必要だと問題意識を持っているものの、その解決策や目指している先の具体性を共有できずにいる」と無冠の理由を述べる。
模索し、テストを繰り返した挙げ句が何の結果にも至らなかったということである。
売り上げやブラジル路線の限界なども語られておが、最も重要な意見は、「模索したい結果、たどり着けなかった」ところのように読み取れる。
優磨と垣田の2トップは相手に脅威を与えたものの、それではたどり着く先ではなく、それを崩したと塚越始氏と綴る。
そんなスクラッチ&ビルドをシーズン中に繰り返すような指揮官に選手がついて行けるのであろうか。
事実、塚越始氏が「ただ、迷うために迷っているような2年間だったように感じる」と記すように選手の戸惑いが端からも見て取れた。
それでは勝てるわけがない。
腹を括って戦い方を定める必要があるのだ。
勝てる王道のサッカーをせよ。
それが来季の鹿島アントラーズに求められるものである。

【2023総括と展望】鹿島は「王道」を突き進め!

プライドが問われる最終戦、すべてを発揮した先に待っているものは

「この1年で積み上げられたものはそれぞれに違うだろうが、最後に悔いなく、積み上げたもののすべてを発揮する試合を期待したい」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
横浜FCは大量得点での勝利にJ1残留に一縷の望みを託し、鹿島は今シーズンの集大成として7試合ぶりの勝利を目指す。
勝利への執念が強いのはどちらかは明らかと言えよう。
とはいえ、ホームでの最終節にサポーターに対して勝利を届けたいという気概を見せられるかどうかは、来季に繋がる大きな心がけとも言える。
今季、タイトルを逃したことは無念であるが、それも多くの星をこの聖地・カシマスタジアムにて落としたことが大きな要因である。
何故にホームで勝てぬかを分析するのはスタッフに任せるとして、この最後に勝って笑顔を見せることが重要であることを肝に銘じて欲しい。
最下位に沈む相手に醜態をさらすようでは、来季に繋がる由もない。
幾人かはクラブを離れるであろうし、来季はまたチームも戦術も異なるはず。
しかしながら、継続してこのクラブにてプレーする選手は多い。
ここでこのスタジアムで戦う意味と意義を噛みしめて貰いたい。
カシマスタジアムでは常に勝利を。
重要な事柄である。

プライドが問われる最終戦。すべてを発揮した先に待っているものは

鹿島アントラーズFC、東急不動産株式会社とクラブパートナー契約締結

東急不動産株式会社とクラブパートナー契約を締結した鹿島アントラーズFCである。
これは興味深い報。
「都市事業、住宅事業、インフラ・インダストリー事業、ウェルネス事業、海外事業」ということからも新スタジアム建設関連、地域活性化への施策に大きく絡むのではなかろうか。
鹿行地区のみならず新治県を大きく発展させて貰おうではないか。
注目である。

東急不動産株式会社とのクラブパートナー契約締結のお知らせ

コンサドーレ札幌・ミハイロ・ペトロヴィッチ監督、ヨーロッパなら数十億円が動く

コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロヴィッチを取材したNumberWebの佐藤景氏である。
Jリーグをよく知る指導者の意見として多くの人に拡散したい。
鹿島としては興梠慎三を引き抜いた監督としてぬ組むべき存在ではあるが、それもまた彼の人間としての魅力として今は納得するものがある。
当時、革新的であった"ミシャ式"でJリーグを席巻し、ファンを魅了したことは認めざるを得ない。
そのミシャが押す2023年のJリーグのチームはロアッソ熊本、サガン鳥栖、アルビレックス新潟とのこと。
これにも納得せざるを得ない。
3クラブとも良いサッカーをしておる。
観る者を魅了する。
そしてここに岩政大樹監督の鹿島は挙げられておらぬ。
それは理解しつつも、それで良いのかと辛い気持ちにさせられた。
また「結果を出すためには資金力もやはり無視できないが、今後ますます、その傾向は強まるかもしれない」とマネーゲームとかしておる昨今のJリーグの風潮についても言及される。
結局のところ予算規模で順位は決まってしまう。
そこを覆すべく良いし期間を据えるが、せっかくチームを作っても選手が引き抜かれては維持は出来ぬ。
これは名将ミハイロビッチ監督も頭を悩ま背手おることが伝わってくる。
それを鹿島は岩政大樹監督に託したが、やはり特異な戦術で勝利を目指すよりも凡庸でも堅いサッカーに良い選手を集めることがタイトルへの道であるとヴィッセル神戸が証明した。
資金力を高めることが今のサッカー界での正解である。
ここは小泉社長に頑張って貰う以外にない。
そして安易な欧州移籍について「これは日本の常識かもしれないが、選手が海外に行きたいと言ったら、行って来いとすぐに送り出すのはどうしてなのか。選手を育てたクラブが簡単に送り出してしまうことが不思議で仕方がない。ヨーロッパなら数億円、場合によっては数十億円が動く。その選手が良い選手ならなおさらだ。それなりの対価があってしかるべきで、時にはノーという権利もあるはずだ」と語る。
ここは安部裕葵での大きな失敗を経て強く感じる。
これは選手のためにもならぬ。
クラブの姿勢をもっと強くすべきであろう。
その他に日本のメディアがプロ野球偏重であることや日本代表のことなどが語れており、色々と感じさせられる。
もっともっとJリーグは評価されるべき。
そしてもっと注目されてよいコンテンツである。
それをこれからも盛り上げていきたい。
敵ながら天晴れな指導者である。

「J2に落ちても構わない」前代未聞のオファーはなぜ生まれた? ミシャが語る“クレイジーな攻撃サッカー”の歴史〈広島6年→浦和6年→札幌6年〉

「なぜ簡単に海外移籍させるのか?」来日18年ミシャ監督が“Jリーグの常識”に疑問「ミトマは1年目から…」「ヨーロッパなら数十億円が動く」

「大谷翔平のエンゼルス入団よりも…」“Jを最も知る外国人監督”ミシャ66歳、日本サッカーへ愛の警鐘「ポイチさんには期待している」

フットボールチャンネル  JリーグMF市場価値ランキング

J1のMF市場価値ランキングを紹介するフットボールチャンネル編集部である。
データサイト『transfermarkt』からの数値を伝える。
その栄えある1位にディエゴ・ピトゥカ、5位に樋口雄太がおる。
そのピトゥカは160万ユーロの価値を持ちながらもフリーにて移籍することが決まっておる。
非常に残念な状況ではある。
とはいえ、それもピトゥカの意向を重視した結果。
商売下手も選手ファーストなクラブであることがわかる。
また樋口雄太は130万ユーロの市場価値とのこと。
今季ここまで3G12Aと突出したアシスト力を誇る。
中盤としてはJリーグ屈指と言えよう。
この武器を来季も発揮してタイトルをもたらせて欲しい。
期待しておる。

最高額は誰だ! JリーグMF市場価値ランキング1~10位【2023シーズン最新版】

いわてグルージャ盛岡・秋田豊オーナー兼社長、33億円の経済効果を岩手県にもたらした

スタジアム整備計画の提出期限を1年間延長されたいわてグルージャ盛岡である。
これにて来季のJ2昇格が可能となった。
秋田豊社長は、「昨年も(J2で)33億円の経済効果を岩手県にもたらしたというものがデータで出ていますので、僕たちは岩手県に、盛岡にお金を落としたい、町おこしがしたいと思っています。先行投資になりますけれどもスポーツの、Jリーグを岩手県から無
くしてほしくないと思います」とコメントする。
経済効果があり、地域復興には欠かせぬランドマークとなる。
サッカークラブのある街の意味をよく知る秋田社長ならではの言葉である
盛岡に明るい光をもたらせるため日々経営努力をする。
秋田社長の尽力に注目である。

来季J3昇格圏ならJ2入り可能に サッカー・いわてグルージャ盛岡 スタジアム整備計画案は提出期限が2025年6月へ1年延長
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク