fc2ブログ

鹿島が直面する、常勝軍団再建の難しさ

サッカー批評Webに2023年シーズンの鹿島アントラーズについてを寄稿した元川悦子女史である。
サッカーダイジェストと同様に取材が浅く、真理を突いてはいない。
とはいえ、吉岡FDのコメントなどからOBの呼び戻しで根本的改善を試みておることが伝わってくる。
ここが機能してないのではなかろうか。
OBは鹿島の全盛期を知り、メンタルも強く、実績・実力を持ち合わせる。
単なるグッドプレーヤーではない。
しかしながら、やはり選手という立場を逸脱することは出来ぬ。
やはりここは、監督とコーチが強く指導力を発揮すべきであったと思う。
コーチにはプロ経験のない者を配し、監督は経験不足とあって、このあたりが問題点だったように思う。
ただこの新米監督には覚悟が足りなかったようにも見える。
上記のことをOBの力に頼ろうとするクラブの意向に任せ、自身でやりきろうとしてなかったように見受けられる。
仕事として受けた以上、新米もベテランもない。
全ての業務を完璧にこなしてこその責任者なのである。
助力を仰ぐことは良いことであるが、最初から頼るようでは、選手はついてこないように思う。
いずれにせよ2023年シーズンはタイトルを取れずに終えた。
それも加味されて続投の方針も崩れて指揮官交代となった。
来季はまた新しい鹿島が作られる。
それを楽しみにしたい。
期待しておる。

【鹿島が直面する、常勝軍団再建の難しさ(1)】岩政監督も1年半で事実上の解任……クラブ内にある根強い「レジェンドを呼び戻せば何とかなる」の考え方

【鹿島が直面する、常勝軍団再建の難しさ(2)】「OB呼び戻しでDNAの継承は続ける」と話す吉岡FDの思惑……来季のカギを握る柴崎岳の存在

柳沢敦ユース監督、最後に最高のゲームをしてくれた

柳沢敦ユース監督を取材した高校サッカードットコムの古部亮記者である。
5年ぶりプレミアリーグ復帰についてコメントを発す。
「本当に1年間チームの目標だったプレミア昇格を果たせたことを非常に嬉しく思います。今日は選手がまとまって、最後に最高のゲームをしてくれました」とチームへの賞賛を語る。
チームの総合力にて昇格を勝ち取ったことが伝わってくる。
そして、「『トップチームに選手を上げるには』と考えた時に、フィジカル的にまだまだ未熟さを感じていた。新しいスタッフが入ってきてくれた中でその辺を改善してくれたのが大きい」とユー監督に就任してから考えてきたことが改善された旨を口にする。
クラブを挙げてアカデミー強化に動いておることが結実しつつある。
また来季からプレミアリーグに戦いの場を移すことについて、「技術の高いチーム、それからフィジカル的に高いチームなど、プリンスでもクラブチームと高体連のチームでカラーの違うチームはあります、プレミアの方がよりレベルが高くて、強度も高いので、チームとしても1ランク2ランク上げていかないといけない」と抱負を語る。
一部ではトップチームの監督が決まらないため柳沢敦ユース監督をトップに引き上げるのではとの声を見かけるが、柳沢敦本人はこのユースの指導者を続けることがよくわかる。
アカデミーとトップは別物という体制であると強く感じさせられる。
クラブの方向性は定まっており、未来への土壌は培われた。
来季のプレミアリーグでの戦いが楽しみである。

鹿島ユース柳沢敦監督「最後に最高のゲームをしてくれた」プレミアリーグ復帰へ

宮崎智彦、福島ユナイテッドと契約更新

宮崎智彦と契約更新した福島ユナイテッドである。
2023年シーズンは30試合に出場しており主軸であった。
来季もまたクラブの目標を達成すべく活躍してくれよう。
注目である。

宮崎 智彦 選手 契約更新のお知らせ

久保田和音、ザスパクサツ群馬を契約完了にて退団

FC岐阜への期限付き移籍満了し、また所属元であったザスパクサツ群馬を契約完了にて退団する久保田和音である。
これは悲報。
婚姻を発表し、Jリーグ通算100試合出場を達成したところではあったが、厳しい現実が待っておった。
世代別代表にて10番を背負った逸材も将来はわからぬもの。
とはいえ、まだまだ出来るはず。
次なるクラブ加入の報を待っておる。

久保田和音 選手 契約満了のお知らせ

久保田和音選手、期限付き移籍期間満了のお知らせ

坪井健太郎コーチ、松本山雅を退団

松本山雅のコーチを退任する坪井健太郎氏である。
J2昇格という目標を叶えられず無念の退団となった。
昨年は岩政大樹監督に請われ鹿島のコーチとなるも、松本山雅のコーチとして引き抜かれた格好であった。
この短期間での退任は、スペイン育成年代のメソッドを植え付けるには、完成されたトップチームでは難しいのやもしれぬ。
そのあたり、日本サッカーの根底として考えたい。
それも含めて坪井コーチの次なる仕事が気になる。
新たな境地を求めるクラブの存在に注目である。

坪井健太郎コーチ 退任のお知らせ

FOOTBALL ZONE WEB・河治良幸氏、今季J1移籍組の成否判定

2023年シーズンに移籍したJリーグの“期待以上&期待外れ”選手を挙げたFOOTBALL ZONEの河治良幸である。
期待以上選手には佐野海舟の名がある。
「中盤でボールを奪う能力は町田時代から高く、怪我で離脱するまでの期間で1試合あたりのボール奪取数は1位だった。鹿島では奪ったボールを効果的につなぐ意識が高まった。さらに前で決定的なパスやシュートを繰り出せるようになれば、さらなる飛躍が見えてくる」と評される。
プレースタイルは観ての通りであるが、「決定的なパスやシュート」に関しては最終節・横浜FC戦での先制点に繋がる持ち上がりからの師岡へのパスが印象深い。
佐野海舟は”期待以上”と言うよりも鹿島アントラーズにて大きく成長した選手の一人と言えよう。
このあたりは岩政大樹監督の功績と讃えたい。
また期待外れ選手の筆頭に昌子源が挙げられた。
「欧州から復帰してきた植田直通と岩政大樹監督に成長を認められた関川郁万のサブ的な位置付けに。出場チャンスをもらっても、失点につながるミスやFWに背後を取られるシーンなどが目立ってしまい、チームのパフォーマンスを引き上げることができなかった」と評される。
出れば流石というプレーを見せてくれたとは言えぬところが辛い。
これはガンバ時代から見て取れたように感じておる。
もし絶対的なパフォーマンスを誇っておれば、昨年末にガンバが手放すはずはない。
ガンバ強化部としてもお金に換えられるならば放出して良いという判断される程度の選手だったことが覗える。
とはいえ、「12月11日には31歳に。まだまだ老け込む年齢ではなく、奮起も期待してピックアップ」とここからまた巻き返しが期待される。
DFは円熟が大事。
来季の奮闘を期待しておる。

今季J1移籍組の成否判定…期待以上の活躍だった5選手は? GK谷ら代表クラスの苦戦も【コラム】

佐野海舟インタビュー



佐野海舟のインタビューを配信した山陽新聞Digital公式youtubeチャンネルである。
海舟の今が語られる。
W杯への思い、日本代表選出の驚き、鹿島アントラーズでの成長と苦悩が伝わる。
今季、J1への個人昇格して大きく人生の変わった選手と言えよう。
大きく成長したこともあるが、チームの迷走をモロに被った。
これもまた糧として欲しい。
また欧州移籍に関しては独ブンデスリーガが希望とのこと。
日本人が多数成功を収めた独は狙い目である。
もう我らは覚悟を決めねばならぬ。
残り少なくなった海舟との日々を楽しんでいきたい。
来季は勝利に導くプレーを期待しておる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク