fc2ブログ

“名門”鹿島がなぜ優勝できないのか…

鹿島アントラーズFCの無冠について記すサッカーキングの高橋羽紋氏である。
初耳のライターの記事は興味深い。
「表層的な視点ではあるが、近年の流れを簡単に振り返り」、結果的に無冠についての理由は述べずに終えた。
ここまで既出情報が並ぶだけの記事であった。
2019年以降タイトルを取れずにおるのは、まず19年は選手の多数が欧州移籍しチームがシーズン中盤にて弱体化しすぎた。
そして、川崎が強すぎた時期に重なったことで、カップ戦も川崎に阻まれた20〜21年シーズンがあり、新監督を迎えた22年は上田綺世放出でチームが壊れ、監督交代して迷走したことが大きい。
レネ監督の後をついた岩政監督がテストと模索を繰り返す勝負に拘らぬ采配を続けたことが23年の誤算とそして結果である。
簡単にはこう見ることが出来る。
19年はリーグと天皇杯は惜しかった、22年の天皇杯も惜しかったように思うが、無冠は無冠である。
いずれにせよ、クラブとしてはタイトルを獲るために一致団結しておることは紛れもない事実である。
取れなかった過去を悔やむより、来季に向けたチーム作りに期待したい。
無名の記者による内容の無い記事に踊らされておる場合ではない。
今冬は選手流出を最小限に抑え、戦力になる外国人助っ人を獲得して挑むのだ。
期待しておる。

“名門”鹿島がなぜ優勝できないのか…? 5年連続無冠の要因を探る

久保田和音、トライアウト参加

トライアウトに参加した久保田和音である。
この紅白戦でインパクトは残せたであろうか。
どこかMFが必要なクラブの眼鏡に適うことを望む。
注目である。

【一覧】サッカー選手会がトライアウト実施、琉球清武、松本喜山ら紅白戦/午前1本目

“きっかけ”を手にするために必要な「伝統への回帰」

2023年シーズンの鹿島アントラーズを振り返り意見を述べるQolyのロッシ氏である。
サポーターらしく試合を観ての感想である。
来季の補強ポイントして、外国人ストライカーと助っ人ボランチ、ウイング的なアタッカーを推す。
そしてリーグ戦ではなくカップ戦を狙ってタイトルを狙えと記す。
一つタイトルを獲れば「タイトルがタイトルを呼ぶ」とのこと。
まあ気持ちはわかる。
ただ2023年シーズンもカップ戦に照準を合わせていたように自分には見えた。
ただ岩政大樹監督の勝負弱さがそれを実現出来なかっただけのように思う。
それは大岩剛監督時代もそうであった。
ACLこそ取ったが、カップ戦にて決勝にコマを進めておらぬ事からも、勝負弱さばかりが目立った監督であった。
クラブとして照準をカップ戦に会わせるのではなく、勝負強い、冷静で合理的な監督を据えることこそ肝要。
そろそろ欧州風味の監督の就任が発表されよう。
楽しみである。

鹿島アントラーズ、5季連続無冠…“きっかけ”を手にするために必要な「伝統への回帰」。まずはカップ戦を狙え!

続きを読む

ディエゴ・ピトゥカ、プレ移籍金発生

ディエゴ・ピトゥカの移籍についてポストしたブラジルの解説者であるFilipe Dias氏である。
夏にプレ契約を結ぶために250万レアル(およそ7400万円)が支払われたとある。
誰が誰にこのお金が支払われたのか不明な文章であるが、レスを読むとサントスが鹿島に支払った様子。
どうもこの経緯と意味が不明でならない。
鹿島が延長オファーを出さぬように支払ったのか、契約が締結したことを公表し、他クラブからのオファーを牽制するためだったのか、疑問ばかりが湧き上がる。
低額ではなかったこともあり、サントスサポはこのような端金を支払うのであれば、満額を支払って夏に戻しておれば2部降格はなかったとレスをする。
いずれにせよピトゥカはフリー移籍ではなかった。
真偽はともかく、ちょっとした朗報である。

フットボールチャンネル Jリーグ“最強”クラブ選出

Jリーグクラブにランキングをつけてフットボールチャンネル編集部である。
成績、人気、育成、売上の4つの指標を抽出して数値を組み合わせて算出したとのこと。
その栄えある1位に鹿島アントラーズFCが選出されておる。
成績は振るわず、タイトルに手が届かぬここ数年であったが、観客動員は新国立競技場にて開催された名古屋戦のおかげもあって大幅にアップした。
またアカデミー出身選手の多さ、OBの呼び戻しもあってホームグロウン選手が多数在籍し、育成力が認められ、小泉社長を中心として経営力が大きな売り上げを叩きだしておる。
やはり総合力ではJリーグクラブ随一であることがわかる。
ネットの声などを見るとやたら卑下する声があったりする。
これはここ数年タイトルを逃しておることや指揮官の交代などで悲観的になっている為と思われる。
NHK的自虐史観に支配されておる部分もあろう。
しかしながら、クラブとしての存在感は、他の追随を許さない。
これは誇りに思って良い。
胸を張って応援していこう。
愛するクラブは鹿島アントラーズFCであると。

Jリーグ“最強”クラブは? パワーランキング1~10位。人気や育成、成績など各指標からJ1~J3全60クラブを順位化
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク