fc2ブログ

ガンバ大阪のファン・アラーノ、副キャプテン就任

副キャプテンに任命されたガンバ大阪のファン・アラーノである。
これは素晴らしい。
鹿島在籍時はネット上にてかなりの酷評が浴びせられておった。
個人的にはシュート以外はかなり良い選手と見ておっただけに、こうした批判には胸を痛めておったことを思い出す。
ガンバでは確固とした立場とポジションが与えられ、活躍へのフォロー体制が成り立っておる。
アラーノにとっては幸せなことであろう。
鹿島としては現在のポポヴィッチ体制に合いそうなコマであるので、口惜しい。
とはいえ、それもまたサッカーである。
今季は強い気持ちで対戦し、勝利を掴みたい。
楽しみである。

【G大阪】宇佐美貴史が今季も主将に 副主将にはファン・アラーノと中谷進之介

中田浩二強化部マネージャ、黄金世代を語る

中田浩二強化部マネージャにインタビューを敢行したNumberWebの寺野典子女史である。
黄金世代として日本サッカーの一時代を築いたメンバーの一人としてその"中の人"としての意見を忌憚なく語る。
プロルーキー・小野伸二のW杯メンバー入りで一般人にも浸透したこの世代が、ワールドユース準優勝という偉業を成し遂げ、シドニー五輪ではメキシコ大会以来のGS突破、2002日韓W杯でのベスト16と、日本サッカーの新たな道を大きく切り開いた。
この小野伸二の引退でこの世代の選手はほぼ現役を退いた。
非常に寂しい。
ただ、個人的に日本サッカーにおける大きな失敗の一つとして、代表メンバーを小野伸二中心にしなかったことを挙げたい。
一つ上の世代に中田英寿、中村俊輔と偉大なるプレーヤーがおり、日韓W杯でも独W杯でも小野は絶対的選手には据えられなかった。
これは大きな過失であったと強く考えておる。
シドニー五輪・アジア地区一次予選フィリピン戦に於ける悪質なチャージでの大怪我が日本サッカーの未来を大きく狂わせたと思う。
ただ、あの負傷があったとしても、2002年も2006年も小野伸二に全てを託すことが出来ておれば、もっと輝かしい未来に繋がっておったと確信する。
目先の勝利ではない。
チームというものがどういうものであるのか、結束とはなど人間的融合が代表チームに培われたと考えておるのだ。
とはいえ、過去は変えられぬ。
現在の日本代表はこうした過ちを乗り越えて二日本サッカー史上最強に成り上がった。
世代交代が進み、また日本人選手の価値が欧州にも届いたことで、クオリティの高いチームが出来上がっておる。
黄金世代を超えたこのチームに、また小野伸二の姿を重ね合わせるオールドファンもいる。
この記事からそのように感じる次第である。

小野伸二16歳の衝撃「頭の後ろに目があるんじゃ…」中田浩二がいま明かす“天才に出会った日”「同じ年齢のヤツにここまでやられるのか」

2006年W杯の敗因“ジーコジャパンの不仲説”は真実か? 中田浩二の証言「オーストラリアには勝てるという空気が…」「単純に力がなかった」

「小野伸二がまとめた個性派集団」黄金世代は日本サッカー界に何を残したのか? 中田浩二に聞く“本当の功績”「日本代表の進化に少しでも…」

アレクサンダル・チャヴリッチ、チャッキーって呼んで

オンライン取材に応じたアレクサンダル・チャヴリッチである。
「スロバキアでは安定した状況にありましたが、自分のキャリアで成長できるベストのタイミングだと、新しいチャレンジを模索していました。そこで鹿島から声がかかり、挑戦したいと決めました」と移籍理由を語る。
Jリーグという未知の国・未知のサッカーをする所での挑戦はかなりエキサイティングなものとなろう。
鹿島アントラーズFCとしてもカソリックではない外国籍選手は初なのではなかろうか。
そのあたりも含めて模索するところが大きい。
そして自身の特徴について、「(武器は?)特長はスピードにあり、ここ数年、ゴールを決めることもできています。サイドでもストライカーでもプレーできます。あとはハードワークもします!」と語る。
ハードワークを厭わないことはJリーグでは非常に有利に働く。
それ以上に得点力には期待が高まる。
FWのタスクを丁寧にこなす日本人FWは工面出来るが、ゴール量産する選手は獲得が難しい。
チャヴリッチには多くのゴールを決めて貰いたいところ。
そしてポジションについては、「数年前までは、ウイングでプレーし、ディフェンスにも体力を使っていました。数年前に来た監督がセンターで起用するようになり、そこでポジションを変えてから、得点が伸びました」と言う。
上記のようにハードワークしすぎてゴール前でのパワーが欠けていったのではなかろうか。
良い指導者に恵まれストライカーとして開花したことがわかる。
ここまで正式発表が伸びに伸び、「移籍の準備で10日間ぐらい体が動かせなかったことも打ち明けた。ただ、まだ開幕までは3週間ある。コンディションを上げていきたい」となってしまった。
トレーニングでコンディション上げ、開幕ゴールと期待したい。
愛称・チャッキー、楽しみなストライカーである。

【鹿島】新加入FWアレクサンダル・チャヴリッチ、Jリーグの戦いに照準。「新しいチャレンジをしたい」

【鹿島】チャヴリッチが加入会見「安定はしていたが、さらに成長できるベストタイミングだと思い挑戦を決めた」

【鹿島】新加入チャブリッチ、愛称「チャッキー」昨季30試合15得点も「新しい挑戦を」と決断

鹿島 新加入セルビア人FWチャブリッチが意気込み 愛称は「チャッキーって呼んで」

宮崎キャンプ、九日目の様子





J1鹿島 宮崎キャンプ 軽めのメニューで調整

宮崎キャンプ九日目の様子を配信した鹿島アントラーズFC公式youtubeチャンネルと取材した茨城新聞である。
室内トレーニングやGKトレーニング、そして午後の浜辺でのフットバレーが映る。
後半はまさに安西ショウであった。
チャッキーとコミュニケーションを取り、フットバレーを盛り上げる。
こうしたキャラは重要である。
非常によい雰囲気が伝わってくる。
宮崎キャンプも伸すところ二日。
一致団結してシーズンを戦う素地が出来ておる。
最終調整である。

鈴木優磨、顔面骨折

顔面骨折が判明した鈴木優磨である。
先日のTM・徳島ヴォルティス戦にて激突し負傷交代して不安に思っておったが、その不安が的中した。
近日中に手術を受けるとのことで、復帰期間はまだ未定。
開幕までほぼ3週間というところでこれは本当に痛い。
間に合って欲しい。
もし長期離脱豚なろうものならば、それこそ徳田誉くんの早期デビューも視野に入れることとなる。
想定外の大事件である。

鹿島・鈴木優磨、顔面骨折 近日中手術で長期離脱の可能性も 練習試合で激しく接触
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク