fc2ブログ

TM・ヴァンフォーレ甲府戦の様子




J1鹿島 宮崎キャンプ J2甲府と練習試合 決定機、課題多く 監督「負けない戦い方も」

TM・ヴァンフォーレ甲府戦の様子を配信した鹿島アントラーズFC公式youtubeチャンネルと取材した茨城新聞である。
知念のボールタッチやラストパス、パレジの積極シュート、藤井の突破などが印象に残る。
パレジはサイドからゴール前に入っていくのが得意の様子。
ここでもう一つ違いを見せられれば、チームは一皮剥けよう。
また茨城新聞は、
「1本目は強度の高い守備から主導権を握った。日々磨いている前線からの積極的なプレスがはまり、試合を支配する時間帯が長く続いた。攻めては有効なサイドチェンジやボール奪取から決定機を2度創出した」
「2本目は「入りからばたついてしまった」と知念。1本目よりも高い位置からプレッシャーをかけてくるよう修正を図った甲府の守りに対し、攻撃のスイッチを入れる縦パスやロングボールを供給することができず、前線まで運ぶ前にボールを失ってピンチを迎える場面が目立った」
「若手中心の3本目は細かなパス交換から好機を多くつくり、厳しい台所事情にあるチームにとって収穫点と言えるだろう」
と評す。
1本目はゴールという結果以外は良好だったことがわかる。
2本目については、CBがレギュラーではなかったことが響いたように受け取れる。
ここは控えCBの補強が急務と強く感じさせられるところ。
3本目は、未来を感じさせられる内容だった様子。
ユースを含む若手主体のメンバーにて"細かなパス交換"が行われておるのはポポヴィッチ戦術が末端まで浸透しておる証しである。
レギュラーだけではなく、チーム全体としてこのサッカーが出来るようになってきた。
あとはストライカーというのが個人的感想と言えよう。
優磨の復帰、チャッキーの融合が待たれる。
いずれにせよ、チームの骨子は確実に固まった。
このサッカーで開幕を迎える。
楽しみである。

石川竜也氏、藤枝MYFCアカデミースタッフ就任

藤枝MYFCアカデミースタッフに就任した石川竜也氏である。
U-15監督を担うとのこと。
モンテディオ山形を退団し、去就が気になっておったが無事に次なるクラブに加入した。
育成年代のエキスパートとして、生まれ故郷の中学生を指導していくのだ。
注目である。

石川竜也氏 藤枝MYFCアカデミースタッフ就任のお知らせ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク