fc2ブログ

「シンプルだけど難しい」鹿島アントラーズを変えるポポヴィッチ監督の“要求”

鹿島アントラーズを取材したフットボールチャンネルの藤江直人氏である。
ポポヴィッチ・サッカーについて、優磨のコメントを引き出す。
「なるべくバックパスを減らして、ワンタッチで相手ゴールに向かっていく。すごくシンプルな要求ですけど、実は一番難しかったりする。プレーしていて面白いし、すごく充実感がありますよね」、「僕も一昨年から再びプレーしている日本で、バックパスが多いというか、相手ゴールに向かうパスがちょっと少ないと思っていた。そのなかでポポさんが求めることは非常にわかりやすくて、選手にダイレクトに響いてくる。ポポさん自身もすごく熱い人だし、選手にいいものはいい、ダメなものはダメだとはっきりと、ダイレクトに伝えてくれる監督なので、やりがいを感じています。あとはいかにポポさんがやりたいサッカーと、自分たちの特徴を出していくかのバランスの見極め方が大事になると思う」と優磨。
バックパスを減らし、前への意志を強めるサッカーであることが伝わってくる。
これは吉岡宗重FDの標榜する、走力を活かした縦に速いサッカーに通ずるものがあろう。
このあたりは契約するに際して深いコミュニケーションがあったことがよくわかる。
強化部と監督が同じ方向を向いておるのだ。
流石に三度は騙されぬ所と言えよう。
また藤江直人氏は、「ワンタッチを多用しながら相手ゴールへ素早く、直線的に攻め込む新生・鹿島のサッカーに、柴崎がいかに必要不可欠な存在になってくるのかがわかる」と綴る。
このサッカーに柴崎岳が必要不可欠と言って良かろう。
上記の藤木氏の意見を導き出した優磨のコメントにそれは強く表れる。
「そのテンポで90分間を通して、というのはなかなかできない。その意味で(柴崎)岳くんが抜けた後のゲームコントロールという部分では、ちょっと課題を残したと思う。岳くんがいなくなってからは、僕がちょっと中盤に落ちる形でゲームをコントロールしなきゃいけなくなった。それもちょっと難しい部分で、岳くんがいる間はなるべく僕もゴール前の仕事に専念したい、という思いがあるので」とTM・宮崎戦後に語る。
チェンジオブペースのカギを握るのは岳。
それが今季のプランと言えよう。
その岳の離脱は大きな誤算である。
それに加え、ヨシプ・チャルシッチの契約不成立、優磨の負傷離脱が、更なる誤算であり、開幕に向けて不安要素として影を落とす。
チャルシッチの後釜は交渉中のようであるが、まだ表に出てきておらず、開幕には間に合うまい。
ただ優磨の代わりにFWに入るアレキサンダル・チャヴリッチは才能の片鱗を見せておる。
岳不在のボランチには知念慶が魔改造されており、これも評判が良いと聞く。
このあたりはPSM水戸戦にて確認出来よう。
誤算はあれど、やりたいサッカーとその準備は着実に浸透しておる。
サッカーにはアクシデントは憑きもの。
それを乗り越えて長いシーズンを乗り切っていこうではないか。
いよいよ2024年シーズンの開幕まで2週間である。


「シンプルだけど難しい」鹿島アントラーズを変えるポポヴィッチ監督の“要求”。柴崎岳の穴を埋めるのは…【コラム】

チョン・スンヒョン、蔚山現代からアル・ワスルSCに移籍

蔚山現代からアル・ワスルSCに移籍したチョン・スンヒョンである。
兵役のために鹿島を退団し、復帰後には古巣の蔚山現代でプレーし韓国代表にも招集されておったが、中東への移籍を勝ち取った模様。
スンヒョンの力がなければ2018年のACL制覇はなかった。
今後はUAEにてまたアジア制覇を目指すこととなろう。
いずれ対戦したい。
楽しみにしておる。

韓国代表DFチョン・スンヒョンがUAEのアル・ワスル移籍…かつて鳥栖と鹿島でプレー

ヨシプ・チャルシッチ、帰国し手術へ

ヨシプ・チャルシッチについて報じる現地紙である。
既にセルビアに戻っており、手術後とリハビリに1ヶ月半とのこと。
鹿島アントラーズFCとは非常に残念な決裂となったが、再起不能なほどではなかったことが伝わる。
復帰後にまた素晴らしパフォーマンスを見せるのであれば、そこでまた再オファーもありうる。
一度狙ったターゲットはしつこく追う鹿島アントラーズ節は健在であろう。
それはそれとして、まずは回復に専念して貰おう。
復帰の報を待っておる。

Ništa od Japana: Ćalušić pao lekarske preglede, ostaje u TSC

Jリーグのある、ある日常



Jリーグ2024年シーズン開幕に向けて映像を発信したJリーグ公式youtubeチャンネルである。
サポーターあるあるが並んで微笑ましい。
「ぼくのかんがえたさいきょうのすためん」など、誰もが通る道で心が擽られる。
ただ、同じ色のユニで共感するは全くもってあり得ないと、ここに記しておこう。
ここだけは共感出来ぬ所。
他の、祝杯ややけ酒、アウェイスタジアムへ行くのに迷う、帰りについていったら変なところで一人になったなど、まさに"あるある"であった。
また鹿島サポーターの映像がなかったことは悔やまれる。
最後の干したユニが並ぶシーンでトップにした事でのバーターなのかも知れぬが、少々残念であった。
いよいよ開幕が近づく。
こうした"日常"まで残り2週間である。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク