fc2ブログ

植田直通、このサッカーなら自分自身、成長できる

日本代表に植田直通を招集せよと記すFOOTBALL ZONE Webの元川悦子女史である。
PSM水戸戦を観戦し、そして練習を取材したからこその植田の本質が伝えられる。
昌子が移籍し、DFラインでの最年長は植田となった。
W杯も欧州も経験し、実績十分の植田が鹿島アントラーズの軸と考えて良い。
水戸戦では空中戦も地上戦の圧巻の守りを見せ、経験の浅い津久井と濃野に負担をかけずに零封した。
そこで先日のアジア杯にて敗退した日本代表に復帰せよと悦ちゃんは綴るのである。
意図はわかる。
招集レターが届けば、迷わずに駆けつけるであろう。
しかしながら、現時点での代表のCBは海外組で固められており、メンツ的にも問題は無い。
イラク戦、イラン戦が特殊な状況だっただけである。
年齢的にも実績的にも、状況が揃えば選出されるはず。
このような文字稼ぎは不要と元川悦子女史には言いたいところ。
植田自身の「ポポさんのサッカーをやっている中で、このサッカーなら自分自身、成長できると思うし、自分が課題としている攻撃の部分もかなり良くなるという手応えがあります。それプラス、自分の強さでもある競り合いなんかも伸ばしていければ、上のステージ行けるチャンスも増えてくる。今は鹿島で精一杯やろうと思います」という言葉が全てである。
更に鹿島で成長する。
その片鱗は水戸戦でも見て取れた。
2024年シーズンの植田直通の活躍が楽しみである。

森保Jの課題…ロングボール対策にDF植田直通を呼べ 鹿島のリーダーが狙う代表復帰【コラム】

練習見学・ファンサービスに関するルールについて

練習見学・ファンサービスに関するルールについて改めて発表した鹿島アントラーズFCである。
よほど守れぬ輩がいるとも思われる。
多くのファン・サポーターはルールを守っているにもかかわらず一部の悪質な者どものためにクラブがこのようなコストをかけねばならぬ事に心を痛める。
また、改めて試合前日は必ず非公開となることが通達された。
昨季から行われていたことであるが、これがクラブ主体の方向性なのかポポヴィッチ監督の意向なのかを知りたいところ。
こういう部分を伝えるメディアがあると嬉しい。
それはそれとして、ルールを守って楽しい見学を。
心からの願いである。

練習見学・ファンサービスに関するルールについて

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹、アジアカップではもっとプレーしたかったですね

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの町田浩樹のインタビューを伝えるベルギーのLa Derniere Heure紙である。
「アジアカップであまりプレーしていなかったので、疲れは感じていません。アジアカップではもっとプレーしたかったですね。優勝を目指していたので、ベスト8という結果はとても残念です」とアジア杯への無念を口にする。
ただ出場したインドネシア戦では不安定なプレーが散見されており、敗退したイラン戦での途中起用を望んだ声を聞いたが、森保監督としては起用しにくかったように思える。
また、「今は再びユニオンSGのことに集中していますし、タイトルを目指したいですね」と新たなるモチベーションを語る。
優勝出来るクラブに所属し、タイトル争いに加わっておることは非常に重要である。
好パフォーマンスを見せ、今夏でのステップアップ移籍を狙うのだ。
注目しておる。

Buteur puis centreur décisif, Koki Machida a plus faim que jamais après la Coupe d'Asie: "Je suis revenu pour aller chercher le titre avec l'Union"
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク