fc2ブログ

清水を開幕ダッシュに導くのは男前ボランチMF中村亮太朗

清水エスパルスの中村亮太朗について記す報知新聞の武藤瑞基記者である。
「男前ボランチは、広い視野と高いパスセンスが光る。25日に迎える開幕・熊本戦(えがおS)からチームをスタートダッシュに導く存在として期待される」と評す。
男前を強調しておるが、視野とパスセンスは認められて当然と言えよう。
鹿島移籍にて、よりプロ意識を高め、甲府に復帰し新たな境地を見いだしたところでの多くのオファーから清水移籍を決断した。
鹿島アントラーズの育成力が光る。
この清水をJ1に昇格させ、実力を世間に認めさせるのだ。
注目しておる。

J2清水を開幕ダッシュに導くのは男前ボランチMF中村亮太朗……担当記者の“推し”選手紹介

岩政大樹がベトナムに渡った理由とは…“新米監督”が再始動

ハノイFCの岩政大樹監督にインタビューを敢行したスポーツニッポンである。
ハノイFCの監督就任までの経緯やどのようなサッカーするかなどについて語られる。
その中で、昨季の鹿島アントラーズでのチーム作りが語られ、改めて監督育成を行ったことがわかった。
2022年夏の就任時の経緯がわからないので詳細はわからぬが、実績・経験共にほぼ皆無のコーチを昇格させたことは大きな誤りであったと強く思う。
これを吉岡宗重FDに責任と糾弾するのはそれはそれでまた間違いであろう。
強化部も満さん以後として育成段階だったのである。
この失敗を糧に吉岡宗重FDも成長し、クラブも理解して強化部の体制を変革した。
ミスは誰にでもどんなことにでもある。
それをどのように自分の経験とすることが大事なのである。
鹿島アントラーズFCは貴重な経験をした。
そして、岩政大樹監督も成長した。
お互いに新たなシーズンを迎え、新たな挑戦をする。
変革を目の当たりにしたい。
楽しみである。

前鹿島監督・岩政大樹がベトナムに渡った理由とは…“新米監督”が再始動

非公開トレーニングマッチ モンテディオ山形戦



モンテディオ山形との非公開トレーニングマッチについてポストした鹿島アントラーズFC公式Xアカウントである。
先週のPSM水戸戦から関川郁万、佐野海舟が加わったことを伝える。
海舟の向こうに13番の知念が映ることからボランチのコンビ、またトップ下は樋口で1トップにチャッキーのように推測出来る。
開幕戦のスタメンが朧気ながら予想出来よう。
いよいよ開幕戦は5日後、強烈に楽しみである。

松村優太、23歳で五輪に行くか行かないかで大きく変わる

松村優太について伝えるスポーツニッポンである。
パリ五輪世代の選手を紹介する企画の一環である。
高校時代にどのように成長したのかが記されておる。
静学の10番はこうして誕生したということがよくわかった。
それを更にバージョンアップし、鹿島アントラーズでの成長、そしてパリ五輪予選メンバーとして躍動するのだ。
4月のパリ五輪最終予選に向けて、「大きなターニングポイントになる。23歳で五輪に行くか行かないかで大きく変わる」と意気込みを語る。
この予選は欧州組を呼ぶことが難しく、松村はほぼ当確と思われる。
ここで日本を五輪に導き、本戦メンバー選出への道を切り開くのだ。
注目である。

鹿島MF松村優太 独自のドリブルスタイル磨きチームを引っ張る

阿部敏之氏、厚木はやぶさFCのヘッドコーチに就任

厚木はやぶさFCのヘッドコーチに就任した阿部敏之氏である。
Jリーグを目指すこのクラブにて尽力する姿が素晴らしい。
まずは関東1部昇格を。
注目の指導者である。

阿部敏之氏 ヘッドコーチ就任のお知らせ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク