fc2ブログ

鹿島アントラーズ開幕スタメン予想

鹿島アントラーズの開幕スタメン予想をサッカーダイジェストへ寄稿したオフィス・プリマベーラの小室功氏である。
先日のPSM水戸戦から、津久井→関川、聖真→海舟と選手が入れ替わり、樋口がトップ下という布陣を予想する。
この布陣は、先日行われた非公開トレーニングマッチ・山形戦でも敷かれたように感じておる。
ここで、ルーキーの濃野は右SBはレギュラーの太鼓判、チャッキーの1トップも合格点と判断されたことがわかる。
そして、ボランチは海舟と知念のコンビで固定される。
これはシーズン前からは全く予期出来なかった起用と言えよう。
岳の負傷、海舟の日本代表・アジア杯での不在からボランチ不足に陥りトレーニングマッチの3戦目で試されたことが、ここまでのこととなった。
まさに瓢箪から駒。
知念がボランチと言うよりもピボーテ的なプレーをしてくれるため、攻撃がかなりスムースになったように水戸戦では見えた。
前への推進量のある海舟とのコンビは新たな時代を魅せてくれるのではなかろうか。
また、水戸戦ではコンディション不足を露呈しておったチャッキーが、本来の実力を見せてくれれば、このスタメンがとても魅力的に感じさせられる。
岳、優磨不在でも勝ちきるチームとなってくれよう。
楽しみである。

【開幕スタメン予想|鹿島】「縦への意識」を強調し「変化の創出」にも着手。個性が絡んだ2列目の流動的な攻撃が見もの

柴崎岳主将、2024Jリーグ開幕PRイベント出席

「2024Jリーグ開幕PRイベント」を取材したFOOTBALL ZONEの轡田哲朗氏である。
鹿島アントラーズFCの代表者として柴崎岳主将が出席したとのこと。
岳は「鹿島はタイトルによって周りとの関係性を高めてきたと思う。それがすべてとは言わないけど、鹿島はタイトルへの思いが強い」、(『常勝軍団』というフレーズについては)、「周りがそう見ているだけ」と語った。
これは多くの場で語られてきたこと。
「常勝軍団」はメディアや周囲が触れ込んだフレーズであり、クラブ発信ではなく、当然なかの人である選手もそういう意識はない。
ただ、勝利に対する拘り、全てのタイトルを狙いに行く姿勢が、結果的に"常勝"に繋がったのだ。
そして岳は、「鹿島はタイトルに向けてチャレンジすることが義務付けられている。タイトルに向けて、日常、練習から勝利を追求するのがアントラーズ」とタイトルへの渇望が文化であり伝統であることを口にする。
クラブ一丸となって目指しておるのだ。
更に、「アントラーズらしい試合もサポーターの皆さんに感じてほしい。言語化できないそういう部分も育ててきた」と言う。
ここ数年らしからぬ試合を演じておったが、今季は言語化出来ずに失いつつあった伝統が復活する。
鹿島アントラーズ"らしい"試合で勝利を掴み取っていくのだ。
2024年シーズン、楽しみである。

“常勝軍団”の印象は「周りがそう見ているだけ」 鹿島“10番”柴崎岳がクラブの伝統継承に意欲

フットボールチャンネル J1リーグ戦力総合評価ランキング

J1リーグ戦力総合評価ランキングを格付けしたフットボールチャンネル編集部である。
「J1リーグ全20クラブの陣容を分析し、戦力をランキング化した」とはあるが、補強の派手さや名のある選手がいるかどうかの順番というだけと言えよう。
さほど意味がない。
わが鹿島アントラーズは7位と評価された。
下もなく不可もなくタイトルには手が届かないという予想であろう。
外から見れば、そう捉えられることは異論はない。
ただ昨季のチームにて垣田の所と仲間のところが大きくアップデートされれば、更に上に行けたと感じておった者は、鹿島サポには多かったのではなかろうか。
それに対して、吉岡宗重FDはチャヴリッチとパレジという助っ人を補強しして、この考えに答えた。
昌子の穴に期待したチャルシッチと契約出来ず、ピトゥカの穴として期待の高まる柴崎岳が負傷離脱中と、誤算はいくつかあるが、スタメンの戦力は、上位とそう劣るものではない。
派手な大量補強よりもピンポイント補強こそが肝要。
選手総数よりも25〜27人の質が大事。
CBは現在補強に動いておると聞く。
優磨と岳の復帰は間近。
ボランチ・知念の風格、濃野のルーキーとは思えぬプレーぶり、その濃野とのコンビネーションが確立しした藤井。
と明るい材料ばかりが流れてくる。
この精鋭で勝利を積み重ねる。
個人的な総合評価はダントツ一位である。

【2024年】J1リーグ戦力総合評価ランキング1~10位。優勝候補はどこだ? 全20クラブを格付け!

【2024年】J1リーグ戦力総合評価ランキング11~20位。残留争い? 降格の危険…。全20クラブを格付け!

俳優・野村啓介



野村啓介

俳優・野村啓介の公式Xアカウントである。
鹿島サポを公言する公人は素直に応援したい。
TLを見ると大きな箱の映画ではなく、好きな人がわざわざ足を運ぶべき映画に出演しておる様子。
これは更に応援したくなる。
頭が悪くなる"今"のDisney映画に行くのであれば、こうしたミニシアターにこそ"ホンモノ"の映画があると知ってもらいたい。
この野村啓介を指名して映画館に行っても良いし、ミニシアターの映画には必ず行くでも良い。
無理して行くから意味がある。
極東のカシマスタジアムに向かうことと同義である。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク