fc2ブログ

「鹿島アントラーズの台頭」「FC東京、サンフレッチェ広島、名古屋グランパスの躍進」「横浜F・マリノスの凋落」【川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦が示した「2024年Jリーグ」の覇権】

2024年シーズンのJリーグについてサッカー批評に寄稿した後藤健生氏である。
スーパー杯から今季の行方を占う。
ゴタケ氏はここ数年のJリーグの潮流である川崎とFマリノスのボール保持サッカーに対して「、堅守からカウンターをしかけるチームが増えてきた」と記す。
それを独流と称し、神戸がそれで昨季のタイトルを得たとの見解を述べる。
そして、「広島や鹿島アントラーズのような堅守速攻型のチームが上位に進出した」と鹿島アントラーズも堅守速攻のチームに分類しておる。
もう異論以外の何物でもない。
岩政大樹監督のサッカーが堅守に見えたのであれば、それは眼科に行くべきと言うほどにかけ離れたモノであった。
速攻も仕掛けられずにおった。
堅守速攻であれば、スタジアムであれほどモヤモヤさせられることはなかったであろう。
ただ5位に終えたチームに対して上位に進出したと評価したことは少々嬉しい。
とはいえ、今季は監督が替わり全く異なったサッカーを行う。
当然、堅守速攻ではない。
ゴタケを満足させられるモノであるかどうかは、開幕してみなければわからぬ所。
ポポヴィッチ・サッカーでJリーグを席巻する。
それが2024年シーズンの大きな潮流である。

三笘薫時代からの川崎「パス・サッカー」封印で神戸「カウンタープレス」撃破【川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦が示した「2024年Jリーグ」の覇権】(1)


「鹿島アントラーズの台頭」「FC東京、サンフレッチェ広島、名古屋グランパスの躍進」「横浜F・マリノスの凋落」【川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦が示した「2024年Jリーグ」の覇権】(2)

「家長の欠場]「新ワントップ」「大迫の孤立」そして「ジェフ千葉の下剋上」【川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦が示した「2024年Jリーグ」の覇権】(3)

鹿島・佐野海舟が新シーズンに抱える思い

Jリーグ開幕に向けて日本代表候補について記したサッカー批評の元川悦子女史である。
その一人として佐野海舟の名を挙げる。
「不完全燃焼に終わったアジアカップの後、2月9日に鹿島に合流。町田ゼルビアで共闘したランコ・ポポヴィッチ監督のタテへの推進力と強度の高いサッカーに適応しようと躍起になっている」とアジア杯後にチームに合流し、新戦術に馴染もうとしている様が伝えられる。
佐野海舟はPSM水戸戦後に「今までだとテンポを上げなくてもいいって思ってたところを崩しに行ったり、速いテンポでサッカーをしているんで、1個でも遅れたりしたら狙いがズレる。みんなの動きに合わせることがまだ難しいですけど、それをやらないと試合に出られない」と語ったとのこと。
ポポヴィッチ・サッカーのテンポの速さが改めて言葉にされた。
Jリーグらしいサッカーではあるが、だからこそ席巻するのではないかと手応えを個人的には感じておる。
その中心となるボランチとして海舟は知念と組んでおる。
知念の抜擢も驚きであったが、前への推進力を代表で身に染みた海舟とのコンビは非常に興味深い。
逆に「ボランチの編成がどうなるか分からない」と悦ちゃんが記すように、柴崎岳主将が戻る前にここで地位を確立する必要があろう。
勝利に導くボランチとして、鹿島の中心選手として君臨するのだ。
そうして3月の代表招集にも名を連ねて貰いたい。
鹿島の主軸は代表となっていって欲しい。
佐野海舟の躍動に注目である。

【日本代表を活性化させる4人のJリーグ選手の「今」(1)】アジアカップで人材不足を露呈したボランチ。浦和・伊藤敦樹&鹿島・佐野海舟が新シーズンに抱える思い

2/20の練習風景



2月20日の練習風景をポストした鹿島アントラーズFC公式Xアカウントである。
優磨がミニゲームに参加している姿が映る。
これは開幕スタメンもありうる。
少なくともベンチには入ってこよう。
これには期待感が湧き上がる。
チャッキーとの同時起用はあるのか否か。
非常に気になる。
また徳田誉くんも練習しておる。
ベンチ入りはあるのかも気になる。
明日明後日の二日間は非公開であり、状況が読めぬ所。
どのような布陣でどのようなメンバーが開幕戦のピッチに立つのであろうか。
楽しみである。

~ この一戦に、かける。~



2024年シーズン開幕戦を盛り上げる動画をアップした鹿島アントラーズFC公式Xアカウントである。
これは気分がアガる。
オリ10の伝統の一戦、必勝と言えよう。
名古屋グランパスは長谷川健太監督体制3年目の集大成、熟成された戦術となる。
それに対して鹿島アントラーズはポポヴィッチ監督公式戦初戦となる。
どのようなサッカーをするのか楽しみで仕方がない。
注目の金Jである。

ハノイFC・岩政大樹監督、鹿島への想いが強すぎた反省を糧に

ハノイFCの岩政大樹監督へインタビューを敢行したGOETHEの寺野典子女史である。
岩政大樹監督からはハノイFCでの指導の手応えから始まり、鹿島アントラーズFC退団の経緯、目指すべきサッカーなどについて語られる。
まずハノイFCでの指導について、「新しい環境で、サッカー的なスタイルも、落とし込み方も、鹿島時代とは違います。自分がやりたいサッカーというものが定まってきました」と語る。
新たなクラブでの挑戦に高いモチベーションで挑んでおることが伝わってくる。
心機一転で結果を出して欲しいところ。
更に、「抽象的ではありますが、1年前の自分とはだいぶ変われているなという感覚があります」とこの鹿島アントラーズFCでの経験が活きておることを口にする。
人は成長するもの、鹿島アントラーズFCというクラブから離れたからこその人としてのあり方があるように思う。
また監督論として、「トップではなくても、トップクラスの選手がいるチームを優勝させられる力を指導者として持たないとダメだと思っています」、「そうですね。全然やりきれなかった」と経験不足であった旨を語る。
鹿島の監督を引き受けた時点では、"出来る"と確信めいたモノは持っており、その自信が砕かれた1年半であった様子。
それは、選手としての経験値が高かったからこその「自惚れ」であったのではなかろうか。
とはいえ、人間とはそういう生き物である。
自信も無く行動に移せない人間よりもこのような人物でありたい。
また鹿島アントラーズの監督就任時には、「今いる選手でできることをして、結果を残して、そこから2、3年経てば、選手が入れ替わり、自分のサッカーができるだろうと思っていた」と言う。
超長期政権を築く予定であったことが伝わってくる。
これは流石に異を唱えたい。
ノンビリすぎる。
ただ「結果を残して」が出来なかったことが、この結果を招いた。
特に天皇杯はチャンスであっただけに、そこが悔やまれる。
そして、「僕はクラブや選手に対して、優しさを持って接したことが、最終的にクラブのためにも選手のためにもならなかったんじゃないか…。ものすごく虚しいことではあるけれど、それで勝てなかったのは、自分の責任だよなっていうことは、大きな反省点のひとつにはなりましたね」と"優しさ"について改めて口にする。
この"優しさ"は外から見ておっても伝わってきた。
これが"甘え"に繋がっていったように今は思う。
責任者としての自覚がこの経験でお菊育まれたと思う。
"厳しさ"を知り、偉大なる指導者と育てって行って欲しい。
和製アンチェロッティとして失敗を糧に大監督となるのだ。
期待しておる。

鹿島退団後、岩政大樹はなぜ、ベトナムリーグの監督に就任したのか

元鹿島・ハノイFC岩政監督「カウンターサッカーというベトナム文化を変える」

【岩政大樹】鹿島への想いが強すぎた反省を糧に、ベトナムでの挑戦

柴崎岳主将、見ごたえのある試合になるかなと思います

「2024Jリーグ開幕PRイベント」を取材したサッカーダイジェストの渡邊裕樹記者である。
出席した柴崎岳主将の開幕・名古屋戦に向けた抱負を伝える。
「本当に名古屋とやる時は、お互い内容も拮抗していて、どちらが勝ってもおかしくない接戦、厳しい戦いになる。そこで勝ちを取っていくのはやっぱりディテールのところだと思いますし、ちょっとしたズレとかミスをお互い拾っていったほうが勝利に近づく。
 そういう意味では見ごたえのある試合になるかなと思います。お互い歴史あるクラブですので、今回は名古屋のホームですけど、アウェーチームとして勝利を手にする姿勢や、それにふさわしい内容を出していきたい」
と出場出来ぬ部分からも少々俯瞰的な意見を述べる。
内容のある試合展開が予想される。
それは現時点でのポポヴィッチ監督の練習をしてきての実感であろう。
良いサッカーが構築されておることが伝わってくる。
更に、1993年の開幕カードであったことを問われ、
「そういった歴史的な背景もある一戦です。目ざすところはタイトル。そのためにも1戦1戦、毎週末の試合を見据えて、チームとして現状の立ち位置だったり、できていること、できないことをしっかりと把握したうえでシーズンを過ごしていきたい」
と応える。
背景や感情に左右されることなく、冷静な試合展開を考える柴崎岳というプレーヤーの個性がよくわかる。
開幕戦、かつての対戦結果、戦力差、そのような雑多な感情は一切関知せず、1戦1戦真摯に戦っていくのだ。
また負傷については、「徐々に治ってきているので、再発しないように」と語る。
今季のキーマンである岳の不在は本当に痛い。
復帰を心待ちにしておるが、軸となる選手である以上、必ずプレー出来る状態になって貰う必要があろう。
柴崎岳主将と共にタイトルを。
重要なシーズンの開幕はすぐそこである。

「歴史的な背景もある一戦」鹿島・柴崎岳が語るJ開幕戦。名古屋との対戦は「どちらが勝ってもおかしくない」

町田ゼルビア・昌子源、キャプテン論

キャプテンについて発信した町田ゼルビアの昌子源である。
町田のキャプテン就任にあたり、鹿島アントラーズ時代のエピソードを綴る。
「当時は、満男さん以外にイバさん、浩二さん(中田)、ソガさん(曽ヶ端準)、モトさん(本山雅志)をはじめ、大樹さん(岩政大樹)や青木さん(剛)らリーダーシップを取れそうな人たちがウジャウジャ在籍していた中で、なぜ満男さんが選ばれたのか」と新井場に問うたところ、以下の返答が来たとのこと。
「満男をキャプテンに指名することに異議を唱える人がおらんかったからちゃうか? 源が言うように、確かに当時の鹿島にはリーダーシップを取れそうな選手はたくさんいたと思う。でも仮に俺がやるとなれば、きっと誰かは新井場じゃないだろう、と言ったはずやし、それは浩二や大樹でも同じやったと思う。でも満男がキャプテンなら? 異議を唱える奴は間違いなく一人もおらんかった。それが理由じゃないかな。もちろん、満男がキャプテンタイプだったかと聞かれたら、正直、違ったと思う。でも、満男がキャプテンになることにクラブの誰一人として異議を唱えない、全員が満男の言葉を信じてついていく、という意味で、あいつは間違いなく鹿島のキャプテンにふさわしかった」。
これがキャプテンシーを持つ集団の主将のあり方であろう。
小笠原満男の偉大さばかりが伝わってくる。
だからこそ勝利をつかみ取れた。
満男の引退後にタイトルを得られていないこともまた、このあたりに起因するように思える。
とはいえ、小笠原満男の後継者だけを連れてきても、解決にはならぬであろう。
やはり、意識の高い選手が集まった上で偉大なリーダーが必要なのである。
それを改めて感じさせてくれるエピソードであった。
こうして知らせてくれたことをありがたく思う。
こうして満男の薫陶を受けた昌子が町田ゼルビアを牽引する。
恐るべき敵である。

いよいよ、J1リーグが開幕します!

ACLはメリットに乏しい

ACLの費用対効果についてのレポートを伝えるゲキサカの竹内達也記者である。
「競技面・ビジネス面ともにメリットが乏しい」という結論に至っておる。
非常に厳しい結果であり、ステータス以外には得るものはない。
ここ数年出場機会が得られず忸怩たる思いをしてはおるが、経済面・選手面ではプラスであった。
とはいえ、このステータスもまた欲しい部分ではある。
このシーズン後、出場権は得られるのであろうか。
メリットはなくともやはり欲しいタイトルである。

エコノミー移動でも赤字、厳しい広告規制…「ACL出場はコストが利益を上回る」FIFPROアジアが50ページに及ぶ分析レポート公表
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク