fc2ブログ

鹿島のボランチはJ1屈指の内部競争

鹿島アントラーズに於けるボランチのポジション争いについて記すサッカー批評Webの河治良幸氏である。
「鹿島のボランチはJ1屈指の内部競争になりつつある」と綴る。
シーズンイン時のボランチは、柴崎岳主将と佐野海舟を軸に舩橋佑、樋口雄太、名古新太郎で回す陣容であったように見えた。
しかしながら、キャンプを開始した直後に、海舟が日本代表・アジア杯で不在であることに加え、岳が負傷するというアクシデントに見舞われた。
一時的な起用で知念慶をコンバートしたところ、意外にハマり、レギュラーに据えられた。
その後、舩橋が体調不良で戦列を離れ、岳はまた負傷離脱し、海舟もまた負傷して、ジュビロ磐田戦では土居聖真が起用された。
ここで聖真は素晴らしいパスを連発し、その起用に応えた。
また、ラドミル・ミロサヴリェヴィッチも緊急補強され、ボランチとしての起用が予想されておる。
河治氏が3/31の練習を取材したところ、海舟が練習復帰しておりジュビロ戦について「とても良かったと思いますし、いい崩しもたくさんあった。練習でやってることがすごく出せている」と言葉を引き出しておる。
また、ライコについては、「球際だったり、そこの部分が特長なのかなというふうには思いました。そこからのシュートもインパクト強いものを持っている」とのこと。
海舟の復帰に加えて多士済々なボランチ陣が揃った事が伝わってくる。
明日の福岡戦に海舟が間に合うのか、またFC東京戦には登録されるライコはいきなり起用されるのか。
鹿島アントラーズのボランチはまさにホットゾーンである。

【J1鹿島のボランチが熱い。土居聖真と佐野海舟の言葉から読み解く競争の構図(1)】磐田戦の1−0勝利を支えたボランチ・土居聖真のビジョン……J1屈指の内部競争

【J1鹿島のボランチが熱い。土居聖真と佐野海舟の言葉から読み解く競争の構図(2)】土居聖真もボランチのライバル&相棒に……佐野海舟が持つチーム内での危機意識



App Store / Google Play で今すぐインストール!

ラドミル・ミロサヴリェヴィッチ、チームを第一優先に

アビスパ福岡戦に向けてオンライン取材に応じたラドミル・ミロサヴリェヴィッチ である。
「鹿島のホームの試合を見ることができた。スタジアムの雰囲気は素晴らしかった。ここに来て良かったと実感した」と前節・ジュビロ磐田戦をスタジアムにて観戦したことを明かす。
特にこの試合はサポーターの熱量が高くライコにもその様が強く印象づけられた模様。
そしてポポヴィッチ監督とのことについて、「監督との信頼関係もあったことも1つ。いろんな監督と仕事をしたが、ポポビッチ監督と一番、相性が合った。彼が求めているサッカーと自分の特長が合致し、今までで、一番信頼関係が築けた監督」と賞賛する。
今後共に働く上司を悪く言うはずはないが、ここまでの信頼関係があるからこそ、こうして移籍期間スレスレで来日した
と考えて良かろう。
また、自身については、「選手としての特長は? と聞かれたら、自分のキャリアを振り返ってみても個人の数字をこだわったことがない。まずチームが優先。チームのために100%出すことが私の良さだと思っている」とのこと。
フォアザチームを体現してくれよう。
こうした選手が在籍することの重みはよくわかっておる。
今週中に登録が完了する見込みで、早ければ4月7日のFC東京戦にてお披露目される。
非常に楽しみである。

【鹿島】新戦力MFラドミル・ミロサヴリェヴィッチが明かす加入の決め手。「チャレンジしたいという強い意志があった」

【鹿島】”ライコ”ラドミル・ミロサヴリェヴィッチが記者会見で決意。『KASHIMA』に強い関心を示したポポヴィッチ監督との面談

【鹿島】ポポビッチ監督の教え子で新加入のMFミロサブレェビッチ「早く順応」愛称は「ライコ」

鹿島新加入MFミロサブリェビッチ「チームを第一優先に」ポポ監督と再タッグ結成



App Store / Google Play で今すぐインストール!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク