fc2ブログ

垣田裕暉、ゴール前に入っていいところでボールに触りたい

垣田裕暉を取材したスポーツニッポンである。
FC東京戦にて結果を出し続けておることを伝える。
前所属のサガン鳥栖時代から数えて2022年から3試合連続ゴール中とのこと。
これについて垣田は、「強いチームなので運良く取れただけかもしれない」と謙虚に話す。
"徳"を持った選手であることが伝わってくる。
更に、「みんなに勇気を与えるようなフレッシュなプレーをできるのが自分の良さでもある。そういった部分は忘れずにやっていきたい」とゴールだけが貢献ではないこともわかっておる。
鹿島らしいFWということがよくわかる。
献身性が素晴らしい。
次戦・FC東京戦は、出場すればJリーグ通算100試合の節目となる。
是非とも出場して勝利に貢献してほしいもの。
「100試合目も何試合目も自分の中では変わらない。チャンスが来たらいい準備をして、できることをやりたい」と平常心で挑む。
心に秘めた闘争心にてチームに活気を。
応援しておる。

“FC東京キラー”の鹿島FW垣田裕暉「チャンスが来たらいい準備を」今季初ゴール狙う



App Store / Google Play で今すぐインストール!

知念慶、こういう舞台で結果を出すのがアントラーズ

FC東京戦に向けてオンライン取材に応じた知念慶である。
「福岡戦は、前半特に消極的で前への意識が低かったので、次はアグレッシブに自分たちらしい攻撃的なサッカーを見せたいです」と意気込みを語る。
更に「前節は各駅停車のようなパスが多く相手も守りやすかったと思うので、次はしっかり動きながら相手を崩していこうということを(ポポヴィッチ)監督も言っています。みんなが止まって受けるのではなく、動きながら自分たちらしく3人目がかかわっていくような攻撃を見せられればと思います」と戦術的なコメントもする。
ポポヴィッチ監督が求める動きが伝わってくるようである。
その出し手は知念ということとなろう。
また対戦相手のFC東京については、「しっかりと後ろからつないでくるチーム。サイドに早いアタッカーがいて、すごく相手にとってやりづらいチーム。自分たちは守備の部分では強度を出して、福岡戦も決定機といえる場面はほぼ作られていなかったので、守備の部分では継続して強く行き、ブロックを敷く時は敷いて、コミュニケーションを取りながら守っていければと思います。相手のポゼッションに対し、受けるだけではなく、アグレッシブに前から行ければと思います」と分析されており、前からのプレスが敢行される模様。
その為には後ろも連動する必要があり、そのスイッチも知念が押す必要があろう。
まさにキーマン。
連覇の許されぬこの試合にて結果を出す。
注目である。

【鹿島】7日のアウェーFC東京戦、国立のピッチで勝利を目指す知念慶。「こういう舞台で結果を出すのがアントラーズ」

【鹿島】FC東京との国立決戦へ知念慶「こうした舞台で結果を出すのがアントラーズ。全員で高い熱量を持って試合に入りたい」

鹿島・知念「全員が高い熱量で試合に入ることは間違いない」7日FC東京戦で前節の反省生かす



App Store / Google Play で今すぐインストール!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク