fc2ブログ

Jリーグ 第7節 FC東京戦



ライコほろ苦デビュー。

濃野公人~苦悩と奮闘の記録~



濃野公人の大学時代のドキュメンタリーを配信した関西学院大学競技スポーツ局である。
濃野の苦悩と挫折、そして成功が伝わってくる。
その中でコンバートの関する考え方を切り替えたエピが心に響いた。
だからこそ、右SBとして鹿島アントラーズFCのレギュラーに定着したのだ。
強い気持ちを持つ濃野公人を更に応援したくなった。
期待しておる。



App Store / Google Play で今すぐインストール!

ポポヴィッチ監督、鹿島ファミリーの強さを見せたい

FC東京戦に向けた前日会見をオンラインにて行ったポポヴィッチ監督である。
「FC東京のサッカーには非常に大きなリスペクトをしています。ピーター(クラモフスキー)監督は日本での経験が長く、また個の能力が際立っている選手が多くいます」とリスペクトする。
またメンバー選考の基準を「クオリティーとコンディション」と言い切った指揮官は「(国立の)5、6万人の前でサッカーをやる上で疲れは理由にならない」と言うように、ほぼ変わらぬスタメンで挑むこととなろう。
これはポポヴィッチ流である。
「我々は精神的なタフさを備えているチーム。思い出してほしいんですけれど、鹿島がタイトルを取り続けていたときはどうだったか。多少の疲労があったとしても戦い切ったからこそ、タイトルを取れたんじゃないですかね」と鹿島がタイトルを獲り続けた頃の基準であるという。
これには納得。
金太郎アメのように同じメンバーで同じように勝ち、そしてタイトルを得た。
今回も同じメンバーで同じように勝っていくことを想定する。
強い気持ちで勝利を掴む。
重要な一戦である。

【鹿島】連敗阻止へ、必勝を期す国立でのアウェーFC東京戦。ランコ・ポポヴィッチ監督「鹿島ファミリーの強さを見せたい」

【鹿島】ポポヴィッチ監督がFC東京戦へ「より賢く、よりスピーディに、より強く」。

【鹿島】ポポビッチ監督、国立のFC東京戦に「サポーターに感謝を返す」敵地で敗れたリベンジへ

鹿島ポポヴィッチ監督 中3日続くも「疲れは理由にならない」あすFC東京戦



App Store / Google Play で今すぐインストール!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク