fc2ブログ

得点力不足という最初の難局、ポポヴィッチ鹿島はなぜ点を取れないのか

FC東京戦を取材しサッカー批評Webに寄稿した元川悦子女史である。
鹿島アントラーズの得点力不足について記す。
「もともと本職でない知念慶と守備職人の佐野というボランチコンビだと、効果的なタテパスがなかなか入らないのも1つの事実」とボランチがキーパスを出せぬ事を理由に挙げる。
ここで海舟が"守備職人"ということには異論がある。
ボール奪取能力に長けるMFではあるが、そこから攻め上がるところに特徴が有る選手であり、必ずしも守備専任ではない。
このあたりの見方がもう古いライターのように感じさせられる。
もう少しサッカーという球技を知って欲しい。
ただ、ボランチから効果的なパスが出るようになれば、大きく改善されるであろう。
やはり、柴崎岳主将の復帰が心待ちにされる。
また、「彼と組むトップ下が試合毎に変わっている。今回の3連戦で言えば、ジュビロ磐田戦が名古新太郎、福岡戦が土居、FC東京戦が樋口雄太と全て異なっている」と記しておる。
ここで福岡戦のトップ下はキックオフ直後こそ聖真が務めておったが、出場時間のほとんどを名古が担っておった。
ここも試合を観ておらぬ事を露呈した。
ライターとして全試合分析してこそなのではなかろうか。
非常に残念に感じさせられる。
フットボールチャンネルの記事ではターンオーバーを推奨しておきながら、こちらの記事ではトップ下が固定できなかったことを指摘している。
問題提起でPVを稼ごうという意図が見えて悲しくなってくる。
確かに連敗中のチームには何かしら問題があるように思える。
それを指摘することでそれを望むファンには記事として受け入れられよう。
しかしながら、それはきちんと試合を分析し、サッカーに関する深い理解を示してこそ。
このような内容は決して受け入れられぬ。
この連敗、どちらも理由は同じようで異なる。
ただ、チームとしての熟成度が足りぬところがあり、弱点を突かれた。
そこをどう改善していくかに興味が向かう。
周囲の雑音に振り回されず、強いチームを構築していって欲しい。
それが進む道である。

【得点力不足という最初の難局。ポポヴィッチ鹿島はなぜ点を取れないのか (1)】鈴木優磨も2試合シュートゼロ。土居聖真が「受け手の欲しいタイミングから2個3個…」と説く“改善点”

【得点力不足という最初の難局。ポポヴィッチ鹿島はなぜ点を取れないのか (2)】土居聖真が感じる常勝時代との違いとは……柴崎岳、遠藤康、小笠原満男を例に出して話したこと



App Store / Google Play で今すぐインストール!

鹿島アントラーズ、屈辱的な連敗の理由

FC東京戦を取材したフットボールチャンネルの元川悦子女史である。
試合後のコメントを軸に、町田ゼルビア時代のポポヴィッチ監督の言葉を引き合いにして記事にしておる。
「3試合を通して見ると、変化を加えたのは2列目の組み合わせだけ。最前線の鈴木優磨とボランチより後ろは全て同じで、選手たちの疲労が気がかりだった」と記した上で、町田時代に選手激固定であったこともあって、「この日の鹿島はチーム走行距離・スプリント回数といったデータ面でもFC東京を下回っている。今後は大型連休の連戦も控えるだけに、チームの幅を広げていかなければいけないのは確かだろう」と綴る。
データ上、運動量が低かったのは連戦で選手を入れ替えなかった為との分析と受け取れる。
個人的にはこれには異論を唱えたい。
そもそもが運動量で勝負する戦術を採っていないのが今季のポポヴィッチサッカーと観ておる。
コロコロと替えれば良いというものではない。
この試合は攻め込み前掛かりになったところで、不用意なボールロストから守備構築する前に決めきられて敗戦した。
ここがこのチームの問題点のように思える。
押し込んでフィニッシュを目指しておるのだ。
そこの精度を欠いたのは疲労の類いではないように思う。
この試合からチャヴリッチを右に回し、優磨に自由を与えた事からも、優磨が流れ、チャヴリッチがゴール前に入る構想を持っておったように受け取れた。
これが付け刃にて機能せず零封負けであったのではなかろうか。
まだ完全にチームが出来ておらぬように思う。
監督コメントからは、この戦術はもう少し熟成させていくように思える。
その為にはトップ下と左サイドの位置取りが重要であり、人選も含めてもう少し時間がかかるのではなかろうか。
いずれにせよ、移籍ウィンドウが閉じた今は、所属する選手で構築していくこととなる。
単にターンオーバーすることが目的になってはならぬ。
より良い戦術で勝ちきれるようになっていくことが肝要。
次戦こそが重要である。

「すごく腹立たしい」鹿島アントラーズ、屈辱的な連敗の理由。相手から「キツそうだった」と言われてしまう現状【コラム】



App Store / Google Play で今すぐインストール!

報知新聞 FC東京戦寸評

報知新聞の岡島記者によるFC東京戦の寸評である。
惨敗に酷い評点が並ぶ。
その中でマシな評価は佐野海舟であろうか。
「誰がどう見ても日本代表選手の動き。だからこそ、勝つならば、勝たせるならば「ここ」だったかもしれない」。
ただ海舟一人で処理に導けるほどJリーグは甘くはない。
しかしながら、無得点複数失点という結果からこのような採点になったが、一つ歯車が噛み合えば、全く異なったものとなっていたであろう。
樋口への「もし先制していたら、きっと頼りになるプレーを90分間していただろう。ただ先制できない時間が長く続くほどに、役不足感が出てきてしまう」という寸評や、仲間の「味方との距離感は良かったものの「近いけど遠い」場面が多く実効性に欠けた」は、結果からこうなったと言わんばかりである。
そして、「FW鈴木優磨【5・0】2試合連続シュート0本。誰がトップに入るにしろ、チームとしてストライカーポジションに入った選手をどう生かすのか、工夫が必要」については特筆したい。
福岡戦、FC東京戦と、また優磨がボールを持ちチャンスメイクする姿を多く見るようなった。
それが試合結果に直結したように感じておる。
センターFW問題をポポヴィッチ監督は解決できなかったということなのであろうか。
過密日程で、選手をコントロールできずに終えたのか。
いずれにせよ、この問題を解決できないのであれば、今季のタイトルは遠のく。
クラブを挙げての問題解決を望む。
重要課題である。

【採点&寸評】鹿島、1点が遠く…痛恨の連敗で8位後退 2戦連続無得点&今季初複数失点に低評価並ぶ



App Store / Google Play で今すぐインストール!

FC東京戦コメント

「非常に後味の悪い試合となった」と語る指揮官である。
勝てた試合をミスから失点して結果的には惨敗の様相とあっては怒りを抑える術はない。
ここは素直に感情を言葉にして良いと思われる。
「最後の質が伴わなければ、得点にはつながっていかない。そこは我々の課題だと捉えている」とハッキリ問題点を言う。
どのようにクオリティを上げるか、手腕を発揮して貰うところ。
またチャッキーについては、「チャヴリッチが本来1番得意なポジションは今日のポジション」、「チャヴリッチが1番危険なプレーができるのはゴールに背を向けている時ではなく、ゴールへ向かっている時」と言う。
今後も右サイドでの起用が中心となって行くであろう。
そこは見ものである。
樋口は、「最後の質の差だったと思う。感覚的には悪くなかったし、シュートまで行ける回数が相手よりも多かった中で、そこでひとつ取り切れればというところだった。決定力の差だと思う」、優磨は、「最後の精度の部分。最後のパスや最後のシュートが良くなければ、点を取ることはできない。そこの質は、自分も含めて、もっと上げていく必要があると思っている」と振り返る。
最後の精度を欠いては勝ちようがない。
ここは優磨も樋口も担っておるだけに反省一入となる。
練習に練習を重ね。決定力を上げていって貰いたい。
そして仲間は、「もっとリスクマネジメントだったり、みんなで右サイドの裏を意識して守らないといけなかったけど、自分たちの位置を優先してしまった」と言う。
今季、勝ち点を失った試合が全て右サイドを攻略されておる。
それはチームに共有されており、対策は講じられておることが伝わる。
しかしながら、サッカーは90分という長時間であり、どうしてもポジションがズレる瞬間は防げぬ。
攻撃的すぎたところで、やられたのがこのFC東京戦であった。
次は決めきって勝利したい。
重要である。

2024明治安田J1リーグ 第7節

[ ランコ ポポヴィッチ監督 ]

明治安田J1リーグ 第7節
2024年4月7日(日)17:03KO
国立競技場




App Store / Google Play で今すぐインストール!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク