fc2ブログ

師岡柊生、ガッツ溢れるタックル



師岡柊生をピックアップする鹿島アントラーズ公式Xアカウントである。
ガッツリとスライディングタックルを行っておる。
練習から気持ちがこもっておることが伝わる。
そろそろ出番ではなかろうか。
PSM水戸戦ではサイド起用であったが、本来のFWにて起用されるべき選手である。
優磨の相棒として名告りを上げるのだ。
注目のFWである。



App Store / Google Play で今すぐインストール!

鈴木優磨、早く自分の中で見つけないと

鈴木優磨を取材したスポーツニッポンである。
連敗という結果に、「我慢の時期かなと思う」と言い、更に「(ボールを)運べてはいるし良くなっている部分はあるけど、最終的なところで相手に危険を与えているかと言ったら、まだそこまでのチームではない」と現状を語る。
「自分たちがきれいにやろうとするのはいいかもしれないけど、もう少し大胆さがあってもいいかな」という言葉に打破すべき点への気持ちがこもる。
そして、「今は監督が求めることと自分の(やりたいことの)中間の部分を探している最中。どこまでが許容されるのか、自分の中で毎試合少しずつ変えている部分はある」と模索しておることがわかる。
また、「FWが点を取れるときは、パターンが何個かできてくるというのが自分の中にある。それが今年はまだつかめていない。早く自分の中で見つけないといけない」、「監督が言うことは間違っていないので、そこにアレンジを加えながらやっていかないと、点を取れるサイクルに入っていかない」という言葉にやれることを考慮中であることが伝わってくる。
色々と悩みもある様子。
とはいえ、すぐに次の試合がやってくる。
1トップを担う以上、最初のアクションは優磨が起こす。
それを2列目以降の選手が呼応して攻撃を司っていくのだ。
前にいないならいないなりにそこに飛び込む選手が誰なのかを突き詰めていくことこそが肝要。
簡単ではないが、優磨を軸としたチームを熟成させることが今求められておる。
その片鱗が次節・京都戦にて観られることを期待する。
楽しみにしてスタジアムに向かう。
攻撃のカタチである。

得点力不足の鹿島 FW鈴木優磨が明かす試行錯誤「パターンはできてくる。早く自分の中で見つけないと」



App Store / Google Play で今すぐインストール!

鹿島の新助っ人“ライコ”のポポヴィッチ評

ラドミル・ミロサヴリェヴィッチについて語ったポポヴィッチ監督である。
FC東京戦後のコメントよりライコの選手としての評価が伝えられた。
「ライコは決して(柴崎)岳みたいに高いパステクニックがあるタイプではない。ただ、チームにこういう選手がいてほしいと思わせてくれる存在です」と重要性を語り、「(佐野)海舟に似ていて、黙々と自分のタスクをこなすタイプ」、「チームのために戦えて、貢献度は非常に高い選手。ともに働くすべての人々から愛されるキャラクターでもある」と続ける。
巧さはないが、いて欲しいところにポジションを取り、丁寧なパスを送る選手のように受け取れる。
夏の欧州移籍が確実視される海舟の後釜と考えて良かろう。
また、「一緒に仕事をしたのは4か月くらい」、「ずっと一緒に働いてきたんじゃないかというぐらいの信頼関係を築けた」という言葉からかなり重用されることが想定される。
Jリーグの"速さ"に対応出来れば面白い存在となろう。
ただ、今のチームは柴崎岳主将復帰待ちであることも強く感じさせられた。
一刻も早くピッチに戻ってきて欲しい。
今季のチーム、最後のピースは柴崎岳である。

岳とは違う、海舟に似ていて...鹿島の新助っ人“ライコ”のポポヴィッチ評「チームにいてほしいと思わせてくれる存在」



App Store / Google Play で今すぐインストール!

本山雅志AS、一番のエゴイストはマルキーニョス

映画「劇場版ブルーロック-EPISODE凪-」の公開イベントに登壇した本山雅志ASと宮本恒靖JFA会長、佐藤寿人氏、久保竜彦氏である。
エゴイストなストライカーを集めて蠱毒として最強の日本代表を造るという荒唐無稽なこのマンガは自分には合わなかったが、人気があるらしい。
その"エゴイスト"という部分について問われ本山は、「何人かの監督から『エゴイスト』と言われたことはありますね。ドリブル好きで全員を抜きたいくらい。でも、一番のエゴイストはマルキーニョス選手、常にゴールを狙って、エゴイストというか、得点を取ってくれるんでチームとしては助かりました。なので、自分は違います」とコメントする。
自身のことを語りつつも、マルキーニョスの名を挙げた。
三連覇時のストライカーとしてかなり強引なシュートを放っており、確かに鹿島アントラーズに於いて珍しい"エゴイスト"であったようにも思う。
しかしながら、あれだけの献身性を見せつけられ、そして決定力を見せられては、誰も"エゴイスト"などと言うことはなかった。
マルキが退団して13年が経ったが、マルキのような助っ人に幻想を抱かずに入られぬ所。
ただあの時代であったから4年もの長期間、日本に在籍してくれただけで、今の時代はあれだけの結果を出せば海外に流出するであろう。
本山雅志ASの選ぶ「最強エゴイスト」・マルキーニョスの思い出に浸る朝である。

宮本恒靖会長、本山雅志氏が選ぶ最強エゴイストは誰!?「劇場版ブルーロック」名言にちなみ語る



App Store / Google Play で今すぐインストール!

U-23日本代表・山田大樹、みんなで協力してコミュニケーションを取っていって



U-23日本代表の山田大樹のコメントをポストしたサッカー日本代表Xアカウントである。
山田の気持ちが素直に伝わってくる。
このグループでの立ち位置を十二分にわかっておる。
コミュニケーション能力が買われての招集と終えよう。
是非ともこのチームにてパリ五輪出場権を得て帰ってきて欲しい。
重要なミッションである。



App Store / Google Play で今すぐインストール!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク