fc2ブログ

レイラック滋賀・久保田和音、試合開始直後の先制弾



FCマルヤス岡崎戦にて先制ゴールを決めたレイラック滋賀の久保田和音である。
試合開始1分での得点である。
流石はこのレベルでは別格となる。
世代別代表10番の実力は素晴らしい。
この活躍を継続させJリーグに導くのだ。
注目しておる。

U-23日本代表・山田大樹、僕とタロウでつなげていきたい

U-23日本代表の山田大樹を取材したゲキサカの石川祐介記者である。
今回の招集については、「当日の朝に僕は知りました」と言う。
それほどに唐突であった。
そして「このチーム(鹿島アントラーズ)で結果を残すということをずっと考えていた。もちろん代表やオリンピックも頭にはあった。だけど、それをちょっと忘れていたくらいだったので、まったく準備はしてなかった」と驚きを言葉にする。
ただこの選出でクラブ内での評価も上がったことであろう。
そして、染野、荒木、松村の同期4人に対して、「そのときの調子だったり、活躍次第で入る入らないだったり、そのときのメンバーの兼ね合いだったりということは色々ある」、「できるならば全員で入りたい」と本音を語る。
世代別代表は、今回を勝ち抜いた先のパリ五輪で終わる。
4人同時となるとフル代表となろう。
その可能性は十分にある。
北米W杯を目指して進むのだ。
注目しておる。

鹿島同期4人でのパリ五輪行きを望む…山田大樹「僕とタロウでつなげていきたい」

東京ヴェルディ・染野唯月、スーペル・ボレー



ゴラッソなボレーを決めた東京ヴェルディの染野唯月である。
染野のミートの巧さが見て取れる。
フリーになる動きも素晴らしい。
この得点力は喉から手が出るほどに欲しい。
チャヴリッチのサイド起用、知念ののボランチ転向でセンターFWが不足しておる今の鹿島にピッタリのピースではなかろうか。
とはいえ、それは無いものねだりであろう。
染野は今季、ヴェルディの核としてゴールを積み重ねる。
それが誰にとっても幸せなのである。
ただ来季は別と言えよう。
アカデミー出身のストライカーはきちんと手元に置くべき。
それを強く意思表示する。
鹿島アントラーズFCの育成力である。

藤井智也、監督から強気にいけと言われて送り出された

京都戦を取材したスポーツニッポンの坂本寛人記者である。
Jリーグ100試合出場の藤井智也にスポットを当てる。
「監督から強気にいけと言われて送り出されたので、迷いなくいけた」と先発起用され、その意気込みが前半からプレーに表れた。
切り返してのシュートあり縦への突破ありでサイドを蹂躙した。
この試合、藤井の特長が強く表れておった。
そして、坂本寛人記者は福岡戦にてベンチ外になった後のエピソードを記す。
「ポポヴィッチ監督から個別に呼ばれた。「サッカー選手として、あなたの価値は少しも出ていない」。ドリブル後のクロスやシュートの精度に目を向けるあまり、本来の積極性が消えていた。「精度を上げるためのボールの置き方とかを考えた結果、いけなくなったことが多かった。でも数を打てば当たるので。どんどんその確率が上がっていけば、より怖い選手になれる」と藤井は言う。冷静に自分を見つめ直すと、開き直ることができた」とのこと。
ポポヴィッチ監督のアツい指導が藤井に伝わったように感じさせられる。。
それがプレーに現れFC東京戦の途中出場での積極性、そしてこの京都戦での驚異のスプリント33回となった。
武器を活かしてこそ。
藤井はポポヴィッチ監督の指導の下、更に才能を開花させるであろう。
楽しみである。

鹿島MF藤井智也 J1通算100試合目で行き着いた開き直りの境地「僕はあれでいいかなって」

報知新聞 京都戦寸評

報知新聞の岡島記者による京都戦の寸評である。
辛勝にも良い評価が並ぶ。
その中で濃野、関川に最高評点が与えられた。
「DF濃野公人【7・0】「頭はクールに心は熱く」をここまで体現できる選手はなかなかいない。バー直撃にもめげず、果敢に攻め上がって決勝点。MOM」と大絶賛である。
鹿島のSBらしさが強く表れてきた。
非常に頼もしい。
関川には、「高い打点で折り返して決勝点アシスト。それよりも嬉しいのは無失点か」と零封を讃える。
この日のDF陣は非常に安定しておった。
また、「MF藤井智也【6・0】スプリント数両軍トップの33回。ゴールやアシストの数字も欲しいが「運び屋」としての貢献は大」と藤井のスプリント数を伝える。
この数字は驚異と言えよう。
この武器を更に磨いていって貰いたい。
そして、「FW鈴木優磨【6・0】1トップ時はストライカーポジションで時を待ち、2トップ移行後は奔放さを出して好機を増やす。どちらがいい悪いではなく、1人で数オプションを引き出せるスペシャル性をチームとしてどう生かすか、ということ」と優磨について記すように、ポポヴィッチ監督が優磨をセンターFWとしてプレーさせることは出来ておった。
ここが昨季の指揮官とは異なるところ。
全般に見てみると攻撃陣の評が低めとなった。
これは前節に続いてのチャヴリッチを右に起用した弊害のように思える。
左に置いた藤井は切り返してのシュートありとなり好印象であったが最後の精度を欠いた。
後半からチャヴリッチが左に入り、やはり安西とのコンビネーションが良かった。
藤井と濃野も良い連携を見せたので、こちらの形の方が良いように思える。
「ポポヴィッチ監督【6・5】チャブリッチのトップ移行で流れを呼び込む。連敗こそしていたが、チームとして「できること」は徐々に増えている」と指揮官の評は高い。
これは交代ではなく選手配置の変更で勝利を引き込んだ手腕を評価しての採点であろう。
これも昨年はなかったこと。
非常に興味深い。
次戦以降もこの采配で勝利を掴み取っていきたい。
楽しみである。

【採点&寸評】鹿島連敗ストップ、2トップ変更で流れグイッと 決勝点のDFが文句なしMOM

京都戦コメント

「攻守においてチーム一体となって戦えた」と試合を振り返った指揮官である。
大声援の応援の下、強い鹿島を再現させられた。
非常に満足度が高い。
そして結果を出した濃野について問われると、「私の試合前の彼への評価と、今日の試合後からの評価は変わることはない」と言い切る。
決勝ゴールを決めたからといってストライカーとして起用することはない。
ゲームメイクに絡むSBとして重用していくということであろう。
その濃野は、「今日は試合前から得点やアシストへの思いが強かったので、ゴールという形でチームの勝利に貢献できてホッとしている」と素直な気持ちを口にする。
ここまで結果がついてこず、モヤモヤしておったことが伝わる。
アシスト未遂こそ幾つかあったが、こうして決勝ゴールとなると、喜びは一入である。
その決勝ゴールの起点となった師岡は、「ゴール前を見たら郁万が見えたので、高いボールを送った。これからも出場のチャンスをつかむために日々の練習からしっかりと取り組んでいきたい」と言う。
こうも結果を出すと、この先も期待せざるを得ない。
この試合での師岡にはプレーに迷いがなかった。
これが師岡の特長であろう。
今後更に重用されていくように思う。
その師岡からのボールをオトした関川は、「師岡と目が合い、手を挙げた瞬間にボールが来たので、ヘディングで良い場所にボールを落とすことを心掛けた」という。
これぞアイコンタクト。
幼少期に共にプレーしたことがここで発揮された。
心痺れた瞬間である。
関川のセクシープレーに今後も期待大である。

2024明治安田J1リーグ 第8節

[ ランコ ポポヴィッチ監督 ]

明治安田J1リーグ 第8節
2024年4月13日(土)15:03KO
県立カシマサッカースタジアム
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク