fc2ブログ

厳しい条件下でも勝利を目指す鹿島、勝利への強い気持ちが問われる一戦だ

「鹿島にとっては厳しい条件下での試合になるのは間違いないだろう」と記すJリーグ公式の杉山文宣氏によるプレビューである。
ミッドウィークにルヴァン杯を戦った鹿島に対して休養十分な鳥栖という条件となる。
中二日にて東北から九州という強行日程は非常に厳しい。
ルヴァン杯・八戸戦では主軸をほぼ起用することとなった上に延長を戦うこととなった。
がしかし、この苦難を乗り越えてこそのチームと信じる。
またいずれ挑戦するアジアの戦いではもっと厳しい日程がある。
その前哨戦と考えてもよいはず。
この程度で星を落とすようなことはあってはならぬ。
強い気持ちで戦い、勝ち点を得るのだ。
注目の一戦である。

「少しずつ変わってきている」鳥栖。苦境を脱するための1勝を挙げられるか

八戸戦コメント

「まず言えることは、プラン通りではなかったということ」、「ゴールシーン以外にもチャンスはつくれていた。あとは決めるだけだった」と語る指揮官である。
辛勝となり、あたりの強い守備に苦戦したこともあり、想定外であったことは事実であるが、惜しかったシュートシーンは幾つもあった。
ただ不運があったように感じられる。
そうした状況でも逆転したことは評価すべきと思う。
昨年はこうした試合の状況が変わらず、試合終了の笛を聞くばかりであった。
また、同点弾の安西は、「この結果は不甲斐ない。ただ、勝つことができたのは良かったと思う。誰が出てもしっかりと勝てるようにしていかなければいけない」と反省しきり。
サブ組に奮起を語る。
ただ試合を難しくしたのは、レギュラーの濃野のパスミスからの失点と退場であった。
ここをどう捉えるかという部分がこの試合の評価ではなかろうか。
あそこでリスキーなパスを狙ったことは、やはりルーキーの焦りと言うべきか。
通常ならば何も起こらない状況で失点に繋がったことを経験として成長して貰いたい。
退場は完全に誤審である。
こういうこともありうるので、それも含めて経験だったと濃野には感じて貰うしかない。
そして、逆転弾の知念は、「優磨が競ったときにこぼれてくる感じがしたので、相手より早く反応できたのが良かったです」とゴールシーンを振り返る。
流石は本職FWと言ったところ。
かなりスーペルなボランチに仕上がってきた。
助っ人ボランチが今一歩フィットしておらぬ状況では、知念に八面六臂の活躍を望む以外にない。
また関川は、「新加入選手と練習はしているけど、すり合わせという部分では一緒にやっている回数はあまりないし、連戦で時間も取れていない。難しい中での試合運びでした」とメンバーが替わったところでの難しさを語る。
守備的にはさほど問題は無かったように見えたが、攻撃が機能不全であった。
前半で交代させられた3人を戦犯に挙げたい声も聞くが、単にライコがまだJリーグに慣れていないためのように思う。
ここは助っ人が悩む部分である。
この忙しないサッカーをどう受け入れていくかが大事な部分と言えよう。
過密日程の中日にこのような消耗する試合をしたことは少々残念ではあったが、今後も過密日程はある。
それを乗り越えていく経験だったと受け止める。
次なる対戦相手はリーグ戦にて敗れた町田となった。
更なる過密日程であり、濃野が出場停止となる。
この苦難を乗り越えてカップウイナーを目指す。
重要な戦いである。

2024JリーグYBCルヴァンカップ 1stラウンド 2回戦

[ ランコ ポポヴィッチ監督 ]

JリーグYBCルヴァンカップ 1stラウンド 第2回戦
2024年4月17日(水)18:33KO
プライフーズスタジアム
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク