fc2ブログ

アグレミーナ浜松・笠井、サッカーを始めた時の気持ちを忘れるな

W杯日本代表にエール アグレミーナ・笠井選手
2014年6月15日


ブラジルでのプロ経験を土台にプレーを続けるアグレミーナ浜松の笠井健太選手=浜松市東区和田町の浜松アリーナで

 サッカーワールドカップ(W杯)が開かれているブラジルでプロとして活躍した選手が、フットサルのアグレミーナ浜松にいる。元Jリーガーの笠井健太選手(28)=浜松市中区。自身がブラジル大会に出場する夢はかなえられなかったが、「とにかく目立ってこい」と日本代表選手にエールを送る。
 菊川市出身の笠井選手は中学生のころ、地元のブラジル料理店で出会った日系ブラジル人の男性を通じ、サッカーの神様と呼ばれる元ブラジル代表のペレ氏に「どうしたらサッカーがうまくなるの」と英語で手紙を書いた。ペレ氏からは「ブラジルにおいでよ」と気さくな返事が返ってきた。
 中学三年の時にペレ氏がプレーしたサントスFCの下部組織に一カ月間サッカー留学した。チームメートには、後にブラジル代表まで上り詰め、現在はイタリアセリエAで活躍するロビーニョ選手(ACミラン)がいた。この時の刺激が忘れられず、進学した袋井高校を二年で中退して、再びサントスFCの下部組織に入団した。当時は全くの無名。「サッカーが好きという思いだけだった」と振り返る。
 二年半の経験を積み、パウリスタ(サンパウロ州)でプロ契約にこぎつけた。もともとフォワードだったポジションをトップ下、ボランチ、サイドバックと次々に変えるがむしゃらさで、試合に出続けた。
 二〇〇八年に帰国しJリーグの鹿島アントラーズに入団。ひざのけがもあり、一二年からアグレミーナでプレーしている。ブラジルで一流選手に出会うと「うまいやつはいくらでもいる。大事なのは人間性。サッカーを始めた時の気持ちを忘れるな」と助言された。逆境でも楽しむことを忘れないブラジルで身につけた姿勢で、昨年はフットサルの日本代表候補になった。
 W杯日本代表の伊野波雅彦選手(28)=ジュビロ磐田=は、鹿島の同期入団。伊野波選手がクロアチアでプレーした際は、自身が鹿島を退団した直後だったこともあり、通訳として同行したほどの仲だ。「正直言って悔しいし、うらやましい」と明かしつつ、「一生に一度のつもりで頑張れ」と応援する。
(立石智保)


日本代表にエールを送るアグレミーナ浜松の笠井である。
プロサッカー選手として代表を目指しておった笠井は、今はフットサル選手として汗を流す。
それだけに、多くの気持ちはあろう。
特に鹿島同期入団の伊野波がメンバーに選出されたことについて「正直言って悔しいし、うらやましい」と語る。
それだけの想いが日本代表にはあるのだ。
多くの者共の気持ちを背負い、良い試合して欲しい。
勝敗について言葉を出したい気持ちもあるが、それ以上にピッチで戦える幸せを噛みしめるのだ。
日本代表の奮戦を笠井と同様に楽しみにしておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク