fc2ブログ

次にサッカー日本代表を率いて欲しい監督

日本代表監督に誰を?ベンゲル氏が1位
2014年6月26日

 産業能率大スポーツマネジメント研究所は26日、Jリーグサポーター3613人を対象に行った「次にサッカー日本代表を率いて欲しい監督」についての調査結果を発表した。海外編ではアーセナルのアーセン・ベンゲルが363票で1位、2位はチェルシーのジョゼ・モウリーニョで105票、3位はマンチェスターCのマヌエル・ペジェグリーニで97票だった。

 Jリーグ編では元名古屋のドラガン・ストイコビッチが250票で1位。2位は現名古屋の西野朗で126票、3位は鹿島のトニーニョ・セレーゾで92票、4位の広島の森保一で90票だった。


「次にサッカー日本代表を率いて欲しい監督」についての調査結果に於いて、Jリーグ編・第三位の票を集めたトニーニョ・セレーゾ監督である。
これは、高評価である。
トニーニョ・セレーゾ監督が率いる日本代表は観てみたいところ。
戦力が揃わぬ鹿島にて好位置を常にキープし、若手育成に手腕を発揮するトニーニョ・セレーゾが思いのままに選手を選出できる日本代表ではどのようなチームつくりをするのであろうか。
興味が尽きない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク