fc2ブログ

源、ガンバ・宇佐美への返答

[鹿島]「1対1になれば100%抜ける」という宇佐美の言葉を伝え聞いた昌子の答えとは?
 鹿島から柴崎岳に続き、昌子源と西大伍が日本代表に選出された。なかでも柴崎と昌子はともに”プラチナ世代”と形容された92年生まれ。そして、この年代を象徴する選手と言えば、今節対戦するG大阪の宇佐美貴史だ。

 ガンバJrユース時代にはチームメイトだった昌子。当時は宇佐美と同じFWでプレーし、そのあまりの技術の高さに「一生、かなわない」とサッカーから挫折しかけた。それだけに「選ばれなかったのは衝撃。ショック」と驚きを隠さなかった。「100%抜く」という宇佐美の言葉を伝え聞くと「100%抜かれるわ」と笑い、初めての対戦を心待ちにしていた。

 また、年代別代表で宇佐美とチームメイトだった柴崎もG大阪のエースFWに対しては特別な思いを持つ。
 「間違いなく、この年代でトップの選手。個人的には対戦するのは1回もないので楽しみ」

 これからの日本サッカーを担っていくのは間違いなくこの世代。優勝争いへの生き残りを懸けた舞台でどういうプレーを見せるのか楽しみだ。
(鹿島担当 田中滋)




ガンバの宇佐美との対戦を心待ちにする源である。
源がレギュラーポジションを得たのは今季からであり、アウェイでの対戦、ナビスコ杯には宇佐美は負傷にて出場しなかった。
今回が公式戦での初顔合わせとなる。
宇佐美は「1対1になれば100%抜ける」と豪語しており、源としても心中穏やかではないかと思っておった。
しかしながら、「100%抜かれるわ」と笑って流しておる。
このあたり、人間的な器で勝利したといったところ。
また、共にジュニアユースにてチームメイトだった宇佐美との対戦は思うところがある様子。
この対決を制し、優勝争いに名乗りを上げたい。
心強き我らがDFリーダーの奮起を楽しみにしておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク