fc2ブログ

秋田、昌子はストッパータイプ

リベロ麻也とストッパー昌子で相乗効果[2014年10月2日11時15分 紙面から]

 私の中で「最もセンターバックらしい」と思っていた選手が呼ばれた。DF昌子は、日本人のセンターバックの中では、最もバランスの取れた選手だと思っている。対人マークに強く、球際も激しい。ラインコントロールもビルドアップもそつなくこなす。吉田がリベロタイプなら、昌子はストッパータイプ。2人が組むことで、相乗効果が期待できる。

 9月の2試合(5日のウルグアイ戦、9日のベネズエラ戦)では、DFラインからのビルドアップミスが原因で、3度失点した。DF陣のミスは失点に直結する。今回、DFラインで新たに4人を加えたことは、テストの意味合いが強く、昌子は対人マークやヘディングをさらに磨くと、代表定着できるはずだ。

 センターバックの塩谷と両サイドバックの太田と西は攻撃参加を得意とする。守備的だった9月の2試合から、攻撃にも力を入れるという指揮官のメッセージが感じられる。アギーレ監督は「1月のアジア杯まで残るテストマッチは4試合」と言っているわけだから、DF4人は、自分の持ち味を出し切って代表に新たな引き出しを加えてほしい。(日刊スポーツ評論家)




昌子源の選出を「最もセンターバックらしい」と評する秋田である。
「最もバランスの取れた選手」言い切り、大絶賛しておる。
吉田を奥野に、源を秋田本人に重ねあわせておるように受け取れる。
しかしながら、源はストッパーと決め切るよりも、鹿島でのポジションでわかるように、ストッパーでありカバーリングにも優れ、スピードのある良きCBと言えよう。
秋田の希望する起用法になるか否かは、代表での練習を見てアギーレ監督が決定することとなる。
我らとしては源が青きユニを着て、相手を押さえ込む姿を観たいところ。
源の躍動を期待しようではないか。
楽しみである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク