fc2ブログ

仙台・野沢、あのシーンの悔しさの方が大きい

【J1:第32節 仙台 vs C大阪】試合終了後の各選手コメント(14.11.22)
11月22日(土) 2014 J1リーグ戦 第32節
仙台 3 - 3 C大阪 (17:04/ユアスタ/19,404人)
得点者:3' 野沢拓也(仙台)、17' 赤嶺真吾(仙台)、38' 杉本健勇(C大阪)、72' 永井龍(C大阪)、88' ハモンロペス(仙台)、90'+3 カカウ(C大阪)

●野沢拓也選手(仙台):
「今日は是が非でも勝点3を取らなければいけない試合でしたし、自分達が置かれている立場以上に相手がしっかり戦った結果、こういう状況を生んでしまったと思います。前半に相手が前から来るということは分かっていましたし、そういう状況におかれたチームが粘り強いということは感じました。自分達が2点を取ってからの戦い方を工夫し、全員がやらなければいけないと強く感じました」

Q:自身のゴールについて
「自分としてもいいかたちと思いました。ウイルソンの突破から、自分のところに転がってくるとある程度予想していましたし、あとは決めるだけでした。ウイルソンは素晴らしい選手ですし、帰ってきてくれたことでチームのみんながパワーアップした試合だったと思います」

Q:後半の戦い方について
「相手が前がかりできているぶん、僕たちも目的がはっきりしないまま終わってしまいました。ズルズルみんなが下がってしまった部分もありました。3点で満足することなく、今日の相手には5点、6点とたたみかけるチャンスもありましたし、そのなかで目的をはっきりしないまま同点にされたのは反省しなければいけません」

[ J1:第32節 仙台 vs C大阪 ]


残留に向け勝利が欲しい両チームは開始早々の3分、C大阪DFのクリアボールが野沢拓也に渡ると野沢は右足を振り抜いた。このシュートが決まりホーム仙台が先制点をあげた。

無念オフサイド…仙台ロスタイム幻のV弾 野沢「悔しさ大きい」
 仙台は3―3の後半ロスタイム、野沢の正確なFKから劇的な決勝点が生まれたかに思われたが、オフサイドの判定でゴールは幻に。「先制点は決めたが、あのシーンの悔しさの方が大きい」と野沢は苦笑した。

 2点を先行し、さらに後半43分にハモン・ロペスのミドルシュートで勝ち越しながら、仕留められなかった。渡辺監督は「展開からすれば、勝ち点3を取らなければいけない」と険しい表情だった。
[ 2014年11月23日 05:30 ]

仙台MF野沢が試合を優位に進める先制点!
14/11/23 10:50

[11.22 J1第32節 仙台3-3C大阪 ユアスタ]

 J1は22日、第32節を各地で行った。ユアテックスタジアム仙台ではベガルタ仙台とセレッソ大阪が対戦し、3-3の引き分けに終わった。


前半3分に先制点を挙げたMF野沢拓也


右クロスから右足で合わせた野沢


ゴール右隅に吸い込まれた


J1残留を争う試合を開始3分で動かした


その後もC大阪の脅威となり続けた


足もとの技術が高い野沢


この先制点も勝利には結びつかなかった




先制点を決めた仙台の野沢である。
右サイドからの折り返しのこぼれ球を綺麗に決めた。
野沢のシュートテクニックが冴えたゴールであった。
また、アディショナルタイムにはFKから素晴らしいアシストを演出したかに見えた。
この勝ち越し弾にてJ1残留を決めたかに思えたが、判定はオフサイド。
リプレイを見返したが微妙に思える。
高額助っ人で話題となったクラブを生きながらえそうとするJリーグの思惑でもあるのでは無いかと勘ぐってしまう。
それはそれとして、野沢の技術が光っておったことは嬉しい。
次節、野沢が勝利に導けば仙台のJ1残留が確定する。
野沢の活躍を応援しておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク