fc2ブログ

京都、悪の誘い

鹿島FW柳沢争奪戦は京都有利



川崎F対鹿島 前半、柳沢(右から2人目)はベンチから試合を見つめる

 鹿島FW柳沢敦(30)の獲得争奪戦で京都が有利な情勢であることが29日、分かった。移籍志願した柳沢に対し、現在までに京都と東京Vからオファー。京都は移籍志願が表面化する前から獲得を打診し、親会社の全面バックアップを受けて好条件を提示している。今季限りで引退したDF秋田が鹿島OBということもあり、サポート体制も整っている。この日、天皇杯の鹿島戦を視察した加藤監督は「(直接交渉は)天皇杯が終わってからになると思う」と話した。


 対する東京Vは直接交渉を目指して柱谷監督、ラモス・エグゼクティブディレクターがこれまでに電話で柳沢と数度会談。だがクラブ幹部は「29日に交渉? 会えなくなった。ラモスが電話をしても会ってもらえないということは、うまくいっていないということ」と難航していることを明かした。

[2007年12月30日9時7分 紙面から]


京都・加藤監督が柳沢を視察

 鹿島FW柳沢敦(30)の獲得を目指す京都・加藤久監督(51)が29日、鹿島―川崎戦を観戦。柳沢に先発の座を用意して直接交渉する考えを明かした。


 加藤監督は「ずば抜けた得点能力とポジショニング。まだまだやれるし、当然戦力としてとらえている。先発? もちろんそのつもりです」と明言した。天皇杯終了後に交渉に出馬する考えで「昇格したばかりだけど、これから上を目指していくチーム。若手にもいい刺激になる。ウチに来てほしい」とラブコール。

(2007年12月30日06時02分  スポーツ報知)


緑虫ばかりが報道されておったが、京都も虎視眈々と狙っているとのこと。

ここで京都の怖さは加藤監督の意向ではなくコーチに就任した秋田の存在であろう。

あの男に出馬されるのはとても恐ろしい。

が、そこには気付かず先発レギュラー保証などで口説こうとしている模様。

そこだけに問題があって移籍志願しているわけでは無いのは外部の人間にもわかる。

だが視野の狭い人間には、その程度に思えるのであろう。来季の補強が現有戦力の維持になりつつあるのは寂しい。

しかしながら、補強ポイントである右サイドバックの控えとCBは目処が立っておる。

彼等が普通にチームに合流出来れば、柳沢主将の意向だけで十分と言えよう。

派手な補強が勝利の近道ではないのである。

一つ一つ層を厚くして行くことが、最終的な強者へとなりうるであろう。

それが我等の歩む道である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク