fc2ブログ

日本代表・昌子源、カバーリングには自信がある

昌子、代表デビューへ意気込む=チュニジア戦から刺激−サッカー日本代表
 チュニジア戦で藤春、宇佐美(ともにG大阪)らが日本代表デビュー。今回のメンバーで、GKを除いて代表戦の出場経験がないのは昌子(鹿島)だけとなった。ハリルホジッチ新監督はウズベキスタン戦でも多くの選手を試す方針で、昌子も出番がありそうだ。「100%を出せるように、常に準備している」。22歳は意気込んでいる。
 チュニジア戦のセンターバックは、吉田(サウサンプトン)と槙野(浦和)がコンビを組んだ。昌子は代表で約1年半ぶりに出場して無失点に貢献した槙野に刺激を受けたという。それでも、「自分にも勝っているところがある。カバーリングには自信がある。サイドバックがなるべく攻撃できるようにしたい」と、イメージを描く。
 守備の再建へ、ハリルホジッチ新監督はセンターバックに1対1の強い当たりと縦パスの重要性を説いている。新監督は当初、通常よりも多い31人を招集。今後も競争は続く。昌子は「もっと自分を追い込んで、生き残りたい」と、代表定着を誓った。(2015/03/29-21:48)


日本代表初キャップに向けて意気込む昌子源である。
新指揮官のコメントから出場の可能性は非常に高いと感じる。
是非とも、CBに源ありと世に示すのだ。
得意のカバーリングと対人の強さ、縦パスの意識を魅せるのだ。
源の躍動を楽しみしておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク