FC2ブログ

Jリーグ第34節 柏レイソル戦


ペナルティスポットにボールをセットする本田主将。
小笠原満男から受け取ったキャプテンマークを腕に巻き、冷静にPKを決めた。
4-0となり退場者も出したレイソルに反撃の力は無かった。
はなむけ、この言葉が一番しっくり来る。
この日が遂に来たと言えるだろう。
我等の鹿島アントラーズを支え続けた本田主将。
歴史のすべてを知る男。
試合後のインタビューも物悲しい。
そしてもう一人、涙を流したトニーニョ・セレーゾも去る。
過去は美しく、新たな時代は激動と共に。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク