fc2ブログ

サッカーダイジェスト 山形戦寸評

【J1採点&寸評】鹿島×山形|3-0の快勝で4年ぶりの5連勝! ステージ首位をキープ!!
サッカーダイジェスト編集部
2015年08月23日


シュート数では下回ったものの、鹿島は決定機を逃さなかった。


【警告】鹿島=山村(14分)、遠藤(84分) 山形=キム・ボムヨン(31分)、山田(37分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】遠藤 康(鹿島)


【試合内容】
 鹿島が3発快勝で第2ステージ首位をキープした。過去7戦負けなし(4勝3分け)の山形に序盤は主導権を握られたが、40分に金崎が先制ヘッド。57分にはパスミスを奪い、土居、遠藤と素早く展開してカイオが押し込んだ。

 74分には、カイオのお返しアシストを受けた遠藤が鮮やかな左足をミドル。11年7〜8月以来4年ぶりの5連勝を飾った。守備陣も、山形のロングボール攻撃を想定して起用された186センチ同士のボランチ山村とCB植田が機能。2失点した前節仙台戦の反省を活かし完封に導いた。

 山形は好連係からディエゴが最終ラインを破る場面もあったが、シュートの精度が低かった。守りも乱れて14戦勝ちなしとなった。

【チーム|採点・寸評】
鹿島 6.5
最下位相手にシュート数では下回ったが、好機を逃さず、したたかに点を重ねた。

山形 5
攻勢の序盤は理想的な展開もパスミスなどで自滅。3失点以上は今季7度目の屈辱。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 6
少ない危機も集中して止めた。ボックスを飛び出してのクリアなど判断力が光った。

DF
22 西 大伍 6
右サイドの起点になる。初めてキャプテンマークを巻いてチームを5連勝に導いた

23 植田直通 6
ディエゴとの肉弾戦を制して完封。7試合ぶりの先発で空中戦の勝負強さを示す。

3 昌子 源 6
後輩の植田をリードし、ほとんど決定機を作らせなかった。クリアも安定していた。

16 山本脩斗 6
初の3戦連発はならなかったが、守備で貢献。パスカットなどで左サイドを制圧。

MF
4 山村和也 6
負傷の小笠原に代わって先発。186センチの高さを活かしてロングボールを撥ね返した。

20 柴崎 岳 6
攻撃参加も周りに使ってもらえなかった。珍しく味方とのパスが合わない場面も。

25 遠藤 康 7
得点もアシストも美しかった。劣勢の中、足元の技術を生かしてタメをつくった

7 カイオ 6.5
遠藤との好連係で1得点1アシスト。粘る相手を一瞬で仕留めるセンスがあった。

FW
33 金崎夢生 6.5
序盤からハイプレスの中心になり、40分にチームを助ける先制弾。今季5点目を奪う。

8 土居聖真 6.5
出身地のクラブである山形を相手に初アシスト。密集を抜けてクロスを上げる流れは見事。

交代出場
FW
18 赤崎秀平 5.5
途中出場で好機はあったものの決め切れず。精彩を欠いて天を仰ぐ場面が多かった。

MF
40 小笠原満男 5.5
左太もも裏の張りでベンチスタートも、途中からピッチに立ち試合を引き締めた。

DF
17 鈴木隆雅 5.5
残り4分から出場。練習でのアピールが実り、プロ入り後2試合目の出番を掴んだ。

監督
石井正忠 6.5
チーム内の激しい競争を呼び覚ます分け隔てない起用で就任後5戦全勝。ハーフタイムの落ち着かせる指示が利いた


チームの2点目を決めたカイオ。巧みなゴールセンスを見せた。写真:徳原隆元

力の差を見せつけられた山形。序盤の勢いを保てず。

【山形|採点・寸評】
GK
1 山岸範宏 5
声を出してチームを鼓舞し続けたが、GKとしては止めようのない3失点だった

DF
26 宇佐美宏和 4.5
2失点目につながるパスミスを犯し、敗戦を決定づけた。不用意なプレーが目立つ。

4 西河翔吾 4.5
ロングボールの処理を誤って、あわや失点の場面も。守備ラインを統率できなかった。

13 石川竜也 5
前節はCKから得点を奪ったが、この日は不発。得意のFKも壁に当ててしまった。

MF
6 山田拓巳 4.5
8試合ぶりの先発も不完全燃焼。攻め上がりが少なくリズムをもたらせなかった。

5 アルセウ 5
中盤でのボール奪取が多くプレーは利いていたが、奪った後の展開力が乏しかった。

15 宮阪政樹 5
高性能のFKが不発。惜しいミドルは1本あったが、前線へ飛び出す回数が少ない。

24 ロメロ・フランク 5
ボールが収まらず、攻撃の起点になれなかった。指揮官も「精彩を欠いた」と指摘。

29 川西翔太 4.5
3戦ぶり先発も、狙われてボールの奪いどころにされた。カウンター招く一因に

MF
22 キム・ボムヨン 5
左サイドで攻撃の舵取りを任されたが、クロスの精度が低く決定機を作れなかった。

FW
11 ディエゴ 5.5
ボールを受けに下がりすぎ、攻め手を欠く。24分の1対1を外したのが痛かった。

交代出場
FW
9 中島裕希 5
終了間際に惜しい右足ボレーも曽ケ端の好セーブに遭う。古巣相手に活躍できず。

FW
8 林 陵平 5
ロングボール攻撃の質が低く、186センチの長身を活かし切れず。鬱憤がたまった。

監督
石?信弘 4.5
序盤の内容は良かったが、維持する手を打てず。3枚目のカードも切らなかった。

取材・文:木下 淳(フリーライター)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストの木下氏による山形戦の寸評である。
最高評価はMOMでもあるヤスに輝いた。
1G1Aの結果以上に西とのコンビネーションが光る右サイドを活性化させたプレイは見物であった。
また、ゴールに絡んだ聖真、カイオ、夢生も高評価である。
特に、均衡を破る先制点を演出した聖真のドリブルは先発起用に応える素晴らしいものであった。
そして5連勝を呼び込んだ石井采配も高い点数が付けられておる。
ここまでチームが甦ったのは石井監督の手腕に頼るところが大きい。
また、満男を先発から外して勝利を得たことも、石井采配の冴えと言える。
好調を維持し、勝利を積み重ねたい。
楽しみである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク