fc2ブログ

ケルン・大迫、あのサッカーをしていたら勝てない

先発落ちの大迫、守備的布陣に不満も「切り替えて」
15/10/25 17:37



[10.24 ブンデスリーガ第10節 バイエルン4-0ケルン]

 ブンデスリーガは24日、第10節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンは敵地でバイエルンと対戦し、0-4で敗れた。大迫は6試合ぶりのベンチスタートとなり、後半13分から途中出場した。

 首位バイエルンに対し、5バックの守備的布陣で臨んだケルン。「最初から5バックで、ボランチを4人並べてという感じだった」と話す大迫も6試合ぶりに先発から外れるなど、敵地で勝ち点1を狙うゲームプランだったようだ。

 しかし、引いて守ったことで序盤からバイエルンに中盤を支配され、一方的に押し込まれる苦しい展開。前半35分、故障から復帰のMFアリエン・ロッベンに先制を許すと、同40分にも追加点を決められた。2点ビハインドで折り返した後半13分から大迫もピッチに入ったが、流れを変えることはできず、後半17分、32分にも失点し、0-4で敗れた。

「あのサッカーをしていたら勝てない」。引き分け狙いの戦いに不満も口にした大迫は「今週に入って、ずっと(練習で)5バックをやっていた。それはしょうがないことだけど、切り替えていきたい」と、自分に言い聞かせるように話していた。


バイエルン戦に先発を外れたケルンの大迫である。
戦術的なものであり、チームは非常に守備的な戦術を敷きキックオフした。
しかしながら、失点を重ね、大迫を投入するも敗戦を喫した。
バイエルンほどのチームを相手にするには仕方の無いこと、しかし、大迫は勝利を目指したかったと受け取れる。
勝ちに餓えるところは、鹿島で培ったもの。
どのような強大な相手にも臆すること無く挑んでいきたい。
これからも、強いメンタリティで活躍して欲しい。
期待しておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク