fc2ブログ

中田浩二、仕上がりも順調だ

中田浩二氏が占う16年J1 4強+2でV争い 大穴は磐田

中田浩二氏
Photo By スポニチ


 2ステージ制になって2年目のJ1リーグ。今季はどのチームが優勝争いをするのか。台風の目となるのはどこか。注目の新戦力なども含め、スポニチ本紙評論家の中田浩二氏(元日本代表DF)が16年シーズンの展望を語った。

 各ステージとも優勝争いは広島、G大阪、浦和、鹿島の4強にFC東京と川崎Fがどう絡むかだと思う。広島は安定感はあるが、ドウグラスが抜けた得点力が課題で「困ったらドウグラス」といったサッカーができなくなった部分は苦労すると思う。G大阪はアデミウソンの加入で戦力がアップ。まだ、使い方が固まっていないが、宇佐美とうまく絡めば得点力は増す。ボランチの井手口が成長したことで、今野をDFで使ってもいいし、遠藤をトップ下に上げてもいい。FKが得意な藤本も加わり、遠藤と左右のキッカーがそろって効果的な補強ができた。

 鹿島は金崎の残留が大きい。永木、三竿、櫛引が加わり、ジネイもケガから復帰して、選手がそろった。昨年後半は、いいサッカーができており、仕上がりも順調だ。浦和は昨季も安定していたが、遠藤を補強することによって守備の安定を高めた。遠藤は、ボランチもできるが、私はDFがいいと思う。ボランチには柏木や阿部がいるので、せっかくのバランスの良さを崩す必要はないからだ。遠藤は頭が良く、何でもできる選手だけに、どう溶け込んでいくのか、注目したい。

 FC東京は城福新監督の手腕に注目している。前回のFC東京監督時代は攻撃的、甲府で現実的な守備重視のサッカーをした。理想と現実を融合させられるか興味深く、守備のベースと安定感があるだけに優勝の可能性もある。川崎Fは大勝もするが、連敗もする。優勝のためには勝ち点1を拾える戦いも必要だろう。J1に復帰した磐田の名波監督がどんなサッカーをするかも楽しみだ。
[ 2016年2月27日 08:30 ]



チンチロリン


2016年シーズンを占う中田浩二である。
鹿島を4強の一角に挙げ、そこに二つを加えた6クラブが優勝に絡むと語る。
夢生の残留が大きく、新加入の選手で層が厚くなり、助っ人のジネイの復帰も大きい。
そして何よりも昨季終盤の良いサッカーが継続され仕上がりも順調とのこと。
やべっちFCでは優勝に挙げており、キャンプにも行き、練習を間近で観て手応えを感じておろう。
「義務」であるリーグタイトルを獲る。
優勝を信じておる。


チンチロリン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク