fc2ブログ

Fマリノス戦コメント

鹿島アントラーズ   :監督   <試合終了>
(試合中)崩れた時間帯もあったが、しっかりと自分たちで立て直すことができた。チームとして乗り越えたことは収穫であり、評価するべきこと。私自身、いつも個人だけを見ているのではなくチーム全体をみている。これだけの高いレベルのチームを相手に自分たちのサッカーで勝ちに結びつけたことをしっかりと評価したい。
(今後ダニーロの先発はあるのかについては)チームというのは生きたもの。旬もあるので、その時のタイミングだったり、感性によって(チームも)変わってくるものなので、流れに沿ってやっていきたい。


【J1:第3節 鹿島 vs 横浜FM】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント [ J's GOAL ]
3月30日(日) 2008 J1リーグ戦 第3節
鹿島 2 - 1 横浜FM (16:04/カシマ/22,901人)
得点者:33' マルキーニョス(鹿島)、67' 小宮山尊信(横浜FM)、85' ダニーロ(鹿島)

●オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島):
Q:60分頃、新井場が反則を取られてから押し込まれたような形になったが?
「こういう大舞台になると、両者とも緊迫感や緊張感から判断ミスや不安定さが出てくることがあると思う。でも選手だけじゃなく、レフリーにも影響が出てくる。そういう中でうまくやることが大事だ。一時的に不安定さを見せたかもしれないし、小笠原がPKを外した時にそうなる可能性もあったが、チームとしてその状況を乗り越えたことが収穫だ。単純に勝ったということだけではない。サッカーというのは90分押し込むことはムリだし、自分たちで立て直した精神力の強さを評価したい。私は個人ではなくチームとしての強さを評価したい。チームとして立て直せたこと、マリノスのような高いレベルの相手に対して勝ちに結びつけられたことが素晴らしかったと思う」
Q:ダニーロをスーパーサブとして使っているが、この起用法が理想的だと考えているのか?
「私自身、今現在のことを答えると、今は鹿島にとってそれが理想的な形だ。でも人間もチームも生きている。旬のタイミングというのがある。彼も先発になるかもしれない。そのタイミングが来たら変化するかもしれない。その流れに沿っていきたいと思う」
以上


【J1:第3節 鹿島 vs 横浜FM】試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
●青木剛選手(鹿島)
「マリノスはすごくいいチームだし、苦しい時間もあると思っていた。こういう厳しい試合を勝ちに持っていけるのはすごく大きい。ホームで勝てたし、ここから連戦になる。いいリスタートを切れたと思う。
相手はロペス、山瀬さん、ロニーがポイントになるということだったんで、必ず誰かがマークに付くことを意識して試合に入った。

(Q:ダニーロが入ってからポジションが変わった?)
いや、中盤に入ってそのままだった。後半は相手が人数をかけて攻撃してくるし、押し込まれるのはしょうがないところがあった。そういう時でも、ボールを取った後、速い攻撃を意識してやっていた。相手の攻めをネガティブに捉えず、奪ったらチャンスが出来ると前向きに考えていた。
(Q:後半は左を起点にした攻めが多かった?)
スカウティングで、(田中)隼磨は低い位置からディフェンスを始めるということだったんで、イバさん(新井場)のところが起点にできそうだと思っていた。小宮山の方は高い位置からスタートするんで、そういう意識はあった。PKのゴールを逃した後も、信じて最後まで我慢してやっていた。諦めずにやればチャンスをモノにできる。今のチームのいい面がすごく出ていた」
●小笠原満男選手(鹿島)
「後半はかなり攻められたが、サッカーのリズムはそんなもの。相手は1点を取りに来るから。そういう時でも2点目を取れるのが理想的だけど、しっかり耐えて勝ちに結びつけられたのがよかった。PKのシーンは、滑ったとしか言いようがないね(苦笑)。そこでがっかりすることなく、気持ちを落とさずにダニーロがゴールを奪ってくれた。チームが逞しくなってきてるってことだと思う。ダニーロのゴールは自分のミスを忘れさせてくれるゴールだった。1−1ならがっかりするけど、ダニーロがヒーローになって、少しは忘れさせてくれるのかな。
(Q:今はチームの総合力がある?)
ダニーロはサンパウロで中心だった選手。あれだけの選手がなかなか試合に出られないのに、出た時にしっかり結果を出してくれる。ホント、いい見本じゃないかと思う。
(Q:今季戦った中でいちばんレベルの高い相手に対する勝利?)
今までの相手も弱いとは思わない。でも自分たちで勝ちに持っていけたし、しっかり勝てたことは収穫。こういうのはすごく大切。厳しい試合をモノにできたから。1点目はマルキ(マルキーニョス)がうまく回り込んでくれたんで、自分よりマルキが打った方がいいかなと。いい動き出しがなければ入っていない。チームとして崩すところまで行けたから、ああいうゴールにつながると思う」
●岩政大樹選手(鹿島)
「激しく崩されたと思っていないけど、結果的に失点してしまった。もう少し対応の仕方があったのかなという気もする。
(Q:小宮山のゴールについて)
最低限ファーに打たせないようにしようということはできたのかな。でもヴェルディ戦にしても、コンサドーレ戦にしても、後半勝負がついた。どの試合も厳しいけど、それを結果につなげられているから、チームに勢いが生まれると思う」
●ダニーロ選手(鹿島)
「得点シーンは、あそこでボールがこぼれてくることは予想していなかった。でも新井場のセンタリングをDFがクリアしてくることは予想していた。それがたまたま自分にこぼれて来て、うまく決めることができた。
(Q:今年はゴールにより近い位置で仕事ができているが?)
去年と今年のプレー自体はそんなに変わらないが、今年の方が自分にチャンスが来る回数が多い。それを決めるか決めないかの問題だ。今後ももっと数多くチャンスに顔を出して、点を取っていきたいと思う。
(Q:スーパーサブとして使われていることについて) 
もちろんスタメンで出たくない選手はいない。誰もが先発で出たい。だけど私はチームメイトをリスペクトしている。これからどんどんチームに貢献し、自分のプレーをして、いつかスタメンで出られるようになりたい。
(Q:今季好調の要因は?)
時間が経つにつれて自分のプレーがよくなっている。昨年は初めて日本に来て、サッカー以外のことでもかなり苦労した。でも今年はサッカーに集中できる環境にいることが大きい」
●マルキーニョス選手(鹿島)
「5試合連続ゴールは、とてもうれしい。得点が続いている要因は、まず目標を置いてつねにトレーニングしていることが挙げられる。一生懸命グランドでプレーしているし、味方のサポートもある。それでゴールを取れている。得点シーンは、日ごろのトレーニングがモノを言った。オガサ(小笠原)、モト(本山)、野沢は、みんなペナルティエリア外からシュートをするのがうまい。ボールを回しつつスペースを空けてボールを落としてシュートをするトレーニングをやっている。今日の試合でもそういう場面が実際に起きた。オガサがDFをひきつけて自分がボールを持った時、スペースが空いたので、すぐにシュートを打つことができた」
●本山雅志選手(鹿島)
「タフな試合だったがそうなるのは分かっていたし、この試合はすごく大事。勝利を得ることができてよかった。押される時間帯もあったけど結果的によかった。後半は相手が前からプレスに来て押し込まれた。途中からうまく立て直してチャンスを作っていけた。ダニーロが入った後、自分は攻めより守備のバランスを取ることに重点を置いたつもり。
(Q:前半の入りは嫌な感じだった?)
いや、向こうもトラップミスがあったし、ズレることもあった。ただ寄せが甘いところもあったんで修正が必要だと思う。
(Q:小笠原選手のPKが外れた時は?)
滑ったし、しょうがないよね。あれで逆にもっとチャンスを作っていこうと思った。あのPKも1つのチャンスだったし。後半はシュートまでもって行かれることもあったけど、前がかりに来る相手に対して満男(小笠原)とか青木がしっかりコントロールしてボールをさばいてくれた。ミツ(小笠原)の存在のすごさを改めて感じた。
(Q:ダニーロの投入?)
ダニーロはすごく攻撃的でボールを取られないし、シュート力もある。前で自由にやってくれと思って自分は守りを考えた。でもダニーロも下がって守ってくれたし、すごくやりやすかった」


記者も監督もチームメイトも本人もダニーロの行く末が気になっておる。
この過密日程の中、そろそろ頭から来る日が来そうな予感である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク