fc2ブログ

JEF戦コメント

鹿島アントラーズ  :監督  <試合終了>
点は取っているが、うちは攻撃のチームだけではない。守備をしなければならないときは、フォワードの選手であってもディフェンスに切り替えなければならないこともある。今は全員が瞬時の動きができている。献身的・努力・ハードワークがきちんとできていることについてはチームの安定感をもたらすことができているのではないかと思う。
ダニーロに関してはよくやってくれたと思う。途中出場とフル出場は全く違うので、できるだけチャンスがある時は最後までやらせたいとは思うし、彼にとっても近い将来、良い結果につながればいい。
次はACLだが、修正点を改善するよりもリカバリーがポイントとなってくる。選手にはできるだけ(体力を)回復させるよう伝えている。北京戦がグループリーグ予選突破を占う上でとても大事な試合となるだろう。


【J1:第5節 鹿島 vs 千葉】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント [ J's GOAL ]
4月5日(土) 2008 J1リーグ戦 第5節
鹿島 4 - 1 千葉 (14:04/カシマ/17,257人)
得点者:16' 田代有三(鹿島)、26' マルキーニョス(鹿島)、79' 佐々木竜太(鹿島)、85' 興梠慎三(鹿島)、89' 巻誠一郎(千葉)

●オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島):
Q:公式戦7連勝で、今日はFW全員がゴールするなど素晴らしい試合だったが、好調の要因は? 本山の代役として先発させたダニーロの評価は?
「そのお言葉をありがたく思う。ダニーロはよくやってくれた。途中出場と90分は全く違う。できるだけチャンスがある時には出している。コンディションも上がってきているし、そのコンディションを保ったうえで彼の感覚を発揮してほしい。これからもできるだけ90分やらせるようにしたい。今日も終盤は動けなくなっていたが、最後までやらせることにした。90分やることは彼にとってプラス。近い将来、いい結果につながっていけると思う」
Q:今日は攻撃全体の流動性が非常に高かった。これからは大事な試合が続くが、今日の試合内容と結果をどう評価しているか?
「確かに点を取っているが、うちのチームは攻撃だけではない。攻撃ができるのは守備からしっかりと入っているから。ボールを失った時、FWの選手がDFの役割をしなければいけない。全員瞬時に切り替えできることが守備の安定感につながっている。そこからの攻めも、ボールを保持して自分たちの形がうまくできている。みなさんは攻めばかり取り上げるかもしれないが、全員の守備、ハードワークがチームの安定感をもたらしている」
Q:来週9日にはACL1次リーグで一番強い相手・北京国安との試合だが、修正点や改善点はあるか?
「修正どうこうより、まずはリカバーが大事になる。いかに水曜日までに消耗したエネルギーを取り戻せるか。前節も1人少なくて消耗があったし、今日の消耗もある。できるだけ回復させるように選手にも言ってある。彼らが徹底的に自己管理してくれれば何とかなる。この試合は予選突破を占う試合になると思う」
以上


【J1:第5節 鹿島 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
●岩政大樹選手(鹿島):
「全体に内容はよかった。でも個人的には失点ゼロにこだわっているんで、後味はよくない。4−0の後もゼロにこだわっていたから気分はよくない。今日は相手があまり来ない感じだった。ボールも失うことはなかった。セットプレーの対応をもう少し工夫できればいいと思う。後半の立ち上がりはどんな相手も積極的に来る。そこをうまく乗り越えてうちのペースに持っていけた。それで向こうの勢いを止められたことが収穫。コンディション的には今日みんなかなりきつそうだった。うまく前半のうちに2点が入ってよかったけど、入らない時に誰かが踏ん張って走る量を増やさないといけない。
今の自分たちはやってて強いなという印象。昨年の終盤は勢いというか、何かに導かれたような感じがしたけど、今は強いチームのサッカーができている。落ち着いてゲームをコントロールして、自分たちのリズムを崩さずをサッカーができていると感じている。精神的な面の違いが大きい」

●マルキーニョス選手(鹿島):
(得点シーン?)イメージ通り。各選手の連携が取れているから点も取れている。他のFWも点を取ることで私自身のモチベーションも高くなり刺激になっている。(リーグ5点目について) 現代サッカーでは、FWに2つの役割が求められる。1つが攻撃参加、もう1つはチームの守備に貢献すること。それがFWには必要だ。私は今、そのことができている。他のブラジル人FWとは違うと思う」
Q:狙うは得点王?
「今年は狙っていきたいと思っている。この先も沢山試合があるし、険しい道を乗り越えて得点王を狙いたい。そのために私は毎試合戦っているし、点も取れている。年末にはタイトルを取ってみんなで喜びを分かち合いたい」
●田代有三選手(鹿島):
(好調の理由?)ヒザの調子もいいし、思い切ってできるようになってきたから。今までは気にしながらやっていた。東アジアの時や開幕の頃はかなり痛かったですよ。目のケガもあったし。その両方が治ってきたから。でも次が大事ですね」
Q:得点シーンについて。
「いつもはワンタッチでゴールというのが多いから、今年はああいうゴールが取れたらいいなと思っていた。ボールを持って仕掛けるというのは昨年の終わり頃から意識しつつあった。ああいうパターンを増やしていきたい。切り替えを意識していた。相手のDFが集中を欠いたところを突けたかな。得点は自信になるけど、取れなかったら意味がない。これから大事な試合が続くから、もっと点にこだわりたい。(FW全員がゴールしたことについて)みんな意識してるし、負けられない。仲間のゴールはうれしいけど、自分ももっとやらないといけない。次も先発で出られるように結果を出さないといけない」
●野沢拓也選手(鹿島):
「相手の嫌なところを突けたのがよかった。(マルキーニョスの得点シーンについて)マルキがああ来るのは分かっていた。ダニーロは簡単に預けてくれるし。今はチームが1つになっていて、全員が目指すべき方向に向かっている。今まで本さん(本山)が守備をやってくれてたんで、その分自分がやらないといけないと思っていた。1つ1つ勝っていくことが大事」
●青木剛選手(鹿島):
(PKについて)今度ああいう場面になったら気をつけたい。相手のこともあるけど、一番は自分たちがやっていることをしっかり出すことが一番大切だった。メンバー交代した選手たちもやることは分かっているし、問題なくできてよかった。今日の相手の後半は4バックで中盤が5人で巻さんが1トップみたいな形だった。前半もそう。後半の最初は勢いよくきていたし、しのいで徐々にという感じでいけた。後半入った選手も結果を出したし、チームとしてすごくいい傾向だと思う」


自画自賛のマルキーニョスである。
出来ることならば得点王を優勝のタイトルと共に穫らせてあげたい。
怖いのはマルキーニョスだけではないが怪我である。
田代も出場はしておったが、膝と目を負傷していたとのこと。
そしてもう一つ、この試合でもやられたが審判である。
この二つの敵を乗り越えこの先も一つ一つ積み重ねたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク