fc2ブログ

鹿島――相手を押し込み、両SBが同時に攻め上がる

【J1展望】鹿島×甲府|金崎の先発復帰が濃厚。守備重視の甲府を崩せるか!?
サッカーダイジェスト編集部
2016年05月28日


鹿島――相手を押し込み、両SBが同時に攻め上がる。


故障者/鹿島=ファン・ソッコ 甲府=新井、盛田、黒木、森、保坂
出場停止/鹿島=なし 甲府=松橋


J1リーグ1stステージ・14節
鹿島アントラーズ-ヴァンフォーレ甲府
5月29日(日)/15:00/県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ
1stステージ成績(13節終了時):2位 勝点27 8勝3分2敗 19得点・9失点

【最新チーム事情】
●風邪で体調を崩していた金崎が先発の見込み。逆転優勝を目指すうえで勝点3が絶対条件のチームに、頼れるエースが戻ってくる!
●太腿の痛みで戦列を離れていた遠藤も復帰が予想される。欠場していた期間は、鈴木や杉本が穴を埋めるなど若手が踏ん張っただけに、遠藤も期する想いを胸にゲームに挑むつもりだ。
●右SBは好調をキープする伊東か。出場停止明けの西の可能性も十分にある。

【担当記者の視点】
 前節は名古屋を相手にビハインドを撥ね返して、鮮やかな逆転勝利。第1ステージのラストスパートを勢いづける勝点3に、チームの調子が上向いているのは間違いない。

 割り切って守備を固めてくるであろう甲府に対し、いかにゴールをこじ開けるかが焦点となる。金崎と土居は広範囲に動き回り、機動力に優れるタイプで、補完性も抜群。2トップで前線をかき回し、そのままふたりが決めるか、あるいはスペースを空けて2列目を飛び込ませてもいい。

 遠藤の気の利いたサポートからのチャンスメイク、カイオの個人技を活かした単独突破など、今のチームにはゴールに向かっていくアプローチが多彩。相手を押し込み、両SBが同時に高い位置を取れれば、かなりの確率でゴールが生まれるはず。

 相手のカウンターに対するリスク管理を徹底しつつ、強引にでも前半のうちに先制点を奪い、ゲームを有利に進めたい。

甲府――総失点はリーグワーストタイ。守備を重視するスタンスで臨む。

J1リーグ1stステージ・14節
鹿島アントラーズ-ヴァンフォーレ甲府
5月29日(日)/15:00/県立カシマサッカースタジアム

ヴァンフォーレ甲府
1stステージ成績(13節終了時):14位 勝点12 2勝6分5敗 16得点・22失点

【最新チーム事情】
●5月25日のナビスコカップ・湘南戦でFW森が負傷。長期離脱の見込み。
●リーグワーストタイの失点数(22失点)を受け、佐久間GM兼監督は「0対0の時間を長くして、割り切って守る」方針を、改めて打ち出す。
●「先発メンバーの顔ぶれによって、戦い方がガラッと異なる」(佐久間GM兼監督)と鹿島を分析。
●石原、ニウソン、吉野が相次いで、全体練習に合流。

【担当記者の視点】
 水曜日のナビスコカップ・湘南戦で公式戦10試合ぶりの勝利を挙げたものの、その一方で、FW森が右足を負傷。全体練習へ復帰する面々もいるとはいえ、試合の度に負傷者を出す「負の連鎖」は断ち切れていない。

 ベストメンバーが組めない状況も少なからず影響し、ここまでの総失点はリーグワーストタイ。生命線とも言える堅守の強度が揺らいでいる事実からも、佐久間GM兼監督はこの試合では守備に比重をかけて臨む方針を示唆している。

 今節では、3バックに山本、土屋、津田、左右のWBには、橋爪、田中の先発が有力。出場停止の松橋以外、前節から顔ぶれは変わらない見込みだが、なにより、両WBの背後を狙われた磐田戦と同じ轍は踏みたくない。

 結果ももちろん大事だが、守備面に自信を取り戻す意味でも、重要なのは守備ありきのスタンス。そのうえで、少ないチャンスを窺うのが理想的だろう。



チンチロリン


「いかにゴールをこじ開けるかが焦点となる」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
堅守のイメージの強い甲府に対して、どう攻撃するのかに注目が集まる。
夢生が先発起用、ヤスの復帰と攻撃陣に明るい話題が並ぶ。
好調のカイオと聖真が絡めば、得点機は作れるであろう。
「今のチームにはゴールに向かっていくアプローチが多彩」とも評しておる。
多彩な攻撃にてゴールを決めよ。
楽しみな一戦である。


チンチロリン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク