fc2ブログ

悲願のリーグタイトル奪還に向け、伝統の勝負強さを発揮して、頂点を掴みたい

【鹿島】5月は首位・川崎を上回る“勝点13”。猛烈な巻き返しで逆転優勝に望みをつなぐ
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2016年05月30日


苦しんだ横浜戦で勝利。「この勝点3は大きい」(山本)。


5月最後の甲府戦は4-0と完勝を収める。土居(中央)が2発、柴崎(10番)、金崎(33番)がそれぞれ1ゴールずつと攻撃陣が爆発し、今季初の3連勝を達成した。(C)J.LEAGUE PHOTOS

 第1ステージの優勝戦線で、鹿島が猛烈な巻き返しを見せている。

 今季は開幕2連勝と好スタートを切った。しかし、3節・仙台戦は完封負けを喫し、5節・川崎戦は1-1と勝ち切れず、その後、広島と湘南を相手に今季2度目の連勝を飾るも、8節・柏戦は0-2で敗れ、続く大宮戦はスコアレスドロー。好不調の波が小さくなく、思うように順位を上げられなかった。

 ところが5月に入ると、上昇気流に乗り始める。ナビスコカップでは5月18日の湘南戦に敗れ、グループステージでの敗退が決まるなど連覇の夢は早くも潰えたが、リーグ戦に関しては、安定した力と勝負強さを発揮するようになる。

 連戦の中で行なわれた10節・新潟戦(同4日)は、1-1で迎えた79分、西大伍の今季初ゴールが決勝点に。11節・磐田戦(同8日)は1点リードを追いつかれるも、逆転弾を許さずに勝点1を分け合う結果となった。

 ここまでの流れは特筆すべきものではない。ただ、12節・横浜戦(同14日)は、「苦しい試合だった」(柴崎岳)と、内容は悪いながらも金崎夢生の1点を守り切って完封勝利を収めると、風向きが変わってくる。「この勝点3は大きい」と山本脩斗が語ったように、チームは確かな手応えと自信を得て、それを結果に反映させるようになる。

 13節・名古屋戦(同21日)では、0-1、1-1、1-2、と2度のリードを許す苦しい展開だったが、86分に途中出場の鈴木優磨が同点弾を流し込むと、ロスタイムにはカイオが値千金の逆転ゴールを突き刺す。

 先述したとおり、名古屋戦の3日前にはナビスコカップで悔しい想いをしたが、気持ちを切り替えてリーグ戦に臨み、粘り強く勝点3を掴み取った。

 そして迎えた14節・甲府戦(同29日)。今季初の3連勝がかかる一戦は、人数を割いた甲府の固い守備に手こずったが、前半終了間際に土居聖真がネットを揺らすと、後半開始早々に再び、土居が2点目をゲットし、さらに柴崎、金崎が加点し、終わってみれば4-0の完勝を収めてみせた。

 5月に組まれていたリーグ戦5試合の戦績は、4勝1分。稼いだ勝点13は、現在、暫定で首位に立つ川崎を上回る数字である(川崎は3勝2分、勝点11)。

DFからFWまで、どこからでも点が取れる攻撃力を発揮。


5月の5試合では川崎を上回る成績。名古屋戦の逆転勝利は現在の勢いを強く印象付けるもので、甲府戦では計21本ものシュートを放つなど圧巻の攻撃力を示した。

 さらに川崎との比較を見ていくと、5試合の総得点では川崎の計8ゴールに対し、鹿島は計11ゴールを記録。総失点ではわずかに1点だけ多かったが、この1か月で鹿島が攻勢に転じ、確実にその差を縮めているのは明らかだ。

 スコアラーの内訳を見ても、川崎の5人に対し、鹿島は7人とバラエティに富み、DFからFWまで、どこからでも点が取れることを証明してみせた。エース金崎もコンスタントにゴールを重ねており、得点ランキングでは7ゴールで4位タイと、9ゴールで2位の大久保嘉人を追走する。

 逆転優勝の可能性は高まりつつある。もちろん、ACLの関係で2試合少ない浦和の存在を忘れてはならないが(現在3位の浦和は12試合消化で勝点27。ともに14試合消化の1位・川崎は同31、2位・鹿島は同30)、鹿島の次節の相手は、その浦和である。直接対決でライバルを叩くことができれば、さらに勢いづくはずだ。

 いずれにせよ、対川崎で考えれば“他力本願”であることに変わりなく、鹿島にとってはひとつの負けも許されず、目の前の試合を勝ち続けるしか道はない。悲願のリーグタイトル奪還に向け、伝統の勝負強さを発揮して、頂点を掴みたい。

文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)



チンチロリン


1stステージ優勝争いに関して記すサッカーダイジェストの広島氏である。
首位の川崎に対して、勝ち点・総得点共に上回っているとのこと。
そして「逆転優勝の可能性は高まりつつある」と言う。
川崎の躓きを期待せねばならぬが、鹿島の勢い・力は本物である。
6月もこの調子を維持し、勝利を積み重ね、優勝を目指したい。
信じておる。


チンチロリン

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こうなってくると川崎との直接対決のオフサイド見逃しで失った勝ち点2が大きい。

1stステージ1位争いしているのが伝統的に勝負弱い浦和と川崎なので躓き期待です。

No title

前だけ向いていきましょう!
目の前の試合を全力で応援するのみです

まずは浦和を倒すこと。そうすれば敵は川崎のみ。仮に1stとれなくても今のペースなら十分に年間3位以上をねらえる。あせることはない。

俺は、鹿島の優勝を心から信じてる。

既に主軸のガク&ゲン。
ここに石井体制ではポジション争い中の聖真が突き抜けた存在感を出せれば、クラブの思惑の世代交代してのタイトル獲得が見えてきますね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク