fc2ブログ

夢生&聖真+岳、魅惑のトライアングル

金崎&土居+柴崎の「トライアングル」の輝きが照らす“ステージ連覇”
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2016年06月28日


14節・甲府戦を境に、状況は変わり始める。


土居(左)と金崎(右)の2トップに、ボランチの柴崎(中)を加えた「トライアングル」が熟成されていけば、攻撃力はより高まるはずだ。写真:徳原隆元


終盤は6連勝と圧巻の強さを見せるなか、金崎と土居の2トップが固定された最後の4試合はチームとして計10得点。なかでも、4ゴールを決めた土居の活躍ぶりは際立っていた。


 勝てばステージ優勝が決まる福岡戦、勝負を決定づけるチーム2点目を挙げた土居聖真が、自身のゴールを振り返る。

「一回、中に入るフリをして、相手を外した。それをよく見てくれていた」

 土居の動きを“よく見ていた”のは、アシストした金崎夢生だ。ダニルソンとの1対1を制し、ニアサイドに侵入した金崎が、ゴール前でマークを外した土居に丁寧なパス。これを土居がダイレクトで合わせてネットを揺らしてみせた。

 2トップで先発したふたりの絶妙なコンビネーション。土居が続ける。

「ふたりだけで崩せるっていうのは、ここ何試合、続いているので。攻撃パターンのひとつとしてできてきている。セカンドステージでももっと良くしていきたい」

 2-1で逆転勝利した前節・神戸戦でも、金崎と土居の連係でゴールが生まれている。ペナルティアーク付近、土居→金崎→土居のワンツーで神戸守備陣を切り崩すと、最後は土居が右足で流し込んだ。

 ふたりが今季初めて“共鳴”したのは、7節・湘南戦。3-0で完勝したゲームで、金崎の先制点を土居が、土居のダメ押し点を金崎が、それぞれアシストしている。

 その後、金崎の出場停止や、土居が先発落ちする時期もあり、「金崎&土居」は十分に機能しなかったが、14節・甲府戦を境に状況は変わり始める。金崎との2トップで久々にスタートからピッチに立った土居が2ゴールを挙げると、金崎も1ゴールを記録。互いのアシストはなかったものの、ともに結果を出したふたりのコンビに石井正忠監督も手応えを得たに違いない。

 事実、この甲府戦から最終節の福岡戦まで、4試合連続で鹿島の2トップは金崎と土居がスタメンで出場。そこで彼らは計6ゴールを記録(金崎が2点、土居が4点)する過程で、「ふたりだけで崩せる」(土居)という関係性が構築されていった。

 さらに、転機となった甲府戦で、土居の先制点をアシストしただけでなく、金崎のお膳立てから8試合ぶりの得点を決めたのが、柴崎だ。第1ステージの17試合すべてにフル出場を果たした背番号10は、続く浦和戦でも金崎のゴールをアシスト。連係を深める2トップに呼応するように、ここにきて前線と絡むシーンが増えてきている印象だ。

トライアングルの軸となるのは、不動のエース・金崎。


決定的な仕事をこなすだけでなく、ポスト役としても奮闘する金崎は精力的なハイプレスも披露するなど、攻守両面で頼りになる存在だ。写真:徳原隆元

 とりわけ、金崎とは良好な関係が築けているようで、金崎の総ゴール数(8得点)の約3分の1は、柴崎のアシストから生まれている。

 金崎&土居、そして柴崎――固定化されつつある2トップと、非凡な攻撃センスを備えるボランチが形成するトライアングルが、今季の鹿島を支える最重要パーツとなり得る。

 第2ステージに向けてまず必要なのは、3ゴールが生まれている「金崎→土居」に比べ、わずか1ゴールしかない「土居→金崎」のラインの強化。鍵を握るのは、土居の“アシスト力”だ。

 柴崎の得点力アップも期待したい。ボランチである以上、相手ゴール前でのプレーはそれほど多くないが、柴崎が高い位置でプレーしている時ほど(それだけ人数を割いているからでもあるが)、チームの攻撃には厚みがもたらされ、アプローチも多彩になっているだけに、攻撃に出ていく時間帯を増やしたい。

「柴崎→土居」のラインも改善の余地があるが、このトライアングルの軸となるのは、金崎だ。チームトップの8得点に加え、土居や柴崎のゴールも演出。フィニッシャーにもチャンスメーカーにもなれる不動のエースの幅広い働きぶりが、チームの命運を大きく左右すると言っても過言ではない。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)



チンチロリン


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島の攻撃に関して考察するサッカーダイジェストの広島氏である。
夢生と聖真の2TOPにボランチの岳を加えたトライアングルと称する。
夢生と聖真の連携は素晴らしく、福岡戦でも夢生の突破から聖真が流し込んでゴールが産まれておる。
この際、夢生を信じて、ゴール前からパスコースを作る動きを見せた聖真の判断が素晴らしい。
二人のコンビネーションで2ndステージも多くの得点を決めてくれるであろう。
また、夢生のゴールのほぼ3分の1は岳のアシストによるもの。
このラインも鹿島の生命線と言えよう。
岳の運動量と戦術眼が、鹿島を勝利に導いておる。
フィニッシャーとしての夢生の力も大きい。
この三人が奏でる攻撃のハーモニーは美しい。
攻撃力でJリーグを席巻していこうではないか。
期待しておる。


チンチロリン

コメントの投稿

非公開コメント

聖真が目に見えて積極的に前を向いて仕掛けてフィニッシュに持ち込むようになりました。

セレーゾ監督の指導、そして夢生の影響はありますね。

香川から代表のポジションを奪うのは遠くないかも。

各節の結果を見るとつくづく思う。
3月のアウェイ仙台戦はもう勘弁してもらいたいと。

フェアな判定が難しい状況を意図的に継続して作り出す必要はない。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク