fc2ブログ

いよいよ天王山

鹿島1次L4戦目突破で過密日程脱出だ
 【北京(22日)=広重竜太郎】鹿島が史上最速でACL1次リーグ(L)突破を果たし、過密日程から自力脱出する。23日の北京国安戦に勝利し、3位クルンタイバンクが引き分け以下に終われば決勝トーナメント(T)進出が決定。4戦目での1次L突破はJクラブ史上最速で、公式戦5試合を予定している5月に2試合を消化試合にできる。同下旬の代表への活動にもスムーズに移行が可能で、多くのメリットをつかみ取る。

 鹿島が最速で1次Lを駆け抜ける。北京国安に勝てば1次L突破が濃厚。5月の残り2試合が消化試合となり、同中旬までの7連戦が5連戦に緩和され、同21日のナムディン戦でベトナムまで主力が遠征する必要もなくなる。MF小笠原は「ベトナムに行きたいですね。楽しそう」と冗談を口にしたが、FW田代は「移動もなくなって楽になる」と利点を見いだした。

 昨年リーグ突破まで長引いた影響で、5月のリーグ戦は浦和が1勝4分け、川崎Fが2勝1分け2敗と波に乗りきれなかった。鈴木満取締役強化部長は「2つの大会を戦っていると、省エネとか違う戦い方をしてリズムが狂ってくる」と分析する。5月下旬にはA代表はキリン杯に向けて活動を開始し、U−23代表はトゥーロン国際大会も控えている。鹿島の代表候補選手のレギュラー争いを援護するためにも、最速突破を目指す。
 [2008年4月23日8時18分 紙面から]

“ポプラの洗礼”も鹿島勝つ!ACL1次L北京国安戦
 【北京22日=峯岸弘行】アジアCL1次リーグF組の鹿島は23日、北京国安(中国)戦(アウェー)に臨む。22日に試合会場の豊台スタジアムで前日練習を行った鹿島を待っていたのは、ふわふわ舞うポプラの綿帽子だった。

 「のど? 大丈夫です。慣れたもんです」とMF小笠原。無数のポプラの白い綿帽子が小雪のように風に漂う中での練習にも、05年のコンフェデ杯(ドイツ)で“経験”しているだけに冷静だった。

 この時期、ポプラが数多く植樹されている北京では綿毛のついた種子が舞う。前日21日の練習は雨で影響なかったが、この日はグラウンドをふわふわ。試合中に口や鼻から吸い込めば、プレーにも影響しかねない。

 またデコボコの芝生にMF青木は「トラップするとき、集中しないといけない」。一方、DF岩政は「きょうは視察がいるかもしれないので、いつもどおり(の練習を)やっていない」と“007”を警戒した。

 関係者によると当日は2000人が警備する超厳戒態勢が取られるもよう。“アウェーの洗礼”をものともせず、鹿島がリーグ突破へ前進する。

★チケット問題解決
 中国の公安当局が一般販売を制限した北京国安−鹿島戦のチケットについて、鹿島は日本から個人で北京入りするサポーター用に100枚を確保した。


鹿島は強い!「雑草ピッチ」でも勝つ!

 ミニゲームで調整する鹿島の小笠原と岩政
Photo By 共同

 鹿島が悪条件をはね返す。23日にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第4戦で北京国安と対戦。前日の22日は試合会場の豊台スタジアムでセットプレーなどを最終確認。ピッチは不整備で「ほぼ雑草状態」(DF岩政)だが、全体練習後に自主的にPK練習を行った主将のMF小笠原は「条件は相手も同じなんで」とキッパリと話した。

 メッシーナ時代に敵地で行われたカターニアとのシチリアダービーで、遠征バスに果物を投げつけられた。中国選手の荒っぽいプレーや地元サポーターのブーイングが予想されるが、「慣れたものです。何があっても動じないです」と頼もしい。北京国安に勝ち、同じF組のクルンタイ銀行(タイ)がナムディン(ベトナム)と引き分け以下なら、2試合を残して1次リーグ突破が決まる。

 ≪鹿島サポーター限定当日券≫当日券が鹿島サポーター限定で販売される可能性が出てきた。聖火リレーの妨害問題に関連し、中国各地で抗議デモが続発。混乱を警戒した中国側がチケットを1万枚に制限し、ツアーで申し込んだサポーター以外は入場できないはずだった。しかし、鹿島側が個人で北京を訪れるサポーターのためにチケット100枚を要求。一度は拒否されたものの、確保できる見通しとなった。会場には警備員約2000人が動員されるという。
[ 2008年04月23日 ]

鹿島戦の入場者数、半数程度に制限へ…ACL第4節
 ◆アジア・チャンピオンズリーグ第4節 北京国安−鹿島(23日、中国・豊台体育場) 鹿島戦の入場者数が定員の半数程度に制限され、当日券も販売されないことが22日、分かった。北京市の豊台体育場は収容約3万人だが、入場券は約1万5000枚に制限され、警備員約2000人を動員するという。聖火リレーの妨害問題に関連して中国各地で抗議デモが続発する中、観客の騒動、混乱を避けたい中国側の意向があるとみられる。

 北京国安の主将MF陶偉が「エキサイティングな試合になるだろう。我々が勝利をもぎ取る」と不敵な表情で予告した。1次リーグ突破へ後がない状況。9日のホーム戦ではDF内田が相手選手のひざ蹴りを受けた。激しい試合になることは必至という現状が、中国側の“規制”に拍車をかけたようだ。

 スタジアムのピッチは芝がはげて荒れている。「相手がどう来るか分からないが、先入観を入れず状況に応じてやることが大事」MF小笠原満男(29)は冷静な対応を強調した。
(2008年4月23日06時00分  スポーツ報知)

いよいよ今季前半最大の山場・アウェイ北京国安戦である。
この邪悪なる地で勝ち点を得ることが適えば、アジア征圧がグッと近づいてくるというもの。
この盧溝橋を足場にしてアジアへ、そして世界へ羽ばたくのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク