fc2ブログ

川崎戦報道

青木28メートル弾も鹿島逆転負け/J1
<J1:川崎F3−2鹿島>◇第10節◇3日◇等々力
 鹿島MF青木のスーパーゴールが生まれたが、公式戦6戦ぶりの勝利とはならなかった。前半13分にハーフウエーライン手前からドリブル。前方左右に味方が走り込み、パスの選択も頭をよぎったが「最近、同じ場面でパスが引っ掛かったので」と思い切りよく右足ミドル。約28メートルの距離だったが、シュート回転がかかり右隅に決まった。だがチームは逆転負けを喫し「勝たなければ意味がない」と悔しそうだった。

 [2008年5月3日23時45分]


鹿島・青木、630日ぶりの得点も公式戦で6戦白星なし
 J1第10節第1日(3日、川崎3−2鹿島、等々力ほか=9試合)鹿島が川崎に逆転負け。公式戦で6戦白星がなく、クラブ史上2位タイの連続未勝利記録だ。前半13分に先制弾を決めたFWマルキーニョスが、その7分後に負傷退場。1−1の同33分にはMF青木が630日ぶりの得点を記録しながら、苦しむJ王者は逆転を許した。「自分のゴールより勝ちたかった…」と青木。オリベイラ監督は「言いたくないが、レフェリングに問題がある」と判定に不満を漏らした。


鹿島 泣きっ面に…マルキまた負傷

<川崎F・鹿島>前半、負傷した鹿島・マルキーニョスは担架で運ばれる
Photo By スポニチ

 【鹿島2―3川崎F】またしても勝てなかった。鹿島は先制点を含め2度のリードを奪いながら、連係ミスで3失点。今季リーグの2敗目を喫し、オリヴェイラ監督は「得点はミスから生まれるもの。きょうはわれわれのミスが多かった」と振り返った。これでチームはクラブ史上ワースト2位タイとなる公式戦6試合未勝利。さらに2戦連発のFWマルキーニョスが恥骨部分を痛めて前半に負傷交代し、4日にも精密検査を受けることになった。エースの長期離脱となれば、不振のチームにとって大きな打撃となりそうだ。
[ 2008年05月04日 ]


鹿島6戦未勝利!マルキーニョス長期離脱も…J1第10節
 ◆J1第10節 川崎3―2鹿島(3日・等々力) 鹿島FWマルキーニョスが恥骨付近を痛めた。一両日中に精密検査を受ける予定だが、関係者は「長くかかりそうだ」と長期離脱を示唆。さらにMF本山もひざのじん帯を痛め、GK曽ケ端も右足を打撲。公式戦6試合未勝利となったチームは崩壊寸前に陥った。オリヴェイラ監督も「主審にはルールを守って欲しい」と主審に怒りをぶつけるしかなかった。
(2008年5月4日06時00分  スポーツ報知)


一時、ゴールから見放されておった我等であるが、コンスタントに得点が取れるようになってきた。
不振のようにも見えるがちょっとしたミスと不運が重なっておるだけ、さほど気にすることではない。
しかしながら気になるのは負傷者の続出である。
マルキーニョス、本山、曽ケ端全てが離脱したとしたら大事である。
とはいえ、替えの効かぬ青木に得点がもたらされ、元気に動き回っておるところは朗報である。
青木さえ問題なければ浮上の目がある。
今季の我等は誰かに頼るチーム作りはしておらぬものの青木にだけは依存度が高いのである。
青木と共に勝利を再び手にしようではないか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク