FC2ブログ

負傷者が続々と戦列復帰、チャンピオンシップへの準備は整った

【FC東京vs鹿島プレビュー】苦手な相手との我慢比べに挑むFC東京 鹿島は昌子の先発復帰が濃厚に


■FC東京 守備陣の集中力が勝負を分けるカギに、躍動する中島の活躍に期待

 リーグ前節はアウェーでサンフレッチェ広島に競り勝ったが、その後のルヴァンカップ準決勝は、浦和レッズに連敗を喫し、決勝進出はかなわなかった。日本代表の森重真人、丸山祐市を欠く形で臨んだこの大会だったが、篠田善之監督は「個々にも、チーム力としても差があった」と、冷静に現実を受け止め、だからこそシーズン終了まで歩みを止めず、前進するために、このインターバルの期間にも、ハードなトレーニングを続けていた。

 リーグ戦は、3試合を残して上位進出も降格もない“無風状態”だが、選手たち自身も、「一戦ごとに結果を残したい」と、勝利への渇望感を隠さず、モチベーションも高い。特に敗れた浦和戦でも、東慶悟、中島翔哉がゴールをマークし、篠田監督就任後の公式戦で、無得点試合は一度もない。その中でも中島が好調を維持し、チームの攻撃をリードしている。

 一方で、徳永悠平の離脱の影響もあり、直近の公式戦5試合で11失点を喫したディフェンス陣には不安が残る。今節は、苦手とも言える鹿島との対戦だが、森重は「鹿島戦はいつも、我慢比べのゲーム展開になる。その中で僕たちが自滅して敗れているという印象が強い」と話し、いかに集中力を保ち、失点を抑える時間を長くできるかがポイントになるはずだ。

 粘り強さ、攻守の素早い切り替えなど、鹿島を見習うべき部分も多くあるはずだが、まずは走り負けることなく、中島や河野広貴らを起点として相手の隙を突き、先手を取りたい。(totoONE編集部)

■鹿島アントラーズ 負傷者が続々と戦列復帰、チャンピオンシップへの準備は整った

 鹿島は前節の大宮アルディージャ戦で1-3で敗れた後、約3週間のリーグ中断期間に突入した。中断前はけが人が多く出たことも影響し、決してチーム状態が良いと言える状態ではなかった。ただ、この3週間でタイ遠征で強化を図ったほか、けが人の復帰もあり、2ndステージ終盤戦、チャンピオンシップへ向けた準備が出来たと言えるだろう。

 内転筋の痛みで長期離脱していた遠藤康が全体練習に戻ってきた。すでに紅白戦でもプレーしており、FC東京戦で復帰する可能性がある。足元へのパスが多く、相手に的を絞られやすかった攻撃陣。持ち味であるキープ力やドリブルが、停滞する攻撃のアクセントになることは間違いない。さらに、中村充孝も復帰。確かな技術と、ゴール前のアイデアで躍動感をもたらすはずだ。

 守備に目を移すと、腰痛で欠場していた昌子源が先発復帰する見込み。単に主力の1人が戻ってくるだけではなく、それ以上の上積みをもたらすことは、負傷前のプレーを見ていれば分かる。

 1stステージ優勝を果たした後、カイオのアルアイン移籍や負傷者続出もあり、結果につなげられなかった鹿島。土居聖真のFW復帰と合わせ、ようやくベストに近い編成でFC東京戦に臨むことができる。相性の良い相手から勝ち点3を奪い、今後へ弾みをつけたいところだ。(totoONE編集部)


「ようやくベストに近い編成でFC東京戦に臨むことができる」と記すサッカーキングのプレビューである。
負傷者が復帰し、助っ人がフィットした、それ以上に源の復帰が心強い。
やはり、対人・速さ、それとコーティングによるDFライン統率は鹿島の守備に欠かせぬもの。
一気に守備の安定が図られよう。
また、聖真のFW起用も大きい。
チーム事情で2列目に下がっておったが、聖真の攻守にわたる貢献度は最前線に配置してこそ。
攻守の要がそれぞれのポジションに落ち着き勝利を目指す。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク