FC2ブログ

チャンピオンシップを見据え、手応えを得られるような内容で、勝利を目指したい

【J1展望】鹿島×川崎|CSの前哨戦!? 柴崎、大島の名手を欠くも、白熱の攻防を期待
サッカーダイジェスト編集部
2016年10月28日


鹿島――西や中村、遠藤らが悩めるチームを立て直す!


故障者/鹿島=柴崎、土居 川崎=チョン・ソンリョン、奈良、井川、武岡、大島
出場停止/鹿島=なし 川崎=なし


J1リーグ・2ndステージ16節
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ
10月29日(土)/14:00/県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ
2ndステージ成績(15節終了時):10位 勝点20 6勝2分7敗 24得点・22失点
年間成績(32試合終了時):3位 勝点59 18勝5分9敗 53得点・32失点

【最新チーム事情】
●柴崎が右足の違和感で練習を回避しており、欠場する可能性がある。代わりに小笠原の先発復帰が見込まれる。
●故障明けの西と中村が先発復帰の見込み。前節のFC東京戦では崩しの形が見られなかったが、このふたりの活躍で改善を期待したい。
●腰痛からの復帰2戦目を迎える昌子。復帰戦となったFC東京戦では関係者に「まだ怖い部分もある」と漏らしていたが、すでに「怖さ? ない」と明言するまでに回復した模様。頼れるDFリーダーが川崎の強力な攻撃陣に立ち向かう。

【担当記者の視点】
 大宮、FC東京を相手に今季2度目の連敗。チームの調子は下降線を辿り、さらに柴崎、土居という主力ふたりを欠くなかで迎える川崎戦は、苦戦を免れそうにない。

 もっとも、西や中村の復帰は心強い。前節に戦列に戻った遠藤もコンディションが上がってきているはずで、実績のある彼らがいかにチームの立て直しに貢献できるかに命運はかかっている。

 あとは、金崎や赤﨑の2トップが、献身的な守備をこなしながら、いかにゴール前で勝負強さを発揮できるか。チャンピオンシップを見据え、手応えを得られるような内容で、勝利を目指したい。

川崎――大島の欠場が濃厚。代役は好調を維持する森谷か。

J1リーグ・2ndステージ16節
鹿島アントラーズ-川崎フロンターレ
10月29日(土)/14:00/県立カシマサッカースタジアム

川崎フロンターレ
2ndステージ成績(15節終了時):2位 勝点31 10勝1分4敗 32得点・21失点
年間成績(32試合終了時):2位 勝点69 21勝6分5敗 65得点・36失点

【最新チーム事情】
●すでにCSは決めているが、年間勝点1位と第2ステージ制覇に向けて気持ちが緩む様子はない。
●全体をコンパクトに維持することを意図した練習が続く。
●大島僚太が足を痛め、大事を取って欠場の方向へ。

【担当記者の視点】
 第2ステージ優勝の芽は限りなく小さくなったものの、チームの士気はまったく落ちていない。視線は年間順位1位と、その先にあるチャンピオンシップに向けられており、練習にも熱がこもっている。今節の相手は、チャンピオンシップで対戦する可能性がある鹿島。ここで叩いておけば、後々の戦いも優位に運べるはずだ。

 心配の種は、大島の欠場だろう。中村とともにパスワークの起点になるこのMFの不在は、攻撃の迫力不足につながりかねない。ただ、代役が予想される森谷は好調を維持しており、前節の広島戦では豪快なミドルを決めている。今節での活躍も期待できるか。


「チームの調子は下降線を辿り、さらに柴崎、土居という主力ふたりを欠くなかで迎える川崎戦は、苦戦を免れそうにない」と記す、サッカーダイジェストのプレビューである。
確かに、公式戦2連敗中のチーム状態に加え主力である岳と聖真の負傷離脱を聞けば、チーム状態は下降線と言わざるを得ない。
とはいえ、満男と優磨という、チームトップクラスの戦力が代わりに出るとなれば、話は別と言えよう。
満男の実力は周知の如く、そして2年目とはいえ優磨の存在感は他の選手と比肩するものではない。
この二人の持つタレントは、チーム状況さえも好転させるものがある。
ベテランと若手の融合にて勝利を掴み取る。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク