FC2ブログ

サントス、一番の問題は負けたこと

【鹿島】CS前哨戦で露呈した“常勝軍団”の課題に、「一番の問題は…」とレジェンドが助言
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2016年10月29日


金崎が、昌子が、遠藤が、ファブリシオがチャンスを迎えるも…。


アグレッシブな姿勢で攻撃を牽引した金崎(33番)だったが、GKとの1対1を決められず。他の選手も決定機をモノにできず、鹿島は川崎とのCS前哨戦で惜敗を喫した。(C)SOCCER DIGEST

 10月29日の川崎との一戦に、かつてのチームメイトであるサントスが駆けつけた。試合後、鹿島のレジェンドに古巣の戦いぶりについて印象を聞いてみると……。

「一番の問題は、負けたこと。ただ、アントラーズはたくさんのチャンスを作った。前半も後半も、最初にビッグチャンスをもらったのはアントラーズだった。そこを決められなかったのは大きな課題。サッカーにおいて、ゴールチャンスが訪れたら、絶対に入れてほしい。絶対にね」

 この試合、たしかに鹿島は数多くの決定機を演出したが、決め切れなかった。ファブリシオや昌子の一撃はバーに嫌われ、金崎はGKとの1対1でストップされ、遠藤の渾身のシュートもネットを揺らせなかった。

 失点は一瞬の隙を突かれたもので、間違いなく内容では川崎を上回っていた。それでも、試合には勝てなかった。鹿島は0-1と完封負けを喫した。

“常勝軍団”が陥った決定力不足という問題。これを解決しない限り、チャンピオンシップを勝ち抜くことはできないだろう。

 ただ、逆に言えば、やるべきことは明確だ。どれだけゴールを決め切る力を高められるか。ホームで迎える11月3日の神戸との最終節では、相手をねじ伏せるような圧勝を収めて、チャンピオンシップに弾みをつけたい。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


サントスに取材を敢行したサッカーダイジェストの広島氏である。
「一番の問題は、負けたこと。ただ、アントラーズはたくさんのチャンスを作った。前半も後半も、最初にビッグチャンスをもらったのはアントラーズだった。そこを決められなかったのは大きな課題。サッカーにおいて、ゴールチャンスが訪れたら、絶対に入れてほしい。絶対にね」と語った。
チャンスの数ならば鹿島の勝利であった。
しかしながら、そうはならぬのがサッカーという球技である。
決定力、この数字では表しきれないこの「力」を鍛え上げ、CSに挑もうではないか。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

決定力は永遠の課題。

ジーコはゴールにパスをするというが、それが難しい。

歴代鹿島の日本人選手で、パスのようなシュートがうまいのは天才野沢くらいか?

チームの状態は

確かに、決めきれない事は問題点です。
ただ、失点の場面以外は
守備での改善が見れた気がします。
前線から追い込んで、
パスコースを限定させ、
相手が苦し紛れに前に出したパスを
両ボランチが刈りとる。
1Sでよく見られたシーンが出来ていたと思います。
負けた事は残念でしたが
チャンピオンシップに向けて
希望が持てる試合でした。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク