fc2ブログ

鹿島神宮清掃

謹慎中の鹿島大道、船山が鹿島神宮を清掃
 5月下旬に飲酒運転の不祥事を起こした鹿島MF大道広幸(20)、船山祐二(23)が18日、茨城県鹿嶋市内で奉仕活動を行った。今月いっぱいまで謹慎中の2人が活動を行うのは今回が初めて。午前8時前から鹿島神宮の参道などを、クラブスタッフ、宮司とともに約1時間半のほうき掛けで清掃した。


 船山は「自分たちの軽率な行動で、チームメートや鹿島に迷惑をかけ、サポーターも裏切った。信頼を取り戻せるように頑張る」と頭を下げた。大道は「人1倍、2倍、恩返ししないといけない」と声を震わせて、決意を示した。
 [2008年6月19日7時51分 紙面から]


鹿島・大道、船山が鹿島神宮を1時間清掃
2008.6.19 05:01
 酒気帯び運転で5月に摘発された鹿島MF大道と同乗のMF船山が18日、社会奉仕活動の一環として鹿島神宮の参道などを午前8時から約1時間かけて掃除した。チーム名の由来は、鹿島神宮で飼われているアントラー(鹿の枝角)ということもあり“原点”からの再出発。船山は「信頼されるのは難しいけど、またピッチに立ちたい」と話し、大道は「多くの人を裏切ってしまった。これから一生懸命がんばりたい」と声を震わせた。(鹿嶋市)


心もきれいに…酒気帯び選手が鹿島神宮清掃

鹿島神宮で清掃作業を行う船山(左)と大道
Photo By スポニチ

 酒気帯び運転で摘発された鹿島のMF大道広幸(20)と、車に同乗していたMF船山祐二(23)が社会奉仕活動を開始した。竹ぼうきを手に鹿島神宮の約300メートルの参道で約1時間、清掃作業を行った。大道は「きょうが初めてですけど、やっていくうちに自分の心も清掃できれば」と声を震わせ、黒く染め直した短髪姿の船山も「何カ月、何年先かは分からないけどピッチに立ちたい」と語った。2人にはクラブから謹慎処分が科されており、練習合流は来月から。同神宮では出場停止処分が明ける9月末まで週1回、社会奉仕活動を行う。
[ 2008年06月19日 ]


キャンプにも帯同できず練習にも参加でない二人が鹿島神宮の清掃を行い、自らの心も洗浄しようとしているとのこと。
心がけ一つでいくつもの見方が変わり、視野も広がってこよう。
我等も彼等の復帰を待ち望んでおる。
ただ、以前と変わらぬままでなく、新生大道・新生船山として。
ヱヴァンゲリオン新劇場版:序のように。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク