fc2ブログ

鹿島――金崎のコンディションが気になるが、チーム力の向上が顕著に

【天皇杯展望】CS、クラブW杯の経験が活きる鹿島に対し、リベンジに燃える川崎は風間体制で有終の美を飾れるか
サッカーダイジェスト編集部
2016年12月31日


鹿島――金崎のコンディションが気になるが、チーム力の向上が顕著に。


故障者/鹿島=金崎 川崎=奈良、武岡、長谷川、井川 
出場停止/鹿島=なし 川崎=E・ネット


第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会・決勝
鹿島アントラーズ - 川崎フロンターレ
2017年1月1日(日)/14:00/市立吹田サッカースタジアム

【最新チーム事情】
●過密日程で体調を崩した選手たちも回復してきたが、金崎は回復が遅れている模様。
●「チームで戦えていることがいい結果につながっている」と赤﨑。主力のアクシデント発生にも勝ち切れる力がついてきたことを強調。
●石井監督は「先制点が重要と思う。良い形で先制する」とゲームプランを描く。

【担当記者の視点】
 鹿島は12月31日、天皇杯決勝・川崎戦に備え、大阪府内のグラウンドで冒頭15分のみ公開の非公開練習を約1時間にわたって行なった。非公開練習では主にセットプレーやPK練習を行なった模様。石井正忠監督は「元日にサッカーができるのは2チームしかいない。その嬉しさはある」と話し、「今シーズン、全タイトルを目標に掲げてきた。リーグは久々に取ることができ、天皇杯もチャンスがある。19冠目のタイトルをしっかり取りに行きたい」と2010年以来、6年ぶりとなる天皇杯優勝へ意欲を見せた。

 鹿島は11月下旬からチャンピオンシップ、クラブワールドカップ、天皇杯と過密日程のなかで戦ってきており、代償を払った。クラブワールドカップ後には遠藤康、西大伍、柴崎岳、金崎夢生と主力が相次いで体調を崩した。天皇杯決勝では、金崎をのぞいて全員がピッチに立てる状態に戻ったが、練習を休んだ期間もあり、万全とは言えない状態だ。石井監督が「できれば90分で決着をつけたい」と話すのは、コンディション面がそう言わせるのだろう。

 ただ、過密日程がもたらしたのは代償ばかりではなく、それ以上の恩恵があった。準決勝で先発した伊東幸敏は「誰が出ても鹿島であることを示したかった」と言い、金崎の穴を埋めてきた赤崎秀平も「誰か個人に頼るのではなく、チームで戦えていることが良い結果につながっている」と明かす。主力と言われるメンバーにアクシデントが発生しても、勝ち切れるチーム力が今の鹿島にはある。クラブワールドカップ、天皇杯と勝ち上がってきていることは、なによりの証明だ。

「今いるメンバーが(リーグ)優勝の味をリアルに覚えたことが大きい。それをまた味わいたい。また、あの舞台に立ちたい。そうリアルに思える。そういう思いっていうのは、大事な試合の時に力になるんだよね。いつも以上に力が出る。また、あの舞台に立ちたいっていう気持ちが、あるから。だからリアルに経験できたことが大きいんだよ」
 遠藤はリーグ制覇後、チームが安定して結果を残せていることを、こう分析した。

 初タイトルへ執念を見せる川崎に対して、石井監督は「すべての試合で先制点が重要と思う。良い形で先制する。チャンピオンシップ準決勝のようにできれば問題ないと思う」とゲームプランを描いた。過去、川崎のタイトル獲得を何度も阻んできた鹿島が、その勝負強さを元日決戦でも発揮する。

川崎――E・ネットは出場停止も大島が実戦復帰。CS準決勝のリベンジを果たせるか。

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会・決勝
鹿島アントラーズ - 川崎フロンターレ
2017年1月1日(日)/14:00/市立吹田サッカースタジアム

【最新チーム事情】
●準決勝の大宮戦は苦戦を強いられるも終盤の谷口の決勝弾で勝利。初の決勝進出を決めた。
●決勝の相手はチャンピオンシップ準決勝で敗れた鹿島。中村は「リベンジを果たすという意味でもこれ以上ない相手」と話す。
●大宮戦では大島が約2か月ぶりに実戦復帰。しかし、E・ネットが累積警告で決勝は出場停止に。

【担当記者の視点】
 準決勝の大宮戦は相手の激しいプレスに遭い、序盤から苦戦した。それでも「崩れずに自分たちで我慢しながら勝機を見出すことができた」(中村)と、粘り強く戦い、終盤の谷口の決勝ゴールで勝利を掴んだ。天皇杯決勝に進出するのはクラブ初だ。念願の初タイトルへチームは勢いを増している。

 ただ、準決勝で警告を受けたボランチのE・ネットが重要な一戦で出場停止になったのは大きな痛手。左ふくらはぎの負傷で、10月22日のリーグ戦を最後に実戦から遠ざかっていた大島が大宮戦で復帰した点は大きいが、先発で出場できるかは不透明だ。

 もし大島がベンチスタートとなった場合、ボランチではプロ2年目の板倉を起用する手も考えられる。板倉はチャンピオンシップ準決勝の鹿島戦(11月23日)でもボランチで先発しただけに相手の特長を掴んでいるという点はメリットと言えるだろう。

 また、不安材料はもう一点。準決勝から中2日でどれだけコンディションを整えられるかだ。チームは大宮戦翌日の30日に麻生グラウンドで軽めのトレーニングをこなし、同日に大阪入り。31日に現地で最終調整を行なったが、スケジュールは同じでも準決勝を大阪のヤンマースタジアム長居で戦った鹿島より移動距離で不利な面がある。そのなかで大宮戦で左膝を痛めた大久保の状態も気になるところだ。

 もっとも決勝の相手である鹿島にはチャンピオンシップ準決勝で苦汁を舐めさせられただけに、雪辱へ選手たちの鼻息は荒い。中村は「リベンジを果たすという意味でもこれ以上ない相手」、大久保は「リベンジ。それだけ」と語るなど熱い想いを見せている。

 ちなみに今季限りでチームを離れることが決まっている風間監督は指導者として胴上げの経験は「もちろんない」とのこと。そのため「絶対に胴上げしたいです」(谷口)と、選手たちの想いは一致している。

 果たしてこれまで大一番で敗れてきた負の歴史に終止符を打てるのか。「自分たちの持っているものすべてを出し」(中村)、初タイトルを掴みたい。


「天皇杯決勝では、金崎をのぞいて全員がピッチに立てる状態に戻った」と記す、サッカーダイジェストのプレビューである。
先発予想は、CWC決勝のR・マドリー戦から夢生を赤﨑に替えた格好となっておる。
ヤスと西が復帰し、負傷が危ぶまれた脩斗も左SBとして起用される見込み。
現状、考え得るベストメンバーではなかろうか。
赤﨑は、「誰か個人に頼るのではなく、チームで戦えていることが良い結果につながっている」と語っており、チームの結束を感じさせる。
「ともに」戦う2016年シーズンの集大成として、このチームの最終戦を勝利で終えたい。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

鹿島は勝ちますよ。だって今日私が鹿島神宮で必勝祈願しましたからね。川崎には悪いけど鹿島が優勝します。賽銭は100円(笑)

CSの浦和の慌てぶり見ました?あの浦和ですら自分を見失ってました。平常心を保った方が勝つでしょうね。たとえ先制されてもね。多分鹿島は慌てないと思いますよ。小笠原がいますから。川崎は初優勝のプレッシャーに押し潰されるでしょうね。吹田ですから川崎劇場も不可能。鹿島の優勝しか考えられないです。

今年もよろしくお願いいたします!
勝ちましょう!今年は全タイトル獲って、もう一回クラブW杯に挑戦しましょう!選手を信じていきましょう!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク