fc2ブログ

大分戦報道

鹿島ワーストタイ阻止8戦ぶり勝利/J1



先制ゴールを決め、野沢(左)と田代(右)の祝福を受けるたMFダニーロ

<J1:鹿島1−0大分>◇第11節◇25日◇カシマ

 鹿島が未勝利地獄から抜け出した。リーグ7戦未勝利で迎えた大分とのリーグ再開戦は、後半21分に途中出場のMFダニーロがヘッド弾を決めて、1−0で逃げ切り勝ちした。4月5日千葉戦以来81日ぶりのリーグ戦白星で、首位浦和との勝ち点差も4に縮め、4位に浮上した。G大阪もMF遠藤の得点で1−0と京都を下して5位とし、優勝争いに踏みとどまった。


 王者が終盤に誇りを示した。1−0で迎えた後半44分。左サイドを大分MF金崎に突破され、ゴール前フリーだったFW前田にパスが渡る。スタンドから悲鳴が上がりかけた瞬間、全力で戻ったMFダニーロが滑り込んでボールをはじいた。ブラジル人助っ人は、後半21分に自ら決めた先制点に浮かれることなく、守備に戻ってチームを救った。DF岩政がダニーロを強く抱き締めた姿に、プレーの重みが表れていた。


 主将のMF小笠原は語気を強めて、勝敗を左右したプレーを振り返った。「当たり前だけど1人1人が頑張った。それがちょっとずつ欠けてもチームとしては大きくなる。攻守の切り替えの速さや頑張りは、うちの生命線だから」。11冠を勝ち取った伝統の力でリーグ戦8試合ぶりの勝利を引き寄せた。


 7戦未勝利でリーグ中断期に突入した。DF内田は代表招集でチームを離れている間も、鹿島の状況を気にし続けた。報道陣に「鹿島、どうなっている?」と逆取材。W杯予選を戦う日本代表の責任と喜びを感じる一方で「鹿島は本当にいいチームなんですよ」と愛着を強調した。この日はW杯予選の最年少弾を決めた22日のバーレーン戦から中2日での先発。本来のプレーができず「変な汗が出た」と心身に重圧を感じながらも、走り回った。


 引き分け以下なら99年の8戦未勝利のクラブワースト記録に並んでいた。「(7戦未勝利の記録は)いい意味で忘れていた。もちろん負けた悔しさは忘れていないけど」と小笠原。スランプを乗り越え、プライドを取り戻した鹿島の反攻が、いよいよ始まった。【広重竜太郎】

 [2008年6月26日8時59分 紙面から]


鹿島、価値ある8試合ぶりの勝利

2008.6.25 23:08



決勝ゴールを決めた鹿島・ダニーロは、サポーターと一緒に喜びを分かち合う=カシマスタジアム【フォト】

 J1第11節(25日、鹿島1−0大分、カシマ)鹿島はダニーロが頭で決めて1−0で大分を下し、勝ち点22で4位に浮上。


 リーグは28、29日の第14節から本格的に再開する。


 試合終了の笛を耳にすると、鹿島イレブンは安堵(あんど)した表情を浮かべた。アジア・チャンピオンズリーグで1次リーグを突破しても、J1での勝利は4月5日の千葉戦以来、8試合ぶり。決勝点のダニーロは「この試合がどれだけ大切か分かっていた」と言い、ゴール裏の応援席に入ってファンと喜びを分かち合った。


 試合は互角に近い展開だったが、好機を逃さない抜け目のなさで鹿島が上回った。後半21分。5分前に交代で入ったばかりのダニーロが小笠原の左CKを下がりながらの難しいへディング。ボールはバーに当たってゴールに飛び込んだ。GKには防ぎようがない見事な一撃だった。


 中断期間の5月には所属選手2人の酒気帯び運転が発覚する逆風の中、6月の福島県内でのキャンプで巻き返しを誓ってきた。主将の小笠原は「いろいろ準備してきたし、勝ちと負けでは大きな差がある」と勝利の重みを口にした。


 昨年6月30日にFC東京に負けたのを最後に続く本拠地での無敗ももうすぐ1年になる。首位と勝ち点4差の4位に浮上。これで昨年のJ1王者が追撃態勢に入るか。


鹿島・オリベイラ監督

「リーグの中断期間ではある程度、狙い通りの調整ができた。きょうは点が入る前も入った後もうちらしさを出せた」


★大分、猛攻も1点遠く

 大分はシュート数で14−10と上回りながら、1点が遠かった。トップ下を担った19歳の金崎は後半の好機でシュートをバーに直撃。「チャンスの数は同じくらいあったのに悔しい」と唇をかみしめた。


 読みのいい守備で鹿島を苦しめた北京五輪日本代表候補の森重も「少なくとも勝ち点1を取る試合運びができなければ上位に入れない」と表情を曇らせた。


★大分・高橋が8カ月ぶりに復帰

 昨年は大分で最多の10点をマークした高橋が約8カ月ぶりに復帰し、後半18分から途中出場した。


 スピードが武器の24歳はFWとして動き回り、シュートも放った。「ひざは大丈夫だが、チャンスで少し消極的になってしまった。まだまだ」と自己採点は厳しかった。


大分・シャムスカ監督

「やるべきことはすべてやったが、細かいプレーの差が勝敗を分けた。結果は負けだが、それ以上の結果が出ていても不思議ではなかった」


逆襲スタート!鹿島リーグ戦81日ぶり勝利

2008.6.26 05:08



小笠原(左)と内田(右)が前半攻め込む大分・金崎を挟み撃ち【フォト】


 J1第11節最終日(25日、鹿島1−0大分、カシマ)南アW杯3次予選のため中断されていたリーグ戦が再開。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場により試合未消化だった鹿島が、大分に1−0で勝利した。後半21分、MF小笠原満男(28)の左CKからMFダニーロ(28)が決勝ヘッド。4月5日の千葉戦以来、81日ぶりのリーグ戦勝利で4位に浮上した。リーグは28、29日に本格的に再開する。


 ヒーローに勢いよく抱きついた。小笠原がダニーロの頭を満面の笑みでなでる。同じ28歳には見えない(!?)2人が、白星から遠ざかっていた昨季王者を、負の“呪縛”から解き放った。


 「勝つ、負けるでは大きな差があった。手応えのあるゲームじゃなかったけど、勝てない時期が続いたので、勝ててよかった」。主将の小笠原は安どの表情を浮かべた。


 0−0の後半21分。小笠原が途中出場のダニーロにドンピシャのクロス。「いいボールがきたので決めるだけだった。大事な試合だとわかっていた」とダニーロも満足げだ。

 リーグ中断となった5月17日の柏戦(カシマ)まで、7戦未勝利。99年の8戦未勝利のクラブ史上ワースト記録に、リーチがかかっていた。「いい意味で忘れていました」と小笠原は笑うが、重圧は肩にのしかかっていたはずだ。


 前半戦は並行して開催されたACLで1次リーグ突破。過密日程で疲労が蓄積し、チームの生命線の運動量が失われた。そこで、中断期間に鼓舞したのが小笠原だった。


 「若手にはまだタフさが足りない。オレや(中田)浩二、モト(本山)は代表から帰って中1日の試合を経験している。このチームには、まだそういう経験がない」。数々の大舞台を踏んだ男が改めてカツ。中断期間にはまた、酒気帯び運転でMF大道と同乗のMF船山が摘発されるという逆風まであった。


 「いろいろ準備してきた。(前半戦の)悔しさは忘れたくない。まだまだよくなる」と小笠原は力を込める。カシマスタジアムでは22戦負けなしで“不敗神話”も継続。4位に浮上した王者が、一気に巻き返す。(峯岸弘行)


ダニーロ頭で決めた!鹿島8試合ぶり勝利



<鹿島―大分>後半、先制ゴールを決めて喜ぶ鹿島・ダニーロ

Photo By 共同


 【鹿島1―0大分】試合終了の笛を耳にすると、鹿島イレブンは安堵した表情を浮かべた。アジア・チャンピオンズリーグで1次リーグを突破しても、J1での勝利は4月5日の千葉戦以来、8試合ぶり。決勝点のダニーロは「この試合がどれだけ大切か分かっていた」と言い、ゴール裏の応援席に入ってファンと喜びを分かち合った。


 試合は互角に近い展開だったが、好機を逃さない抜け目のなさで鹿島が上回った。後半21分。5分前に交代で入ったばかりのダニーロが小笠原の左CKを下がりながらの難しいへディング。ボールはバーに当たってゴールに飛び込んだ。GKには防ぎようがない見事な一撃だった。


 中断期間の5月には所属選手2人の酒気帯び運転が発覚する逆風の中、6月の福島県内でのキャンプで巻き返しを誓ってきた。主将の小笠原は「いろいろ準備してきたし、勝ちと負けでは大きな差がある」と勝利の重みを口にした。


 昨年6月30日にFC東京に負けたのを最後に続く本拠地での無敗ももうすぐ1年になる。首位と勝ち点4差の4位に浮上。これで昨年のJ1王者が追撃態勢に入るか。

[ 2008年06月25日 21:28 ]


ダニーロ様々!鹿島長〜いトンネル抜けた



<鹿島・大分>後半21分、会心のゴールを決めたダニーロ

Photo By スポニチ


 【鹿島1―0大分】鹿島がMFダニーロの活躍でようやく長いトンネルを抜け出した。後半21分にMF小笠原の左CKから頭で決めて先制点を挙げると、後半44分には相手のシュートをゴールラインぎりぎりでクリア。「自分のゴールで勝てて、とてもうれしい」。普段はクールな助っ人も、チームのリーグ戦8試合ぶりの白星に貢献し自然と笑みがこぼれた。これで順位も4位に浮上。「手応えのある試合ではなかったけど、きょうは勝つことが大事だった」と小笠原。今季も昨季同様、中断期間中にみっちり走り込みを行った効果がてき面。J王者が昨季の逆転Vの再現へ向け順調な再スタートを切った。

[ 2008年06月26日 ]


鹿島とG大阪が勝利…J1第11節



鹿島―大分 後半、先制ゴールを決めて喜ぶ鹿島・ダニーロ

 ◆J1第11節(25日) 南アW杯アジア3次予選のため1か月以上中断していたリーグ戦が再開した。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のため、未消化だった2試合を行い、鹿島、G大阪がそれぞれ勝利した。


 鹿島はダニーロがヘッドで決めて1―0で大分を下し、勝ち点22で4位に浮上。G大阪は遠藤の得点で1―0で京都に競り勝ち、同22としたが得失点差で5位。


 リーグは28、29日の第14節から本格的に再開する。

(2008年6月25日22時05分  スポーツ報知)


小笠原Vアシスト!鹿島81日ぶり勝利4位浮上…J1第11節



前半14分、鋭いシュートを放つ鹿島・小笠原

 ◆J1第11節 鹿島1―0大分(25日・カシマ) 1か月の中断から再開し、アジアチャンピオンズリーグの影響で未消化だった第11節2試合が行われた。鹿島はMFダニーロ(29)の先制点を守りきり、大分に1―0と、4月5日の千葉戦以来8試合ぶり勝利で4位浮上。首位・浦和との勝ち点差を4に縮めた。


 鹿島が長いトンネルを抜けた。実に81日ぶり、8試合ぶりの勝利だ。MF小笠原は「勝てない時期があって、勝つために中断期間で準備してきて、ここで勝つのと引き分け、負けるのでは大きな差があった。内容うんぬんより結果が出たことが良かった」。勝利をかみしめるように場内をゆっくり一周した。


 主将のアシストが勝負を決めた。後半21分。左CKに立った小笠原が「ダニーロはあそこ(ニア)が強い。前にも決めたことがある」と低いライナー性のボールを送る。ダニーロのおでこに向かうピンポイントクロス。体をひねりながらの難易度の高いヘディング弾を導きだした。


 5月17日の柏戦を1―1で引き分け、クラブワースト2位の7試合連続未勝利を記録した日。プロ初先発で無得点に終わり、責任を感じて目を真っ赤にしたFW佐々木竜太(20)に電話した。「メシでも行こうか」。一度もかかってきたことのない番号からの呼び出しに、20歳の若武者の心は救われたという。


 終了前には攻撃のために投入されたダニーロまで全力で自陣に戻り、決定的ピンチを防いだ。「どうすれば勝てるか。何となくやっていれば負ける。ウチは攻守の切り替えと頑張り。内容には納得していないけど、それをこれからもやっていかないと」と小笠原。王者の逆襲が始まる。

(2008年6月26日06時02分  スポーツ報知)


鹿島逆襲モード ”全員サッカー”取り戻す

2008/06/26(木) 本紙朝刊 スポーツ A版 7頁

 後半戦の流れを決めかねないリーグ再開戦で、鹿島の強さがよみがえった。勝てば4位に浮上、負ければ首位浦和と勝ち点差7のまま8位まで順位を下げる可能性があった大分戦。小笠原が「手応えのあるゲームではなかったが、きょうは勝つことが重要だった」と話す通り、内容は悪いながらも勝ち切るすべを思い出したかのようだった。


 約1カ月ぶりの試合で「試合感が戻ってくるのに時間がかかった」と青木。前半からペースを握りながら、前線での連係ミスなどもあって、点が取れないジリジリした展開が続いた。リーグ最少失点を誇る大分守備陣を崩し切れず、15分の野沢の左CKから田代のヘディングシュートがクロスバーにはね返されるなど、1点が遠かった。

 均衡を破ったのは途中出場のダニーロ。小笠原の左CKをニアで戻りながら、頭で合わせたボールはクロスバーに当たり、ゴールへ吸い込まれた。結果的にこの1点を守った形になったが、「一人一人が頑張るのは当たり前だが、すごく大事なこと。このチームの生命線」と小笠原。守備でミスが出ても、すぐに全員がカバーに走るなど、攻守の切り替えが早く、最後まで集中力を切らさなかったのも勝因の一つだ。

 大分戦は選手全員がハードワークを求められる鹿島のサッカーを取り戻したことを証明した。本山が「今後につながる」と話せば、岩政も「苦しい試合で勝ち点3を取って行くことが薬になる」と上位進出への手応えを見せた。この勝利が完全復活ののろしとなるか。


ダニーロ一色かと思いきや報知は小笠原主将にスポットである。

昨日も無理矢理に近い記事を載せており、プッシュし放題である。

これで代表復帰となれば報知もガセの報知から小笠原を代表に押し上げたメディアとして名乗りを上げるであろう。

それだけでなく、今日の記事も悩める若鹿よよに電話したエピソードなどを報じ人間性のアピールも加えており好感が持てる。

ダニーロと共に報知も一皮剥けて良くなったのであろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク