fc2ブログ

上位へ浮上せよ

J1 28日名古屋戦
2008/06/28(土) 本紙朝刊 スポーツ A版 8頁
鹿島 上位たたきだ!
 Jリーグ1部(J1)第14節は28、29日、各地で9試合を行う。鹿島は28日、名古屋市瑞穂陸上競技場で2位名古屋と対戦する。キックオフは午後7時。前節の大分戦で8試合ぶりに白星を挙げ、上位をたたいて上昇気流に乗りたい。


小笠原「連勝を」
 鹿島は6勝4分け3敗、勝ち点22で4位。約1カ月の中断期間でリフレッシュしたため、本来の動きが復活。大分戦は内容的には物足りなさもあったが、攻守に集中したプレーとともに勝負強さが戻ってきた。小笠原「もっと一人一人の頑張りがあれば、良くなっていく。上に行くためにも連勝したい」と話す。
 今節はメンバー変更はなさそう。ケガから復帰したマルキーニョスはキレを取り戻してきており、田代も大分戦では無得点だったが復調傾向。27日のセットプレーの練習では、タイミングよく頭でとらえ「次は決めたい」とゴールへ意欲を燃やす。
 名古屋は8勝2分け3敗で、浦和と勝ち点26で並び2位。今季から就任したストイコビッチ監督の下、生まれ変わったチームは開幕から7戦で6勝1分けの快進撃。その後、3連敗を喫したが立て直し、好位置につけている。
 ヨンセン、玉田の強力2トップのほか、日本代表のGK楢崎、成長株のMF小川、五輪代表のDF吉田らもいる。ボランチのMF中村が出場停止、MFマギヌンが不祥事で欠場するが、激戦になるのは必至だ。
 岩政「名古屋はヨンセン。彼をどこまで抑えられるか」と話す。本山「人は動くし、いいチーム。サイドバックも攻撃的で、バランスがすごくいい。ホームで攻めてくると思うので、相手の長所を消しながら、集中してやりたい」と気を引き締めていた。


この試合を落とすようでは優勝などおこがましい。
強い相手をアウェイで叩きのめす強さが求められる。
昨季の借りを返すのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク