強く感じられたのは、”進化の可能性”と”強さの源”だった

鹿島はやっぱり鹿島。「前の4人が
変幻自在」の新たな攻撃スタイル

飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi

 プレシーズンマッチといえど、鹿島アントラーズは、やはり鹿島アントラーズだった。

 JリーグDAZNニューイヤーカップの宮崎ラウンド(2月2日~6日)。J1王者の鹿島は、初戦のV・ファーレン長崎(J2)戦は2−0と勝利したが、第2戦の横浜FC(J2)戦は0−1と敗戦。1勝1敗で迎えた第3戦のアビスパ福岡(J2)戦は1−0でモノにしたものの、2戦目の黒星が響いて2位に終わった。

 優勝を逃したうえ、「大勝を狙っていた」(FW鈴木優磨)にもかかわらず、得点力不足を露呈したことで、勝った福岡戦のあとも、選手たちの表情は厳しく、ミックスゾーンではまるで負けたチームのように言葉数が少なかった。

 そんなチームメイトの心境を、DF植田直通が代弁するように言う。

「チームとしては、コンディションを上げることが目的かもしれないですけど、鹿島というチームは、どんな試合でも勝ちにこだわらなければいけないチームですから」

 横浜FCに敗れたあと、「情けない試合」と吐き捨てたDF昌子源は、「今日もあまり変わらなかった」と振り返ると、「もっと点を取らないと苦しくなるし、1点を取ってからシュートが減ったり、シュート自体が少なかったりした。そういうのを突き詰めていかないと、(今季のJ1リーグでも)勝てないんじゃないか」と、危機感を露(あら)わにした。

 たとえプレシーズンでも、勝利するのが大前提。そのうえで、内容を突き詰めていかなければ、レギュラーシーズンで苦戦を強いられる。そのことがわかっているから、ライバルたちが戦術や連係の確認に重きを置くこの時期でも、勝利へのこだわりが少しも薄れることはない。やはり、鹿島は鹿島だった。

 選手たちは危機感を抱くが、1月下旬にタイ遠征を敢行し、帰国するとすぐさま宮崎へ移動。中1日でゲームを重ね、急ピッチで仕上げてきたのも事実。はたから見れば、疲労が最もたまっている時期で、パフォーマンスが落ちるのも無理はない。

 それに、すべてが悪かったわけではなく、新シーズンに向けてポジティブな面も確かに見えた。

 そのひとつが、前線の「組み合わせ」と「流動性」だ。

 この日は、2トップに金崎夢生と土居聖真。右サイドハーフに新加入のレアンドロ(パルメイラス/ブラジル→)、左サイドハーフに鈴木が入ったが、4人がそのまま、オリジナルポジションのプレーエリアにとどまっていた時間はほとんどなかった。

 前半の金崎は右サイドのタッチライン際まで流れることが多く、逆にレアンドロはインサイドでプレーする機会が多かった。一方、左サイドはもっとはっきりしていて、前半の途中から土居と鈴木が入れ替わり、立ち位置を変えてプレーした。その狙いについて、鈴木が明かす。

「相手が引いていたので、聖真くんが前向きで持って、俺は背負うのが得意なので、そっちのほうがいいかなっていう話を聖真くんとして、入れ替わりました」

 鈴木はもともとFWだが、サイドハーフもこなす。土居はトップ下を本職としながら、2トップの一角でも、サイドでもプレーする。同じように、今ではストライカーの印象が強い金崎も、大分トリニータ時代や名古屋グランパス時代はトップ下でプレー。レアンドロにしても、「右も、左も、前(FW)でもできる」(石井正忠監督)という。4人のアタッカーは全員、攻撃のポジションならどこでもプレーできるのだ。


タイ遠征やDAZNニューイヤーカップでも、前線で流動的な動きを見せていた土居聖真

 鈴木と土居が自らの判断でポジションを変えたことに関して、指揮官も歓迎する。

「対戦相手を見て、選手同士でこう崩したいと思うものがあるのなら、ゲームの中で変化をつけてもいい。もともと練習ではいろんなポジションをやらせている。それぞれの役割を理解しているからできることだと思うので、普段の練習の成果だと思います」

 鹿島の強みのひとつに、相手のスタイルや出方、さらに戦況に応じて、チーム全体が変幻自在に、臨機応変に、戦い方を変えられる点が挙げられる。今シーズンは、前線の4人も流動的に、変幻自在にポジションを入れ替え、相手DFを混乱させるシーンが見られそうだ。

 1月31日には、背番号10を背負ってきた柴崎岳の、スペイン2部リーグのテネリフェへの移籍が決まったが、柴崎の移籍は想定済みで、それを見越してこれまで入念に準備を進めてきた。

 柴崎が務めてきたボランチには、1年前に永木亮太を、今オフにはレオ・シルバ(アルビレックス新潟→)を獲得。昨季の終盤に柴崎が務めたサイドハーフには今季、レアンドロ、ペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸→)、金森健志(アビスパ福岡→)らが加入し、戦力ダウンを回避した。

 JリーグDAZNニューイヤーカップでは、J2のチームに敗れ、得点力不足を露呈した鹿島。それでも、最も強く感じられたのは、”進化の可能性”と”強さの源”だった。


NYCを取材したSportivaの飯尾氏である。
試合後の選手のコメントから鹿島のメンタリティを引き出し、そして福岡戦の攻撃陣について綴る。
夢生と聖真、優磨とレアンドロの4人で構成されたアタッカーは、ポジションに囚われず、流動的に動いた。
これは今季の強みとなろう。
石井監督も「対戦相手を見て、選手同士でこう崩したいと思うものがあるのなら、ゲームの中で変化をつけてもいい。もともと練習ではいろんなポジションをやらせている。それぞれの役割を理解しているからできることだと思うので、普段の練習の成果だと思います」と歓迎しておる。
多彩な攻撃で、タイトルを狙う。
今季の鹿島に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク