水戸戦コメント

2017Jリーグプレシーズンマッチ いばらきサッカーフェスティバル2017




鹿島アントラーズ:石井正忠監督
自分たちがボールを保持する時間が長くなった中、前半はなかなかペナルティーエリア内に入る形を作れなかった。後半も同じような流れだったが、ラッキーな形と良いクロスからのゴールが決まって良かった。守備面では、前半の終盤に少し押し込まれる時間があったので、そういう部分をなくしていきたい。今日は茨城ダービーということで、県内の皆さんが期待して観ていてくれた試合だと思う。アントラーズサポーターの皆さんに勝ち試合を見せることができたのは良かったと思う。

Q.昌子選手が交代を申し出たが

A.前半に痛めたふくらはぎの打撲だが、重傷ではない。ハーフタイムにも話をして「あまり良くなかったら交代しよう」ということになっていた。

Q.ペナルティーエリア内へ入る頻度の低さについて

A.ペナルティーエリア内で我慢できずに(ボールを受けに低い位置に)下りてしまっている場面があるので、エリア内にとどまる形や、エリアの外から中へ入っていく形をもっと作っていきたい。前半は、エリア内に1回入った後、外にパスを受けに出ていってしまう場面があったように思う。

Q.キャンプから、いろいろな選手がキャプテンマークを着けていることについて

A.チームの中心となる選手は何人かいる。チームキャプテンの小笠原以外でも、チームをサポートする選手にゲームキャプテンとしてプレーしてもらうという意図がある。このクラブはチームキャプテンが試合に出ていれば、基本的にその選手がキャプテンマークを着けることになっているが、いろいろな中心選手が着けることによってキャプテンシーを育て、つないでいきたいという思いで、この形にした。シーズンを通してやりたいと思っている。

Q.昨季が終わってから今季のプレシーズンが始まるまで、あまり時間がなかった。コンディション面など、心配している部分は?

A.心配よりも、どうやってコンディションを上げていくか、そして新加入選手に対してどのように戦術を浸透させていくかを考えている。思ったよりも良い状態にある。明日も水戸さんと練習試合をするので、そういった試合の中でコンディションをどんどん上げていかないといけない。

Q.18日に浦和との試合が控えているが、どのような位置付けで戦うか?

A.FUJI XEROX SUPER CUPという冠が付いた試合なので、タイトルの一つとして捉えて臨みたい。今年最初のタイトルだと思って戦いたい。

Q.鈴木選手がプレシーズン期間に結果を残しているが、どのように考えているか

A.優磨に関しては、スタメンで出したほうがいいのか、途中からのほうがいいのか、非常に迷うところがある。体力的な部分だけではなく、彼の強みをどのタイミングで出せばいいのかを悩んでいる。途中出場で起用する機会が多いが、先発が続いた時に同じようなパフォーマンスができるかどうかはシーズンを通して見てみないとわからないと思う。先発でも使いながら、今までのパフォーマンスを出せるかどうか探っていきたい。新加入選手とのコンビネーションもパフォーマンスに影響を与えると思うので、バランスを見ながら起用法を考えたい。

Q.タイと宮崎でのキャンプを経て、現段階のチーム状況やコンディションは当初、想定していたレベルにあるのか?

A.全体のコンディションについては、まだ足りない部分もあるとは思う。とはいえ、試合をこなしながら(コンディションを作る)というやり方は今年が初めてなので、ある程度は良い状態だと思う。このやり方が良かったか悪かったかはこの先の結果による。宮崎での最後の福岡戦よりも安定したプレーができている。スムーズにボールを動かすこともできていた。攻守ともに、さらに連係面を深めることが大事だと思う。今後は自分たちのコンディションや戦術理解度だけでなく、対戦相手の対策も必要になってくる。しっかりとやっていきたい。





【遠藤 康】
キャプテンマークは巻いているだけで、やることは変わらない。一人一人が自覚を持ってプレーできているので、チームを引っ張るとか引っ張られるとか、そういう感覚はない。得点の場面は、狙って打ったら入るかどうか際どいところに飛んだけど、決まって良かった。

【鈴木 優磨】
まだ公式戦は始まっていないし、今は準備段階。もっともっとレベルを上げていって、連係を深めていきたい。今日は先発から外されたことがすごく悔しくて、その思いをぶつける気持ちでピッチに入った。

【伊東 幸敏】
(レアンドロが)良い時間に決めてくれて良かった。ペナルティーエリア内に入ってくる選手も、どこにクロスが飛んでくるかわかっている。アシストはどんな形でも嬉しい。もっと結果を出していきたい。

【西 大伍】
身体の状態は7割くらい。まだ上がると思う。ACLやリーグ戦が待っていることを考えると、今のチーム状態はまずまずだと思っている。

【クォン スンテ】
勝ったことには満足しているけど、コミュニケーションの部分については、全てに満足できるとは言えない。時間が経てば良くなると思う。

【レアンドロ】
得点を決めたことは嬉しく思う。ただ、勝って試合を終えられたことのほうが嬉しい。来週の大事な試合に向けて、ゆっくり休んで備えたい。選手を観察すれば特長はわかるし、話をするというよりも、感覚の部分でやっている。キャンプに最初から参加できたことも大きいと思う。

【昌子 源】
前半は予想以上に風が強くてボールが伸びてきたので、苦戦した部分があった。ACLでは1つの判断ミスで失点する可能性があるので、常に集中力を保っていきたい。浦和とのゼロックスカップでチームを完成形に近づけていきたい。

水戸戦


本日行われた水戸ホーリーホック戦は3-0で勝利しました。

好調・鈴木優磨が5戦5発! 鹿島が水戸との“茨城ダービー”制す
17/2/11 19:02

[2.11 PSM 水戸0-3鹿島 Ksスタ]

 鹿島アントラーズは11日、いばらきサッカーフェスティバルで水戸ホーリーホックとプレシーズンマッチを行い、3-0で勝利した。

 試合は鹿島が均衡を破る。前半34分、相手のクリアミスにいち早く反応したMF遠藤康が左足を振り抜くと、ゴール左隅に吸い込まれ、先制点。キャプテンマークを巻いてピッチに立った背番号25の一発で、前半を1点リードを終えた。

 後半に入っても鹿島の攻勢は続き、同10分にふくらはぎの違和感を訴えたDF昌子源が交代したが、同27分に追加点を挙げる。相手GKのパスが味方に当たり、こぼれたボールをFW金崎夢生が回収し、ラストパス。これをFW鈴木優磨が無人のゴールに流し込み、2-0。鈴木は今オフ5試合目の出場で5得点とした。

 さらに後半39分、右サイドをオーバーラップしたDF伊東幸敏のクロスをFWレアンドロが右足で押し込み、ダメ押し。試合はそのまま3-0で鹿島が完封勝利をおさめ、水戸との茨城ダービーを制した。

【PSM速報|水戸×鹿島】遠藤、鈴木、レアンドロのゴールで鹿島が盤石の完封勝利!
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年02月11日


二度のチャンスでリズムを掴んだ鹿島が先制に成功。


この日はキャプテンマークを巻いた遠藤(中央)は、多くのチャンスに絡んで攻撃をリード。34分には自慢の左足で先制ゴールを決めた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

 2月11日、毎年恒例の「いばらきサッカーフェスティバル」がケーズデンキスタジアム水戸で開催され、3-0で鹿島が勝利を収めた。

 序盤は鹿島がボールを保持することが多かったが、徐々に水戸も自分たちの時間を増やしていく。最初の15分は互いに譲らない展開でゲームは進んでいった。

 21分、鹿島が好位置でFKを得ると、L・シルバが直接狙うも枠を捉え切れず。さらに鹿島はその2分後、西のクロスに中村がヘッドで合わせたが、シュートはGKの真正面をついてネットを揺らせなかった。

 2度のチャンスでリズムを掴んだ鹿島は、さらに攻勢を強めて相手ゴールに迫っていく。迎えた34分、遠藤がついに均衡を破る。相手のクリアミスに素早く反応し、左足を振り抜く。シュートはポストを叩いたが、ゴールラインの内側に転がり、鹿島が先制点を挙げることに成功した。

 一方の水戸は、セットプレーを中心にゴールを狙っていく。しかし鹿島守備陣の粘り強いディフェンスの前に思うようにシュートを打てず、スコアを動かせない。

 前半は1-0と鹿島リードで終えた。

 サイドが変わった後半も、ペースを握っていたのは鹿島だった。相手に押し込まれる場面はあったものの、要所をしっかりと締めた守備でピンチを未然に防ぐ。奪ったボールは丁寧に繋ぎながら、局面を前に動かしていった。

 73分には金崎のお膳立てから、途中出場の鈴木が冷静に流し込み、追加点をゲット。さらに84分には、伊東のクロスをレアンドロがボレーで豪快に叩き込む。

 劣勢を強いられた水戸は、攻撃に出れば明確な意図を伴ってボールも人も動いていたが、わずかなズレで自ら流れを切るシーンが散見。なかなかフィニッシュに持ち込めず、最後までゴールが遠かった。

 結局、スコアは3-0のまま、タイムアップ。J1王者の鹿島が盤石の強さを見せつけて水戸を下した。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【鹿島】「100ではないけど…」。昌子が感じるチームの仕上がり具合は?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年02月11日


「お互いの特長も分かってきて、良い関係が築けている」


後半の途中でピッチを退いた昌子だが、ほぼノーミスの守備で完封勝利に貢献。格の違いを見せつけた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト編集部)

 文字通りの完勝だった。

 2月11日、毎年恒例の「いばらきサッカーフェスティバル」で、鹿島は水戸につけ入る隙を与えず、遠藤、鈴木、レアンドロのゴールで3-0の完封勝利を収めた。

 一週間後には浦和とのゼロックスが控えている。その3日後にはACLの初戦(対蔚山現代)をホームで迎える。さらにその4日後には、FC東京とのJ1開幕戦――シーズンの幕開けに向け、チームは順調に仕上がっているように見えるが、ピッチに立つ選手はどう感じているのか。

「それはちょっと、分かんないですね。監督に聞いてみてください」と答えた昌子源だが、手応えがないわけではない。

「俺的には、(仕上がり度は)高いと思いますよ。もちろん、100ではないけど。でも、お互いの特長を分かってきているし、非常に良い関係が築けている」

 今季の鹿島には、即戦力となる3人のブラジル人選手(ペドロ・ジュニオール、レオ・シルバ、レアンドロ)が新たに加わったが、「フィットしてきている」と言う。

「特にレアンドロなんて、日本が初めてとは思えないぐらいで、鹿島のサッカーもすぐに分かってくれている。今日は途中からの出場だったけど、しっかり結果も残した。そういうところは期待できる」

 今季は「全タイトル制覇」を目標に掲げる常勝軍団は、進むべき道を着実に歩んでいるようだ。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【鹿島】いくらゴールを積み重ねても、鈴木優磨の表情が晴れない理由
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2017年02月11日


‶使い勝手の良い選手″にはなりたくない――。


水戸戦では途中出場から貴重な追加点をゲット。結果を出し続けている鈴木だが、現状に甘んじることなく、「スタメン」に強いこだわりを見せる。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

 1月のタイ遠征では、スパンブリー相手に2得点。続く2月のニューイヤーカップでは、長崎戦で先制点、福岡戦では決勝点を挙げてみせた。

 そして、水戸との「いばらきサッカーフェスティバル」では、途中出場からわずか3分後に貴重な追加点をゲット。実戦を通じてチーム作りを進める鹿島において、鈴木優磨は絶好調と言っても過言ではない。

 それでも、水戸戦後の表情はどこか晴れない。結果を出しているだけに、確かな自信は手にしている。それは間違いないが、だからこそ、‶途中出場″という位置づけに悔しさを滲ませるのだ。

 チームには金崎夢生という絶対的なエースがいる。今オフには、神戸から実績十分のペドロ・ジュニオールがチームに加わった。水戸戦の2トップはこのふたりが先発だった。鈴木は「スタメンを外されたことは、すごく悔しい」と唇を噛む。

 その想いをぶつける気持ちでピッチに立ち、ゴールを決めてみせた。しかし、「こうなっちゃいけないと思うのは、使い勝手の良い選手」と鈴木は言う。途中出場でも結果を残せるだけに、ジョーカーという起用法が適任と評価されることを良しとしない。それで手を抜くつもりは一切ないが、「まずはスタメンを狙っていく」ことが、今季の目標でもある。

 現状に不満を募らせるだけの男ではない。先発から外されるのは、自分にまだその力がないことを十分に承知している。

「何がいけないのか。何が足りないのか。それを今、探している段階」

 答えはまだ見つかっていない。ただ、‶あたり″はつけてある。

「(課題は)守備の部分かなと自分は思っている。例えば、奪われた後の切り替えはまだまだなのかな、と」

 攻撃の面でも、伸ばすべきプレーを模索している。

「ヤッさん(遠藤康)のように、点を取るだけじゃなく、ああいう(チャンスを)作るというのも求められていると思う。それができれば、もっとスタメンとして絡んでいけるはず」

 貪欲に、攻守両面でグレードアップしようと必死にもがいている。

「今はとにかく、いろいろ考えながら、結果を残すしかない」

 静かに言葉を紡ぐ鈴木は、来るべき時に備えてその牙を磨いている。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)


「優磨に関しては、スタメンで出したほうがいいのか、途中からのほうがいいのか、非常に迷うところがある」と言う石井監督である。
当初はジョーカー的に起用することを考えていたのではなかろうか。
昨季はそれで結果を出しておった。
しかしながら、PSMにてここまでの結果を残した選手をベンチに置くのは奇妙である。
先発起用して試合を託したくなるというもの。
その優磨は、「今日は先発から外されたことがすごく悔しくて、その思いをぶつける気持ちでピッチに入った」と語る。
このメンタルが結果に繋がっておる。
また、先発起用されぬ理由については、「(課題は)守備の部分かなと自分は思っている。例えば、奪われた後の切り替えはまだまだなのかな、と」と推測しておる。
更なる成長を望んでおることが手に取るように伝わってくる。
頼もしい。
今季は目標である15ゴール以上の活躍をしてくれるのではなかろうか。
また源は、「浦和とのゼロックスカップでチームを完成形に近づけていきたい」とコメントしておる。
まだまだ100%ではないが、新加入選手の特徴を掴んでおり、手応えを感じておる様子。
特にレアンドロに関して、「特にレアンドロなんて、日本が初めてとは思えないぐらいで、鹿島のサッカーもすぐに分かってくれている。今日は途中からの出場だったけど、しっかり結果も残した。そういうところは期待できる」と言い、好感触の様子。
レアンドロ本人も、「キャンプに最初から参加できたことも大きいと思う」と語っており、チーム始動初期から合流し、フィットできたことで、馴染んだことを口にする。
また、打撲にて途中交代した源であるが、「重傷ではない」と石井監督が言っておる。
特に問題とはならないであろう。
PSMを戦い終え、2017年シーズンのチームが見えてきた。
勢いを増し、勝利を追求していきたい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク