優磨、キックオフカンファレンス登壇

鹿島鈴木JトップFW目標!チーム内競争勝ち抜く
[2017年2月14日7時56分 紙面から]


開幕戦で対戦する鹿島FW鈴木(左)と握手する東京FW大久保嘉(撮影・鈴木正人)

 Jリーグ開幕前イベントのキックオフカンファレンスが13日、東京国際フォーラムで行われ、J1からJ3の54クラブ(J1の23歳以下チーム除く)から代表選手と監督が出席した。

 鹿島FW鈴木優磨(20)がJリーグNO・1FWを目標に掲げた。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を含めた全タイトル獲得に挑む前に、チーム内での競争を強調。エース金崎に加え、ペドロ・ジュニオールらも加入したため「勝ち抜けたら、JトップクラスのFWになったといっても過言ではない。その姿を想像して努力してます」と胸を張った。「ロナウドポーズが独り歩きしないように頑張る」。

鹿島・鈴木、狙うぞ全タイトル「持ち味出せば勝てる」
 Jリーグ・キックオフカンファレンス(13日、東京都内)Jリーグの全54クラブが参加した。J1は今季から2ステージ制から1シーズン制に戻る。J1は25日、J2は26日、J3は3月11日に開幕する。

 昨季のJ1王者は、オフに大型補強を行ったFC東京と開幕戦でぶつかる。注目の一戦に向け石井監督は「分析担当とともにしっかり対策を立てたい」と気を引き締め、FW鈴木は「いい守備からの攻撃という持ち味を出せば勝てると思う。全てのタイトルを狙いにいきたい」と自信を示した。

優磨 大久保からの“挑発”に闘志「本番は勝てる自信ある」
Jリーグ・キックオフカンファレンス(2017年2月13日)


<Jリーグキックオフカンファレンス>Cロナポーズ続行を宣言した鹿島・鈴木(中)
Photo By スポニチ


 壇上では大久保嘉から思わぬ“挑発”を受けた鹿島FW鈴木優磨だが、開幕戦に向け静かに闘志を燃やした。「ウチは良い守備からの良い攻撃が持ち味。それをやれば勝てる自信がある」と隣に立つ大久保嘉を横目に力強く言い切った。

 昨年のクラブW杯準決勝、Aナシオナル戦で得点を決め、その際にC・ロナウド(Rマドリード)をまねたゴールパフォーマンスを披露。スペインで最多発行部数を誇るマルカ紙の1面に写真が掲載されるなど、各方面で話題を呼んだ。クラブからも高い期待を寄せられており、今季から日本代表FW大迫(ケルン)らもつけた背番号9を背負う。今季ここまでの対外試合では5戦5発と絶好調。「まだ開幕はしていないけれど、良い形でやれている」と充実感をにじませる。

 このオフは“クリロナポーズ”は一時封印していたが、この日は「今年も続行で」と高らかに宣言。「毎試合ゴールを決めたい」とぶち上げたブレーク中の20歳が、開幕戦から大暴れする。
[ 2017年2月14日 05:30 ]

今季の目標は「15ゴール」 成長誓う鹿島FW鈴木優磨「将来は海外で」

2017Jリーグキックオフカンファレンスに出席した鹿島FW鈴木優磨(左) [写真]=兼子愼一郎

 2017Jリーグキックオフカンファレンスが13日に都内で行われ、昨季王者鹿島アントラーズからはFW鈴木優磨が出席した。

 鹿島を代表して登壇した鈴木は、開幕戦の対戦相手であるFC東京のFW大久保嘉人と握手を交わすと、「(FC東京は)前線に素晴らしい選手がいます」と警戒。それでも「良い守備から良い攻撃というのをしっかりやれれば、勝てるんじゃないかと思います」と強気な姿勢を見せた。

 その後の取材に応じた鈴木は、自身のコンディションについて「まだ70パーセントくらい」と明かし、「残り少ないですけど、ここから100パーセントに持っていけるように頑張ります」と万全の状態で開幕を迎えたいと話した。

 そして「チームとしては全タイトルを取るのが目標」と明言すると、個人的な目標についても「15得点挙げることです」と具体的な数字を掲げた。

 また、普段から「1日1試合は観ていると言っても過言ではない」というほど海外のサッカーをよく観ているようで、「アントラーズでレギュラーを取って、自分としては海外でやりたいという気持ちはすごくあります」と、鹿島でのさらなる成長を誓うとともに、将来的には海外でプレーしたいとの願望を明かした。

 鹿島は18日に「富士ゼロックススーパーカップ2017」で浦和レッズと対戦。その後、21日のAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節・蔚山現代(韓国)戦を経て、25日にJリーグ開幕戦でFC東京と激突する。

若武者が火花散らす!鹿島FW鈴木優磨の「目標15点」に、鳥栖MF鎌田大地が「16点取ります」

鈴木優磨、今季のパフォーマンスは? (C)J.LEAGUE PHOTOS
(C)J.LEAGUE PHOTOS


2017/02/13 18:36:18

同じ20歳の鈴木と鎌田。目標のゴール数を問われた際に、お互いに張り合うシーンが見られた。

2017Jリーグキックオフカンファレンスが2月13日に行われ、DAZNによるライブ中継が行われた。2部となるクラブプレゼンテーションでは、数多くの監督・選手が、フリーアナウンサーの永田実さんと、Jリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんが待つ放送席を訪れた。

ともに放送に臨んだ鹿島アントラーズのFW鈴木優磨とサガン鳥栖の鎌田大地は、同じ20歳ということもあり、仲の良いところを視聴者に見せ付けた。

キックオフカンファレンスに参加した感想を聞かれた鈴木は、「緊張しました。『画面をにらんでいた』と言われました」と回答。対する鎌田は「普通でした。楽しかったです」とクールな受け答え。

同年代ということで意識しているのかを聞かれ、鎌田を指さして「お前には負けねぇと思っている」と鈴木。鎌田は「毎年(リーグ戦の)得点を勝負しているが、自分は7点で、鈴木が8点で負けてしまった。ただ、鈴木はPKで3点を取っている」と指摘。それに対して鈴木は「自分の方が出場時間が短い」と、そうした言い合いをしていると話した。

今季の目標を聞かれ、鈴木は「15得点」と回答。それを聞いた鎌田は「じゃあ16取ります」と対抗する。また、中心選手としての自覚を問われて「自然体で臨みたい」と言う鈴木に対し、鎌田は「鳥栖はトヨさん(豊田陽平)だけじゃないことを示したい」と、それぞれ意気込みを語った。

鈴木は昨年12月に行われたクラブW杯でゴールパフォーマンスを行ったことを聞かれて「後悔している」と回答。理由を聞かれると「よれよれだったので、体感を鍛えろと言われた」と答えた。そして、今季はチームメイトを巻き込んだゴールパフォーマンスをしたいと話した。一方の鎌田は、ゴールパフォーマンスについて「喜びすぎないようにしたい。入れて当たり前だぞという感覚で喜びたい」と答えた。

鹿島と鳥栖は、4月30日に行われる明治安田生命J1リーグ第9節で対戦する。



2017Jリーグキックオフカンファレンスに出席した優磨である。
開幕戦の相手であるFC東京の大久保と2ショットを写し、コメントを求められておる。
「良い守備から良い攻撃というのをしっかりやれれば、勝てるんじゃないかと思います」と語る。
大型補強で注目を浴びるFC東京都の開幕戦を制し、今年もまた鹿島は強いと印象づけたいところ。
また、攻撃陣に多くの補強をした中でのポジション争いに対し、「勝ち抜けたら、JトップクラスのFWになったといっても過言ではない。その姿を想像して努力してます」と言う。
分厚いアタッカー陣の中での競争を制し、ピッチに立って結果を出すのだ。
そして、レギュラーポジションを得、タイトルに貢献せよ。
その先には、優磨本人が望む海外移籍が見える。
また、2部のクラブプレゼンテーションでは、放送席に呼ばれ、鳥栖の鎌田と仲の良い掛け合いを見せておる。
同世代のライバルは嬉しいもの。
お互いに意識しつつ、結果を出していって欲しい。
優磨の15ゴールを期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

目標15得点が謙虚に聞こえる。

リーグ戦で全てのチームからゴールを奪えば余裕でクリアです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク