レアンドロ・スンテ、注目の助っ人

新たにJ1に降り立った「注目の助っ人6選」
サッカーダイジェスト編集部
2017年02月15日


鹿島の新11番は〝フォア・ザ・チ ームの精神〞の持ち主


元セレソンのレアンドロは、献身的な守備でも貢献する。

 今オフも多くの外国籍選手がJリーグにやってきた。ここでは、新シーズンのJ1を盛り上げてくれそうな注目の助っ人6人を紹介する。

―――◆―――◆―――◆―――

●レアンドロ/MF
(コリチーバ[BRA]→鹿島)
元ブラジル代表/1993年5月12日/177㌢・76㌔

ブラジル代表にデビューした13年のボリビア戦で、いきなりゴールを決めたアタッカー。〝フォア・ザ・チ ームの精神〞の持ち主で攻撃に没頭せず、献身的な守備でピンチの芽も刈り取る。

●ダビド・バブンスキー/MF
(レッドスター[SRB]→横浜)
マケドニア代表/1994年3月1日/178㌢・68㌔

バルサの下部組織で培ったテクニックが売り。創造性豊かなパスも武器のひとつで、横浜では中村俊輔の後釜としてトップ下を任されそうだ。計り知れないプレッシャーに打ち勝てるか。

●ウエスクレイ/MF
(セアラ[ブラジル]→神戸)
ブラジル/1991年10月11日/173㌢・69㌔

昨季はブラジル2部のセアラで左サイドハーフを主戦場に27試合・7得点と活躍した。最大の武器はドリブルだが、「パスもシュートも、ゴールに絡むプレーはすべて得意」。神戸躍進の鍵を握るひとりだ。

磐田のボランチは、新加入の中村とともに攻撃を組み立てる。

●ムサエフ/MF
(ナサフ・カルシ[ウズベキスタン]→磐田)
ウズベキスタン代表/1989年1月2日/183㌢・75㌔

チームの補強ポイントだった“力強いボランチ”に合致する即戦力。技術が高く、中盤でバランスを取りながら前線にも顔を出す。新加入の中村とともに攻撃を組み立てられるか。

●クォン・スンテ/GK
(全北現代[韓国]→鹿島)
韓国代表/1984年9月11日/184㌢・85㌔

昨季は全北現代のACL制覇に尽力。守備範囲の広さと反応スピードは世界水準の域にあり、韓国のトップリ ーグでナンバー1GKと評された。鹿島では、曽ケ端とのスタメン争いに注目だ。

●フレイレ/DF
(チャベス[ポルトガル]→清水)
ブラジル/1989年8月21日/187㌢/82㌔

対人に自信を持つ屈強なDFだ。2月9日の松本とのトレーニングマッチでは、ボランチとして出場。激しい守備を見せるとともに、攻撃参加の際にはクロスバー直撃の強烈なヘディングシュートを放つなど、迫力満点のパフォーマンスを見せた。起用ポジションはCBもしくはボランチとなりそうだ。


Kリーグで3年連続ベストGKに選出された実力者。クォン・スンテの能力に疑いの余地はない。


サッカーダイジェスト誌選出「注目の助っ人6選」に挙げられたレアンドロとクォン・スンテである。
レアンドロは「ブラジル代表にデビューした13年のボリビア戦で、いきなりゴールを決めたアタッカー。〝フォア・ザ・チ ームの精神〞の持ち主で攻撃に没頭せず、献身的な守備でピンチの芽も刈り取る」と紹介される。
セレソンデビュー戦にてゴールを決める“持ってる男”であると同時に献身的な守備が持ち味とのこと。
得点力については、バンコク・ユナイテッド戦、水戸戦にてゴールを記録し、我らも実感した。
それ以上に守備に走る姿が起用された試合では目に焼き付く。
レアンドロはJリーグに合うタイプの助っ人と言えよう。
そして、得点力も併せ持つ。
活躍が期待できる。
また、クォン・スンテは「昨季は全北現代のACL制覇に尽力。守備範囲の広さと反応スピードは世界水準の域にあり、韓国のトップリーグでナンバー1GKと評された」とのこと。
なんと言ってもACLを2度制覇した実績はかなりのもの。
アジアとJリーグの両取りを狙う鹿島としては、心強い補強と言えよう。
PSM水戸戦で魅せたセービングは、才能の片鱗を垣間見せた。
最後尾からの組み立てにも尽力してくれよう。
Jリーグへの対応も早そうである。
新たなる助っ人で、大きな成果を狙う。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク