エリク・モンバエルツ監督、鹿島アントラーズは貴重な例外

「日本の若い選手は敵のいない状態でのシャドートレーニングをやりすぎる」横浜FM・モンバエルツ監督が語る、傑出した日本人選手が現れない“明確な原因”
2017年02月16日

「日本サッカーに世界のスタンダード植え付けようとしている」

――日本で自分が孤立していると感じたり、文化の壁にぶつかったりしたときに、サポートしてくれる人はいるんですか?

「まず言っておきたいのは、身近にいる人々は本当に良くしてくれているし、私を常に励ましてくれる。マリノスというクラブ自体も、ベストを尽くしている」

――文化の壁をどうやって乗り越えていくかは、日本サッカーの未来にとって鍵を握っています。

「たとえば選手の中には、『日本のサッカーはヨーロッパのサッカーとは違うんだから、ハイプレスをかけたり、激しくデュエルを仕掛けたり、スピードに乗ってリズムよくプレーしていく必要などない。ボールをもっと回して緩急をつけ、相手を走らせていけばいい』ということを言ってくる人もいる。

 たしかに何事もバランスが重要だ。

 しかし、そんなスタイルを今のサッカー界で追求していこうとすると、国際舞台で袋小路に陥ってしまう。日本は世界から取り残されてしまうんだ」

――本田選手は、ワールドカップアジア予選においてヴァヒドが採用した戦術、つまり速攻を重視したスタイルに異議を唱え、ボールをもっと回すように示唆しましたが、私は論外だと思いました。日本では、かつてのバルセロナやスペイン式のパスサッカー信仰が根強い。でもバルセロナはチャンピオンズリーグでバイエルンに破れ、スペイン代表はワールドカップブラジル大会において敗退。どちらもアプローチを変えています。

 日本のサッカー界は、もはやどこにも存在しないバルサやスペイン代表の「幻想」に、今も追いつこうとしている。その点、鹿島アントラーズなどは、貴重な例外かもしれません。鹿島は独自路線を貫いたからこそ、レアルをあそこまで追い詰めることができたのですから。

「グアルディオラは、マリノスが所属している『シティ・フットボール・グループ』のボスの一人だし、パスを多用したサッカーをしている。でも私は、パスサッカーばかりに偏るのではなく、最適のバランスを見つけようと努めている。

それになにより、グアルディオラ自身はティキ・タカを推し進めたことなど一度もない。彼が目指しているのはあくまでもゴールを奪うことであって、ポゼッションを高めたり、ボールを回すことではないんだ。

 パスをするのはデイフェンスのシステムに穴を見つけ、そこからスピードに乗って激しく攻撃していくためだ。必要以上に、パスを回す必要などないんだよ。私はマリノスと日本サッカーを愛すればこそ、世界のスタンダードを植え付けようとしているんだ」


(エリク・モンバエルツ監督のインタビューの完全版は、フットボール批評issue15でご覧ください)


日本サッカーについて語ったFマリノスのエリク・モンバエルツ監督である。
多くのことを語る中で鹿島について触れておる。
日本人はパスサッカーへの幻想があり、成功した全盛期のバルセロナへの憧れが強すぎる。
その中で、ブレずに自分たちのサッカーを貫くのが鹿島アントラーズである。
だからこそ多くの者を魅了し続けるのだ。
これからも、この先も鹿島は鹿島であり続ける。
幸せである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんとなくマリノスのゴタゴタもあり,モンバエルツも良くない印象持ってましたが
ちゃんとみていますね
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク