広島、鹿島にACL公式球譲渡

ACL制覇へJが共闘!公式球ない川崎&鹿島に昨季出場のF東京&広島が譲渡
2017年2月17日5時20分 スポーツ報知

 9年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制覇するため、Jクラブが“共闘”していることが16日、分かった。ナイキ社とアジア・サッカー連盟(AFC)との契約が6月に満了するため、大会の公式球は同社の新作ではなく、前年モデルの採用が決定。公式球を十分に確保できなかった川崎と鹿島に対し、F東京と広島が譲渡した。クラブの垣根を越え、アジアの盟主の座を取り戻す。

 アジア王者に返り咲くため、Jクラブが共闘した。複数の関係者によると、ナイキ社とAFCの契約が6月に満了するため、今大会の公式球は同社の新作ではなく、前年モデルを採用することが決まった。出場クラブは大会側から25個支給されるが、少なくとも練習用30個、試合用10個が必要で、自前で15個以上用意しなければならない。ところが前年モデルのため、在庫は全国各地のスポーツ店はもちろん、ナイキ社でさえ保管していない状況だという。

 昨季もACLに出場したG大阪と浦和は、クラブ内に保管していた。一方、川崎と鹿島は昨年12月からボール集めに奔走したが、苦戦を続けていた。そこで、手を差し伸べたのが昨季出場した広島とF東京だ。サッカースクールや下部組織に回していた前年モデルは「まだ十分使える状態」(川崎関係者)で、快く譲渡した。

 鹿島は広島から、川崎はF東京から公式球を譲り受け、準備万端。ナイキ社製はJリーグのアディダス社製より軌道変化が大きく、蹴った感触が違うという選手も多い。クラブの垣根を越えた協力により、選手は大会前に感覚を慣らせるようになった。

 爆買い補強の中国やライバル韓国の勢いに押され、08年G大阪を最後にJクラブは優勝から遠ざかっている。ある鹿島幹部は「アジアを勝ち抜くには、(国内の)横のつながりも必要。ボールもそうだが、対戦クラブの情報なども含め、いろいろ共有することが大事」と明かした。(田中 雄己)


ACL公式球を広島より譲り受けた鹿島である。
これは感謝である。
背景に言いたいことはいくつかあるが、それは無意味であろう。
それよりも、広島の厚意により、無事ACLの試合を開催できることこそ肝要。
この厚意に報いる為にも、優勝したい。
改めて有り難う。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク