サッカーダイジェスト 浦和戦寸評

【ゼロックス杯 採点&寸評】鹿島×浦和|さっそく最上の輝きを放ったL・シルバ、2得点の遠藤を高く評価
サッカーダイジェスト編集部
2017年02月18日


鹿島――2ボランチの関係は良好。なかでも新助っ人は抜群に効いていた。


【警告】鹿=L・シルバ(40分)、小笠原(56分)、鈴木(90+4分) 浦=青木(24分)、ズラタン(90+2分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】L・シルバ(鹿島)


【チーム採点・寸評】
鹿島 6
 序盤は攻め込まれたものの要所をしっかり締め、失点を未然に防ぐ守備はさすがだった。時間の経過とともにボールを保持する時間が増え、金崎を軸にチャンスを作り、39分に遠藤の直接FKで先制に成功、さらに44分にも背番号25が追加点を挙げてみせる。

 2点のリードを得た後半も、危なげない試合運びで時計の針を進めていたが、PKで失点すると、勢いづいた相手を止められず、続けざまに失点する。守備面で甘さを露呈する‶らしくない″戦いぶりも見せたが、鈴木の一発で結果的に勝利を収めたのはさすがだった。

【選手採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6
前半は枠内シュートがなく、後半は痛恨の2失点。興梠のPKはコースを読んでいたが止められず。2失点目は、ポストに当たったこぼれ球に詰められた。目処が立ったのは大きい。

DF
22 西 大伍 6
37分にはカットインから相手のファウルを誘い、高位置でFKを得る。これが遠藤の先制点につながった。守ってはリスクを冒さず相手の攻撃を止めた。

5 植田直通 6
自陣エリア内での冷静さが光る。サイドに引っ張り出されても、落ち着いた対応でクロスを入れさせず。トータルで及第点のパフォーマンスだったが、失点の時間帯は集中が途切れたか。

3 昌子 源 6
植田と強固なブロックを形成。球際で強さを発揮し、カバーリングも問題なかった。アグレッシブに前に出て奪うディフェンスでも、能力の高さを発揮した。ディフェンスリーダーとして2失点はいただけないが、最後は勝利をもたらした。

15 三竿雄斗 5.5(82分OUT)
浦和のワイドを使った攻撃にやや手を焼いた印象。攻撃面では的確なポジショニングでボールを出し入れしながら、前線の選手をサポートするも、連動性は乏しかった。

MF
40 小笠原満男 5.5
中盤でフィルター役を務めつつ、前を向いてミドルレンジのパスで好機を作るなど、この日はいつもより攻撃の意識が高かった印象。PKを献上した自陣エリア内のファウルは減点材料だ。

MAN OF THE MATCH
4 レオ・シルバ 7(69分OUT)
小笠原とのバランスが良く、精力的にボール奪取を狙う。そこで奪えなくても確実に相手の攻撃を遅らせ、また奪った後は抜群のキープ力でタメを作った。機を見た攻撃参加も効果的だった。いぶし銀の存在だったが、その輝きはこの試合で最上クラスだった。

25 遠藤 康 7
直接FKで先制点、こぼれ球に詰めて追加点。決定的な仕事をこなしたほか、果敢に相手の最終ラインの裏を狙う動きで攻撃に勢いをもたらした。後半は疲れが出たか、トーンダウン。

8 土居聖真 6
緩急をつけた突破のほか、FWをスペースに走らせる正確なパスを供給。ミドルゾーンでの五分五分の勝負ではやや劣勢を強いられたが、バイタルエリアでは危険なプレーを見せた。決め切る力が欲しい。


中盤で際立った守備力を見せたL・シルバ(4番)。彼の交代後、鹿島は2失点を食らった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

鹿島――値千金の決勝点を決めた鈴木は「6.5」。


遠藤が鮮やかなFKで先制点。さらにこぼれ球に詰めて2点目も決めた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

FW
33 金崎夢生 6.5(65分OUT)
シンプルだが鋭く、力強い仕掛けで脅威を与える。狙いすましたシュートは何度かポストに嫌われるなどツイてなかったが、フィッシュワークでの存在感は絶大。センターライン付近でのパスカットも効いていた。

7 ペドロ・ジュニオール 5.5
なかなかボールを収められず、起点になれたとは言えない。エリア内でパスを受けたが、シュートを打ち切れない場面も。金崎とのコンビネーションもまだまだ改善の余地あり。

交代出場
FW
9 鈴木優磨 6.5(65分IN)
金崎との交代で、そのまま2トップに入る。83分に山本のフィードに抜け出すと、相手のパスミスを見逃さずに決勝点。自慢の決定力の高さを見せつけた。

MF
6 永木亮太 5.5(69分IN)
主戦場のボランチで途中出場。試合のリズムを掴む前に2失点とアンラッキーな部分もあったが、L・シルバと比べると、存在感は薄かったか。

DF
16 山本脩斗 ―(82分IN)
入ってすぐ、正確なフィードで鈴木の決勝点をお膳立て。やや後ろに重心を取りながら、ピンチの芽を摘み、左サイドの守備を安定させた。

監督
石井正忠 6
2点のリードを追いつかれた後半途中からのゲームマネジメントに課題。それでも、途中出場させた鈴木が値千金の決勝弾を挙げるなど、采配は当たった。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

浦和――逆転ムードが高まった中での痛恨のパスミス。

【チーム採点・寸評】
浦和 5.5
 約9時間半のフライトを要するシドニーでのACL初戦を3日後に控える難しいシチュエーション。複数の選手がその試合に備えてベンチからも外れ、前日練習で足を傷めた柏木も大事をとって欠場した。

 できるだけ敵陣でボールをキープするという思い切った狙いを持って臨んだが、鹿島に背後のスペースを使われた。後半、興梠を投入したことで前線にボールが収まり出し、2ゴールを奪取。遠藤の痛恨のミスも、むしろこのタイミングで出たことを、前向きに捉えたい。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5.5
序盤の金崎のシュートや小笠原の強烈なミドルなどを、身を挺して防ぐ。遠藤に直接FKを含む2ゴールを許したが、その粘りの守備が後半の反撃の呼び水となったのは確かだ。最後の遠藤との連係ミスはいただけなかった。

DF
46 森脇良太 6.5
背後を突かれた際の守備は課題だが、それはチーム戦術に拠るところが大きい。監督の意図を理解し、ビルドアップの起点として機能するなど求められたタスクをこなしていた。

6 遠藤 航 5
ラインを高め、低めと使い分けながら、バランスを探っていた。鹿島の強力2トップを相手に手応えを掴めたのは収穫に。逆転ムードが高まったなかで、バックパスをミスして決勝点を献上した。

3 宇賀神友弥 5.5
前半は3バックの左、後半途中からは左ウイングバックでプレー。P・ジュニオールを相手にボールを奪うなど守備面で収穫。ただ、やはりウイングバックのほうが、周りの動きもスムーズになった。

MF
18 駒井善成 6(64分 OUT)
63分に決定的なクロスを放った。縦への突破は鋭く、脅威を与えた。が、ややボールを持ちすぎている印象も。前が詰まってしまっていた。

16 青木拓矢 5.5
13分の決定的なシュートは枠外に。L・シルバがいる時は、そのプレッシャーを受けて、思うように前へボールを運べなかった。L・シルバが退いたあとは縦パスも増えて攻撃面でも機能した。

22 阿部勇樹 5.5
ボールを奪われピンチを招いた場面も。後半途中から左ストッパーに入ったあと、チームのディフェンス強度が上がった。今季は最終ラインでの起用も増えそうだ。

38 菊池大介 5.5
宇賀神とのポジションチェンジがスムーズで、アップダウンの動きは問題なく噛み合っていた。しかし、時間が経つごとに徐々にプレー精度が落ちた。もっと一つひとつのディテールを詰めたい。

20 李 忠成 5
思うようにボールを受けられず。プレッシングは機能していたが、持ち前のゴール前での迫力は欠いた。

9 武藤雄樹 6.5
最後まで運動量が落ちず、一時は同点に追い付く2点目を決めた。ゴール前での混戦などがもう少し増えれば、彼のゴール数も増えそうだ。

浦和――途中出場の関根の仕掛けから次々にチャンスを創出。

FW
21 ズラタン 5.5
前半はボールが収まらず、チーム全体が前に行き切れない要因になっていた。徐々にゴール前での仕事が増えたが、63分の決定的なヘッドは決めなければいけなかった。武藤のゴールにつながるポスト直撃のヘッドは、さすがだった。

交代出場
FW
30 興梠慎三 6.5(HT IN)
ボールの収めどころとして機能し、彼を経由して数多くのチャンスを作り、反撃の狼煙を上げるPKを決める。今季はシャドーが主戦場になるのか?

MF
15 長澤和輝 6(64分IN)
パスを出し入れして、攻撃のリズムを作る。課題とされたサイドへの大きな展開も見られ、戦力として目処が立ったのは大きい。

24 関根貴大 7(64分IN)
途中出場からドリブルを仕掛け、ほぼすべての1対1で勝ち、右サイドからチャンスを作り出した。

監督
ペトロヴィッチ 5.5
相手陣内で試合を進めるというトライから収穫と課題が見えた。新戦力にある程度の目処も立ったか。ただ…「またも鹿島に勝てなかった」というしこりは残ったままに。この落胆を払拭し、ACLとJリーグの初戦に万全の態勢で臨みたい。

浦和=取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)


サッカーダイジェストの広島氏による浦和戦の寸評である。
少々疑問に思う評点が並ぶが、それも一つの考えとして受け入れよう。
レオ・シルバをMOMに選出したが、やはり連携についてはまだまだという印象を受けた。
何でも一人でやる為、存在感は際立つが、チームに融合してくれねば宝の持ち腐れとなってしまう。
出場した3人の助っ人にはそれを強く感じさせられた。
PJも持ち味を出し切れず、スンテと源が交錯するシーンもあった。
ただ、能力の高さは垣間見られた試合ではなかろうか。
新加入選手の融合に期待である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク